カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」3/6 | トップページ | 人類の危機:2012年11月、エイリアンの宇宙船が地球を攻撃する!? »

2012年6月28日 (木)

NASAが火星の生命体を発見し、地球に持ち帰っていた

■1976年に火星の生命体を持ち帰っていた!

2012年4月16日、海外サイト「Weekly World News」がNASAが1976年に火星の生命体を持ち帰っていたことを先週発表したと報じた。

89b988a9166b91e5b13dd9badb564676


image from Earth and Mars to scale. / Bluedharma

しかし、地球に持ち帰ったときに、その生命体は生きながら煮られてしまったようである。

この情報はNASAを匿名退職した36歳の男性が語ったものであると「Weekly World News」では伝えている。彼らの死に対する責任から黙っていられないと告白をしたとのことである。

ちなみに、1976年の時点では彼は0歳だ。当然NASAには勤務していないと思うが……。それでも責任を感じているとすれば、責任感の強い男だ。

この生命体が知的生命体化どうかまでは言及されていないが、謝罪と賠償を要求されたら、非常に困ったことになる。

アメリカだけの問題にとどまらず、「地球市民」としての責任を追及し、火星人側について地球に対する謝罪と賠償を求める政治家や市民団体が出てくるかもしれない。

■99%本当のことだと確信!

1976年というと「バイキング計画」が行われ、鮮明な火星の映像が送られてきた。

最初の画像は色調の調整を間違え青い空の火星の写真が公開され、各所に大きな衝撃を与えたものである。

9a10787e756c60aef35b5f8506f4d538


image from Viking Lander Proof Test Article / cliff1066™

南カリフォルニア大学の生物学者トッドマーカム氏は、NASAが火星生命体を持ち帰ったという発言に対し、99%真実であると確信しているという。

naka773

外部リンク

NASA FOUND AND KILLED MARTIANS | Weekly World News
http://weeklyworldnews.com/headlines/46764/nasa-found-and-killed-martians/#more-46764

Amazon.co.jp : 火星 に関連する商品

以上は「GOOGLEニュース」より

NASAが火星に生物が居ることを確認したニュースを見ましたが、しかし、地球に持ち帰っていたことは知りませんでした。真偽の程は分りません。      以上


« 「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」3/6 | トップページ | 人類の危機:2012年11月、エイリアンの宇宙船が地球を攻撃する!? »

平成の「船中八策」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASAが火星の生命体を発見し、地球に持ち帰っていた:

« 「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」3/6 | トップページ | 人類の危機:2012年11月、エイリアンの宇宙船が地球を攻撃する!? »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ