カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由 | トップページ | 欧米のシリアに付いての話の矛盾が露呈した »

2012年6月16日 (土)

福島の現状、何を隠蔽と言うのだろうか

これを隠ぺいと言わずして、何を隠ぺい

と言うのだろうか 木下黄太 +

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/e2100c8c4d4
68e822015d2566e090d9f 2012-05-05 01:27:21


去年3/12の松戸→愛知・豊川に避難姉弟が甲状腺異常。福島→京都・桃山避難住宅80人半数が甲状腺異常 2012-05-05 01:57:50
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/ee38d54af165959620f5134a6b4e089f

この話のポイントは、まず、去年の3/12の夜に、千葉県松戸市から愛知県豊川市まで避難した、お子さんたちが、姉弟で甲状腺の異常が出ているということです。放射性物質がまだ大量には、3/12に松戸には来ていないとみられる中で、3/12夜に避難したにもかかわらず、二人のお子さんともに突然に甲状腺の異常が出ています。ひとつの可能性は、避難先の豊川市にも放射性物質は一定量到達している、西の境界ラインであることです。以前に、静岡の牧之原SAで被ばく、発症したとみられる事例をお伝えしましたが、豊川でも同様のケースも、ぎりぎり考えられるかもしれません。また12日の日中までに、何らかの別の放射性物質の粒子が出ていた可能性も、勿論否定はできません。

================================================

さて、今回は我が家の子ども達の甲状腺についてご連絡したいと思います。

震災当時は千葉県松戸市の柏市に割と近い場所に住んでいました。長女6歳、長男4歳です。

平成23年
3/11 東日本大震災
3/12 日中は品薄に備えて水や食べ物を子連れで買い回る
3/12 21時頃車にて避難、翌日深夜愛知県豊川市到着(子供はこの日から松戸には戻らず)
3/13 朝 愛知県豊川市にて長男4歳が少しだけ血混じりの水っぽい鼻水を出す(今回限り)
    飲用・調理の際はペットボトルの水を使用(関東の水しか手に入らなかった為、4月頃から水道水に切り替え)
    葉物野菜は食べずに、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、大根で食べ物の産地は豊川市以西のものにする
    肉は豚肉、魚は食べない
    洗濯物は部屋干し
    子供の外遊びは5月から週1回程度再開
8月  名古屋市に転居
    水道水使用
    保育園に入園し、給食を食べる(放射能対策は何もしていない園)
    保育園なので砂遊びや砂の舞う中で遊ぶことが多くなる
12月 長女の保育園での牛乳をやめる(長男はもとものアレルギーのため、卵・乳製品は食べない)
    給食で干し椎茸などの気になるおかずは代替品を持たせる

平成24年
    4月に甲状腺エコーと血液検査、尿検査をした結果、
    うちの子は二人とも血液検査の結果は正常値でしたが、
    長女は甲状腺腫大で甲状腺腫の疑い、
    長男は甲状腺腫(のう胞、石灰化様の部分がいくつかある)ということでした。



こんなに食べ物に気をつけてきたのに、それでも甘かったのかと。軽微な汚染の愛知県東部に避難したからいけなかったのか。名古屋の流通は田舎に比べて全国各地の野菜が入ってきていて、偽装されていたのかと。勇気を出して最初から給食を断り完全に弁当にしていればこんなことはなかったのか。まさかの結果に驚いています。

現在愛知にいる関東からの避難者で甲状腺の検査に行ったところ、5家族中の4家族の子供に甲状腺の異常がありました。

他には、埼玉からの避難者で甲状腺腫の子がいます。


福島のお母さんと電話で話したら、そのお子さんにもきょうだい二人甲状腺にのう胞ができていたと聞きました。福島から京都の桃山の避難住宅に入った約80人の半数くらいに甲状腺異常が見つかったと聞きました。

もうそろそろ日本中が現実に気付かないといけないですよね。ちょっとだったら食べても大丈夫なんて言わずに、大人たちが全力で子供を、命を守っていかなければいけなかったと恐ろしくなります。

木下さんの日ごろの情報提供や警告、本当にありがとうございます。もっと多くの人に早く気付いて欲しいと思います。

=============================================

彼女の身近な、愛知県内にいる関東避難者の5家族のうち、4家族の子供に甲状腺の異常が出ていること。

また福島避難者の多い、京都の避難住宅にいる80人のうち半分程度が甲状腺の異常が出ていること。

事態がどんどんはっきりする情報が多くて、憂慮しています。




甲状腺「悪性みられない」  2012/01/26 09:15
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=0&blockId=9927368&newsMode=article

検討委員会では、浪江、飯舘両町村、川俣町山木屋地区の18歳以下を対象にした甲状腺検査の結果が報告された。3765人のうち、「直ちに二次検査を要する」と判断された県民はいなかった。

直径5・1ミリ以上のしこりなどが確認され、二次検査の対象となったのは26人(0・7%)だったが、検討委座長の山下俊一福島医大副学長は「原発事故に伴う悪性の変化はみられない」と説明している。二次検査が不要の3739人(99・3%)のうち、1117人(29・7%)は5・0ミリ以下のしこりなどが確認されたが、県は「良性」と判断している。

甲状腺検査は県民健康管理調査の一環で、浪江、飯舘両町村、川俣町山木屋地区で先行して行われた。他の地域では順次、実施している。  


しこり「おおむね良性」 甲状腺検査 18歳以下の県民健康調査  2012/04/27 09:54
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9966191&newsMode=article

東京電力福島第一原発事故を受けた県の甲状腺検査で、3月末までに検査を終えた3万8114人のうち、「直ちに2次検査を要する」と判定された県民はいなかった。26日、県が福島市で開いた県民健康管理調査検討委員会で示した。

警戒区域などに指定された13市町村の18歳以下を対象に検査しており、受診率は79.8%。直径5.1ミリ以上のしこりなどが確認され、2次検査の対象となったのは186人だったが、検査している福島医大は「おおむね良性。通常の診療では想定内」とした。

県は県外避難者が検査を受けられるよう、本県を除く46都道府県に検査実施機関を設ける。県内は福島医大以外にも検査拠点を整える。平成24年度は放射線量が比較的高かった12市町村の15万4894人を対象に検査する。

対象市町村は次の通り。

福島、二本松、本宮、大玉、桑折、天栄、国見、白河、西郷、泉崎、郡山、三春



福島県甲状腺検査、35%が「5ミリ以下の結節、20ミリ以下の嚢胞」-ゴメリ以上の甲状腺異常の可能性 2012.4.28
http://peacephilosophy.blogspot.ca/2012/04/blog-post_28.html


子どもたちの甲状腺異常:福島(2011~2012)と長崎(2000)の差が著しい! 2012/04/30 21:07
http://ishikiya.blog72.fc2.com/blog-entry-358.html
どちらも山下俊一氏が中心となって調査したデータです!この歴然たる差を知りながら、山下氏らの調査ではそのことに一切触れていません。 癌であるかないか以前に、福島県の子どもたちの甲状腺の状態は明らかに異常なのです!!!


カルディコット医師の警告「子供に甲状腺結節やのう胞があるのは、まるで普通ではありません」 2012-05-02 02:51:27
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/9cd4394d90098df839b29de3c69a8184

「この子供達は追跡調査をしてる場合じゃありません。のう胞や結節などの全ての異常は直ちに生体組織検査をして悪性であるかを調べるべきです。 こういった甲状腺異常が一年も経たないうちに現れるというのは早過ぎます。普通は5-10年かかるものです。これは、子供達が大変高線量の被曝をしたことを意味します。 もしも悪性なら、甲状腺の全摘出が必要です。 子供達に甲状腺結節やのう胞があるのは、まるで普通ではありません!」



福島の子供の甲状腺異常を公表したのは、福島の医者ではなかった 2011年10月04日19:07 追記 2011年10月13日
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65767509.html

福島の子供たちの甲状腺の異常を発表したのは、福島県の医者ではなかった。発表したのは、長野県松本市のNPO法人「日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)」と信州大学病院。


福島甲状腺検査その2: 比較調査の必要性 2012.5.2
http://peacephilosophy.blogspot.ca/2012/05/blog-post.html


【 甲状腺ガン 】 を 発症していた「 K さんたち 」 ・・・ 2012.2.24
http://satehate.exblog.jp/17529784/

新版・不都合な真実 by 高田純 2011.11.3
http://satehate.exblog.jp/17049232/

二本松の友人からのメール kazuの日記 + 菅谷 昭氏の提言 2012.3.21
http://satehate.exblog.jp/17702017/




2012/05/04(菌) 竹中平蔵、松井秀喜、田原総一郎
http://grnba.secret.jp/iiyama/

竹中平蔵や松井秀喜や田原総一郎の部屋がある佃島のセンチュリーパークタワーもガラガラらしい。 松井秀喜は帰ってこないし、鷲の友人の中国人の成金も豪華な部屋を放棄したままだ。

竹中平蔵も45階と36階などに3部屋を持っていた が、36階だけを残して早々に売り抜けて、いまは京都の豪華マンションに逃げているという。


 
 

by oninomae | 2012-05-05 02:15 | Trackback | Comments(0)

以上は「さてはてメモ帳」より

今の日本政府、東電等の当局の対応を見ていると、もう既に、崩壊状態にあり、何をどうするのか方向を見失っている状況です。日本崩壊の状況にあります。日本の中に適当な人材が居なければ、海外よりお雇いでもよいから、その専門家に依頼して、この今の日本の崩壊状態を立て直す必要があります。               以上

« ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由 | トップページ | 欧米のシリアに付いての話の矛盾が露呈した »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の現状、何を隠蔽と言うのだろうか:

« ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由 | トップページ | 欧米のシリアに付いての話の矛盾が露呈した »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ