カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 原発容認の橋下徹をリコールせよ! | トップページ | この国を悪くしたのはどの政党か »

2012年7月 3日 (火)

東電は福島原発事故の解決に真剣に取り組んでいないのでは?

Fukushima worker “The warranty period of the parts for coolant system is 1 year.”

Following up this article..Burnt motor of coolant system for reactor4

 

The actual Fukushima worker Happy11311 warned about the reliability of the coolant system of Fukushima on Twitter.

 

 

 

 

<Translate>

 

The day before yesterday, the terminal part of the pump motor got short circuit, but actually troubles of the system and monitoring control are happening often. It may be because of the dust or high radiation level but the bottom line is many of these are improvised preparation made of roughly collected parts from all over Japan.

 

<End>

 

 

 

 

<Translate>

 

They didn’t even consider maintenance to build the equipment. Tepco was in a hurry, they only made it last for one year. The parts are not particularly for nuclear plants, they are for general usage. The parts will need to be replaced from now otherwise troubles will keep happening though I think Tepco won’t change it until it gets disordered.

 

<End>

 

 

 

 

<Translate>

 

There are a lot of competing bidders for the next construction too, but contractors use equipment for general usage, not specially for nuclear plants, and they dump it on equipment makers to build a whole system. They cut the material cost the most.

 

<End>

 

 

 

 

<Translate>

 

This time, the delivered goods are not for nuclear plants construction as usual, the warranty period is only about 1 year, contractors think it may not last longer than one year if unlucky, I suppose. Something’s wrong. We need to change it.

 

<End>

 

 

 

 

 


Fukushima Diary is against media blackout. Only donation keeps it alive.
日本の窮状を世界に。
Fukushima Diary

以上は「fukushima diary」より

いまだ、福島原発からの放射能飛散が続いている現状は、少し異常です。幾ら除染してもまた汚染されてしまいます。時間の掛け過ぎです。関東・東北地方には本当に住めなくなってしまいます。無責任体制もいい加減にして欲しいものです。福島原発事故も解決できていないうちに大飯原発再稼働を許可するようでは野田政権も真剣みがありません。これでは大飯原発でまた事故が起きそうです。そのときも誰も責任を取るものは居ないのでしょう。これが日本の現状です。                  以上      

« 原発容認の橋下徹をリコールせよ! | トップページ | この国を悪くしたのはどの政党か »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電は福島原発事故の解決に真剣に取り組んでいないのでは?:

« 原発容認の橋下徹をリコールせよ! | トップページ | この国を悪くしたのはどの政党か »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ