カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「厳重注意」を受けるべきは誰か! | トップページ | サルでもわかるTPPー1/10 »

2012年7月15日 (日)

福島原発で新たな大爆発(核?)か注意が必要だ

なんじゃー、こりゃあー4:福島第一でついに核爆発か!?

みなさん、こんにちは。

ついに来たのだろうか?、その時が!

福島第一原発のどこかがついに爆発し、見事な大閃光を発したようである。7月9日19時〜20時の間である。以下のものである。閃光は、119、1分19秒目あたりから始まり、1分42秒目で大閃光爆発が起こったようである。

2012.07.09_18.51--19.51(TBS_JNN)


この”大閃光”の後は、格納容器かなにかが熱くなったままなのか、ずっと黄色に発光していたようである。以下のものである。

2012.07.09_21.52--22.52(TBS_JNN)


2012.07.09_22.53--23.53(TBS_JNN)


私もこの状態は見ていたが、その前に大閃光が出たのは見逃していた。

これはかなりの専門家でないと、何が起こったのかは理解できないに違いないが、これが自然の核燃料溶融による核爆発だと思われる。したがって、その瞬間は、相当な「中性子線」が放射されたに違いない。犠牲者も出てくるかも知れないナ。

だから、やはり3号機のキノコ雲の出た爆発は、小型ミニ核爆弾によるものということが結論できるに違いない。

今後を注目しておこう。
以上は「井口和基氏」ブログより
メルトダウンした核燃料が核爆発したのか、或は新たな核テロが引き起こされたのかは野田政権が情報の隠蔽をしている為にその真相は分りません。しかし、事故が起きている事は事実です。放射能濃度が高くなる筈です。観測を強化する必要があります。以上

« 「厳重注意」を受けるべきは誰か! | トップページ | サルでもわかるTPPー1/10 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発で新たな大爆発(核?)か注意が必要だ:

« 「厳重注意」を受けるべきは誰か! | トップページ | サルでもわかるTPPー1/10 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ