カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« BBC、イラクでの写真をシリアの虐殺写真として偽装掲載 | トップページ | バーレーン、サウジ、カタールを隷属させるための鍵 »

2012年6月 7日 (木)

香港で鳥インフルエンザ(H5N1型)発生する

2012年06月05日 21:16

香港で鳥インフルエンザ発生か!男児が重体!

中国・広東省で感染!人口削減プロジェクトを警戒せよ!

■6月2日、2歳の男児が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染

したことが判明
 ・5月23日、中国南部・広東省広州市で発熱と鼻水が出始める
 ・5月26日、香港入り後、
旺角(モンコック)の病院
 ・5月28日、痙攣などの症状が出始める
 ・
現在、男児は重体
■現時点で人から人への感染は確認されず
感染経路は不明
■上記とは別に、2歳の女児がA型インフルに感染

 


旺角は九龍半島側、銅鑼湾は香港島側

今月の初頭に、香港で鳥インフルエンザが発生したようです。
正確には香港に近い中国南部の大都市・広東省広州で感染

した模様。香港の旺角に入ってからインフルエンザの症状が

出始めたとのことです。

 



2003年にSARSが発生したことで有名になった
香港のメトロパークホテルは、上海閥の江沢民系列です。
当時はメトロポールホテルという名でしたが、この場所も旺角。
そしてそのメトロパークホテルは、今度は銅鑼湾(コーズウェイ

ベイ)豚インフル患者を排出。

 



メトロパークホテル系列が生物兵器の発信地になっている事

は明らかです。
感染経路は不明とのことですが、何かきな臭い感じがします。

 

薄熙来失脚で上海閥の力が失われている、という説を信じた

い所ですが・・


香港衛生当局は1日深夜、中国広東省から入境した2歳の男
児が鳥インフルエンザウイルス(H5型)に感染していることが
確認されたと発表した。
その後の検査でウイルスは
強毒性のH5N1型と判明。男児は
重体という。

衛生当局などによると、男児は
香港生まれで同省広州市在住。
5月23日に発熱や鼻水といった症状を訴え、同26日に家族と
ともに香港入りして病院を受診していた。感染経路は不明だが、
男児は5月中旬、広州市内の家禽市場を訪れていた。
 

香港でもついに新型豚インフルエンザの感染例が確認されま

した。ホテルは既に封鎖されています。これを受けて、香港では

3段階の対応レベルの最高段階である「緊急対応レベル

(Emergency Response Level)」に引き上げられました。

余談ですが、
香港でSARS騒動のグランドゼロになったモンコック

のメトロポールホテルは、いまではメトロパークホテルと名前が

変わりました。そして何の偶然か、今日の領事館メールで知ら

せがあった新型・豚インフルエンザの最初の感染者が宿泊して

いるホテルというのが、コーズウェイベイ(銅鑼湾)にある同名(

たぶん系列)のメトロパークホテルというのは「笑えない」ジョーク

でしょうか。

 

2歳男児が鳥インフルで重体、広東省で感染か : 国際 :

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120602-OYT1T00646.htm
Mutteraway 時事問題 を語るブログ Blog Archive 新型豚

インフルエンザ 香港の感染例と対応
http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=868

 

これに関連し、香港におけるインフルエンザの別の発症例

発見しました。


強毒性 H5N1

あのまま「子供の風邪なんて、日常茶飯事」という認識でいたら

危なかったかもしれない。
2歳の娘がA型インフルエンザだと分かるまで1週間も病院に連

れて行かなかった。
子供はなんとなく元気そうにしていたので「大丈夫かな」と素人

判断していた。

しかし39.8度の熱が3日間続いた時に妻の方が「これはマズイ」

と病院に連れて行った。即入院、点滴。つい数時間前まで「大丈

夫だろう」と高をくくっていたことを激しく後悔した。

小さな手の甲に針を打たれている子供の姿を見ると「自分が代

わってやれれば」と胸が締め付けられる想いであったが幸い2日

間の入院で済んだ。ただ先生から「タミフルを服用させなさい」

と言われた時には更にびっくりして実家の両親に何度も電話した

。子供は入院中も楽しそうにしており、それには助けられた。

ふー、一安心… と思って病院の会計を待ちながら新聞を眺

めていると

「香港で鳥インフルエンザ、2歳の男児」


一難去ってまた一難。香港で子供を育てるのは大変である。

 


鳥インフルエンザに注意 - 香港

http://www.harveslife.com/blog/item_4488.html

 



ご存知の通り、タミフルワクチンという名の劇薬です。
中には不妊剤やらガン発生薬などが混入されていると言われ

ています。
インフルエンザの恐怖を煽り、タミフルを服用させる陰謀

横行しています。

 

僕が実際に見たニュース番組では、インフルエンザに効くのは

「タミフル」だけだと説明していた。それが日本の医学界の一般

的な認識なのだろう。だから「タミフル」の需要の80%が日本に

集中しているのだろう。しかしこれは、おかしくはないだろうか。

すぐれた薬だが、日本しか買わない。そんなことがあるのだろ

うか。しかも、日本政府は備蓄目標まで打ち出している。

不妊剤が入っているらしいね。女は妊娠しない。男は勃起しな
いようになる。

日本人しか買わないタミフル… 山崎淑子の生き抜くジャーナル

より (武山祐三の日記) 明るい憂国の士

 

今回の事件では人から人への感染は見られないとのことで、

大事には至らなそうですが
こういった出来事は「気が付いたら感染していた」と後から判明

するのが常なので
この事件を契機にして、再度香港でインフルエンザが爆発的に

流行する可能性も危惧されます。

 

冒頭の別の感染例に関しても、まだ大ごとになっていない事例

のうちの1つかもしれません。

 



遂にパンデミック来る~??
●なんかもう狼少年みたいになってしまって誰も恐がらないとい

うのがちょっと恐い。
●中国ではすでに
感染者が2000万人を超えているとかなんとか
●2012年初夏、「香港で男児が鳥インフル」という、とても小さな

ニュースから、それは始まった。
●H5N1は強毒で感染したら直ぐに死亡するみたいだけど 今回

のヤツってそこまでいってないんだろ、大丈夫っぽい
人類削減計画が始まったな
旅行客が日本に持ち込みそうだなあ・・・
●H5は変異して
人から人へ感染する可能性があるな
●鳥インフルはいわずもがな 
人工的に作られて流されてる

ウイルス
特にアジア人の人口減らしたいと思ってる奴が居るからな
●ついにリアル「
復活の日」が始まってしまったか…!



生物兵器爆発
●H5は単発的にあちこちで出るけど、感染拡大は起きないな

?感染し難いのか?
●発生場所がシナだけに
自然発生してるように見せかけたバ

イオ兵器の人体実験じゃないのとか妄想

 

尤も、鳥インフルエンザの脅威性に関しては
致死率わずか0.008%であったという声もあり、煽った割には大し

たことはなかったとも。
生物兵器を用いた人口削減としては、失敗と言えるかもしれま

せん。

どちらかと言えば、インフルワクチン接種を主目的としていた

可能性もあります。

 



しかしインフルエンザは、何度も言うように「生物兵器」なので
何度も品種改良を重ね、凶悪なウィルスに生まれ変わっている

かもしれません。

イルミナティの陰謀であると分かっているので、何をしでかす

か分からない。

 



これに関連するか分かりませんが、インドでは気味の悪い人食

いクモが見つかっています。
アメリカのゾンビ事件や人食いバクテリアといい、増え続ける

猟奇事件といい
あちこちで生物兵器が撒かれているのかもしれません。

 
 

インフルエンザ予防グッズはこちら

 

日本では今のところ特に怪奇事件(阿佐ヶ谷の件は除く)の

ニュースは聞こえてきませんが
旅先から国内にインフルエンザウィルスを持ち帰ったとなれば、

目も当てられません。

中国、特に南部や香港へ出かける方は、厳重に注意すべき
かもしれません。
   
 
■中国の崩壊・陰謀の最新記事

http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/501.html
Posted by ぶんちゃん at 2012年06月05日 22:07
ホイールボタンクリックでのスクロールが出来ないのは何故
Posted by 記事に関係なくてごめん at 2012年06月05日 23:04
管理人様
 (続けて失礼致します)
 そら見たことか!という感じです。
 鳥インフル(恐らく新型バージョン)といい先日からのゾンビ騒
ぎといい、間違いなくサタニストどもの画策です。
 どう見ても人類削減計画。「後悔し反省している」人達がこん
なことをするか?
 実際の戦いを任せていて大きな口は叩けませんが、いい加減
に目を覚ましてくれホワイトドラゴン!
 そして効く薬がいわくつきのタミフル。病気を放置しても、治療
しても悪夢が待っているという何の救いも無い話です。
 イルミナティ、サタニストユダヤは真正の悪です。後悔だの反省
だのといった言葉は奴らの辞書には無い。
 穏健か否かという見方も完全な間違いです。せいぜい悪事の
やり方が直接的かより巧妙かといった程度の違いに過ぎません。
 エリザベス女王が銀行家と手を切りたがっている?そりゃ都合
の悪い用済みの道具はバンバン切り捨てますよ。ずっとそうやっ
て来たんですから。
 こんな奴らの言い分を真に受けるなど正気の沙汰ではない。
その場を切り抜ける方便に決まっている。
 だから完全に叩き潰し、この地上から存在自体を抹消するしか
ないんです。

 そうは思いませんか、古歩道さん!
Posted by PCビギナー at 2012年06月06日 00:03
管理人様
 千葉沖でイワシの大量死。
 大地震の前に必ずと言っていいほど出てくる「○○の大漁」
「○○が浜に大量打ち揚げ」と同じものか?(現地では「こんな
の見たことが無い」との事)
 今日は千葉県東方沖の地震が多い。
 先日の利根川水系毒物流出もやられたのは千葉。

 金融大恐慌との合わせ技でいよいよサタニストユダヤの攻撃
開始か?

 備蓄と警戒が必須と思われます。(オウム騒ぎは本来の危機
から目をそらさせる為の搖動作戦ではないでしょうか)
Posted by PCビギナー at 2012年06月06日 00:38
私は今日が6月6日だから、
何か起こらないか心配ですね、オウムの女性が逮捕された2日
後ですから

今日の6月6日の午前か午後6時に何もなければいいですけど・・・
666ですよね、でも616が本当のサバタイ派の数字かもと言う
666においての質問が前のベンジャミンの講演で
講演者の質問に出てましたからね、まあ大丈夫でしょうけど
Posted by 6月6日6時・・・AM?PM? at 2012年06月06日 00:49
千葉沖で三連発で地震が発生しています。
震源は浅く三回とも10km未満。
3月の千葉沖の連発で起きた地震も震源が10kmくらいでした。
人工地震の可能性があります。
ちなみに 千葉沖にもメタンハイドレート帯がありますが皆さんご
存知でしたか?
茨城南部で硫黄臭、千葉沖で鰯の大量窒息死の報告があります。
メタンハイドレートを刺激している可能性大です。
管理人様が人工地震6月説を小耳に挟んだのも気になります。
関東圏特に千葉県沿岸地域にお住まいの方はご注意ください。
Posted by 東北人 at 2012年06月06日 01:10
東北人 様
 千葉県在住・・・私ですよ・・・。
 メタンハイドレートの件、存じております。
 関東地方の地下は実は有数の大メタンハイドレート帯がありま
す。(よって日本に資源が無い、という話は大ウソ)
 大地震でこれに火が付いたら逃げ場はない。(以前雑誌か何か
で関東大震災時、地面から火が出たという話を読んだ記憶があり
ます)

 とにかく備蓄・警戒です。
 もしやりやがったらサタニストどもを一生かけて追い詰めます。
(おい見てるか!やったら絶対許さんからな!)
Posted by PCビギナー at 2012年06月06日 01:34
今日の6月6日の早朝4時31分のマグニチュード6・3の地震は
アイツらが遣ったなくらいに思っていないと危険だ。
>>>アレキサンダーロマノフ氏は少し前の革命家タイプ。大量殺
人者たちの公開処刑を求めている。約70億人の世界は三百人委
員会などのたった6000人の老人たちに支配、蹂躙されてきた。
公開処刑はともかく、この連中の排除が重要、人類解放の第一
歩だと言っている。このような世界が続いてきたのは、たった6000人
のジジイたちに媚へつらってきた輩があまりにも多いからだろう。
大飯原発の再稼動への流れを見てもこうした悪鬼どもが今だ世の
中の仕組みをギゥジっていることがよく分る。
この先、イルミナティーのお先棒を担いできた連中が公開処刑にな
るのかどうか、もう少しの我慢かな。
>>>ブログ地球と人類そしてロト から
>>> http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/213229/207775
Posted by 普通な地球人 at 2012年06月06日 07:37
どうでもいいですが、正統竹内文書伝承者、第73世、武内宿禰
(竹内睦泰)がイスラエルの諜報機関モサドから直接聞いた話によ
ると2008年5月12日に支那で起きた四川沖大地震は中国共産
党がチベットを黙らせるために行った人工地震であると断言してお
ります。


イスラエルの諜報機関モサドはオカルト信者からは危険視されて
おりますが、竹内氏がおっしゃるには米国の諜報機関(CIA.NSA.
etc)は日本をアメの属国と思っているので情報を提供してくれな
いとのこと。それに対してイスラエル政府、諜報機関モサド含め
日本を友国、兄弟の様に思っておりどんな情報でも提供してくれ
るらしいです。


モサドは私たちが思っているより日本に対してかなり友好的で、
モサドに持つ悪いイメージを改め直したほうがいいのかもしれま
せん。
Posted by アホです at 2012年06月06日 09:56
管理人様、人食いウィルスの件ですが、参考になるかも知れま
せん。

Tuesday, June 05, 2012

Were Fukushima And BP Gulf Disasters Deliberately Caused As
Part Of Agenda 21?

Ian Crane says a BP Company man was placed on the rig, Bob Calousa, who is now in hiding. His job was to set off the explosion. Ian Crane says the USA is a corporate controlled entity, with no reporting of the disaster that's unfolding in the Gulf. People are dying there of respiratory illnesses. BP introduced GM microbiology into the Gulf to consume the oil. People nearby are being affected by flesh-eating bacteria. He talks on weather modification. The depopulation agenda. If a hurricane strikes the Gulf, the illnesses would spread inland, and cause multiple deaths. Crane believes the event was a depopulation event from the very beginning. Crane is an-ex oil industry executive, who understands the technicalities. Pregnant women are spontaneously aborting in the Gulf area. The long-term effects of the GM bacteria, that are eating the oil, as well as human flesh, are unknowable. E Coli attack on Germany also mentioned. At Fukushima, the nuclear power stations were out of control prior to the tsunami. The Stuxnet virus is discussed. Sent in by WASP.


Posted by Tapestry at 5:46 PM
Posted by Mick-chan at 2012年06月06日 10:35

« BBC、イラクでの写真をシリアの虐殺写真として偽装掲載 | トップページ | バーレーン、サウジ、カタールを隷属させるための鍵 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港で鳥インフルエンザ(H5N1型)発生する:

« BBC、イラクでの写真をシリアの虐殺写真として偽装掲載 | トップページ | バーレーン、サウジ、カタールを隷属させるための鍵 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ