カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« みんな「終り」が好きなんですね~ | トップページ | 世界各地で頻発する「黙示録的な」大洪水 »

2012年7月13日 (金)

コカコーラから発ガン性物質検出

日本のコーラから発ガン性物質検出…カリフォルニア州で売ってるコーラの18倍

maker:news__watcher (93200pt , Class:Dominions Rank:Member)

Noimg... sorry...
http://livedoor.blogimg.jp/dqnplus/imgs/5/c/5c0b2a55.jpg


コカコーラから発ガン性物質検出(2012年7月3日)
「NPO法人 食品と暮らしの安全」の協力団体であるアメリカの公益科学センター(CSPI)は、 6月26日、日本を含む世界各国で含まれているコカコーラには発ガン性物4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれていると発表した。この発ガン性物質は、カラメル色素を製造する過程で、砂糖やアンモニア、亜硫酸塩が高圧・高温下で化学反応を起こして生成される化学物質である。

CSPIの調査は、「NPO法人食品と暮らしの安全」を含む、世界各国の消費者団体の協力で
行われた。発ガン性物質4-MIのレベルは、各国で異なり、ブラジルで販売されている
コカコーラが最も汚染されていた。日本のコカコーラは、355ml換算で72マイクログラムで、
カリフォルニア州で販売されているコカコーラが4マイクログラムだったのに対し約18倍も多い。

カリフォルニア州では4-MIを含む食品の規制があり、この規制に対応するために、
カリフォルニア州で販売されるコカコーラのみ4M-1が少ないものとみられる。
http://tabemono.info/report/report_9_3.html



CSPIは、カリフォルニア州でできるのなら、世界各国でも発ガン性物質の少ないコーラ
にすべきであると述べている。また、コカコーラの問題点は、この発ガン性物質よりも、
大きな健康リスクをもたらす、大量の糖にあり、コカコーラをはじめとする糖分を多く
含む清涼飲料水の飲みすぎを警告した。

また、日本ではコーラが500ml入りのペットボトルで販売されているのに対し、アメリカ
は355ml、ヨーロッパ・アフリカ・中国では330mlが標準である。CSPI代表のマイク・
ジェイコブソン氏は、コカコーラのように糖分の多い清涼飲料水を500mlで販売すると
飲みすぎてしまうため、500mlのコカコーラは日本でも販売すべきでないと言っている。

「NPO法人食品と暮らしの安全」も、過去に糖分の多い清涼飲料水が血糖値の上昇や肥満を
引き起こす「ペットボトル症候群」について警告を行っており、 CSPIと同様に、糖分の
多い清涼飲料水は飲みすぎないことが重要であると考えている。コカコーラの発ガン性
物質の問題、および、大容量のコカコーラ販売の禁止に関して、日本コカコーラに対し
近日中に申し入れを行う予定である。

以上は「nico nico lmage」より

何故、今頃分るのか不思議です。                 以上

« みんな「終り」が好きなんですね~ | トップページ | 世界各地で頻発する「黙示録的な」大洪水 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コカコーラから発ガン性物質検出:

« みんな「終り」が好きなんですね~ | トップページ | 世界各地で頻発する「黙示録的な」大洪水 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ