カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカの本当の失業率は15%以上 | トップページ | 世界の流れに取り残される日本ー(5/7) »

2012年8月30日 (木)

ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク

ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク 欧州5カ国調査で発覚も、日本は
企業が安全宣言
13:33 02/20 2007
 
 

 Tinyreportsimg_i1171896404695

NTT-docomoのキッズケータイ。10年
以上でガンになるとしたら一番影響を
受けるのは子どもたちだ。
 携帯電話の発ガン性に関するヨーロッパ5カ国の調査で、10年以上使用すると脳腫瘍リスクが上がるという結果が出た。先月公表されたこの調査結果を受け、スウェーデンやドイツ政府は、頭に浴びる電磁波を低くするように、との勧告を出している。今後、携帯電話が原因で脳腫瘍になる人は増えそうだ。使い続ける人は、将来、脳腫瘍になった場合に補償を請求できるよう、料金記録や頭の右左どちら側で使っているかを、今のうちから記録しておいた方がよい。


【Digest】
◇ヨーロッパ5カ国調査「10年以上で脳腫瘍リスク上昇」
◇携帯電話は21世紀のタバコだ
◇スウェーデン、ドイツでは政府が電磁波低減を勧告
◇日本の疫学調査は、8年・・・そしてシロ
◇ドコモ、au、ソフトバンクの安全宣言とは
◇企業による研究はどこまで信用できるか?
◇アスベストの補償を参考に今から記録をとっておこう


◇ヨーロッパ5カ国調査「10年以上で脳腫瘍リスク上昇」
 ヨーロッパ5カ国(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェ

ーデン、イギリス)の共同調査結果は、1月19日に公表された。

イギリスの新聞でも大きく 報道された(日本ではケータイ業界は

大スポンサーなので一行も報じられない)。その主な内容は

以下のとおりだ。

 

 ・1,521人の患者と3,301人の健康な人たちを対象に、過去の携帯電話の使用状況を調べて、携帯電話の使用と脳腫瘍(厳密には、神経膠腫{しんけいこうしゅ}という脳腫瘍の一種)との関連を調べた。
 ・半年以上にわたり1週間に1回以上の通話をするグループを携帯電話使用者とし、非使用者と比較したが、そこでは病気の発症率に差は見られなかった。
 ・10年以上の使用者と非使用者を比べた場合には、1.13倍とわずかな上昇はあったが統計的に誤差範囲。
 ・しかし10年以上使用していた人の中で、脳腫瘍が発生した側の耳にあてて携帯電話を使っていた人に限定したところ、脳腫瘍の発症率は39%上昇し、それは統計的にも偶然とはいえない差(有意差)であった。

 ケータイの10年以上の使用で、脳腫瘍のリスクが上がることを

示唆する結果がでたのは今回が初めてではない。

 この調査は、世界保健機関(WHO)が進めている電磁場プロジェ

クトの一環で実施されたものだ。携帯電話の使用と脳腫瘍の関連

を調べるため、日本も含めた13カ国が参加し、共通の調査法でそ

れぞれの国での調査結果をまとめる。

 

Tinyreportsimg_h1171920554919
図1ヨーロッパ各国での調査結果
出典:拙著「しのびよる電磁波汚染」コモンズ刊 2007

 これまでにスウェ

ーデン、イギリス、ドイツでは、それぞれの国の研究結果を独自に

まとめて公表している。また、別の種類の脳腫瘍である聴神経鞘

腫(ちょうしんけいしょうしゅ)を調べた結果がデンマーク、スウェー

デンで公表されている。それら結果を簡単にまとめたのが図1だ。

デンマークを除いたすべてが、10年以上でのリスク上昇を示唆

している。

 今回の調査結果は、これらのヨーロッパ各国のデータをまと

めて再評価したもので、これまで示されていた脳腫瘍のリスク

上昇が再確認されたといえる。

 今回の論文の著者であるフィンランド政府・放射線安全庁

(STUK)のアンシ・アウビネン博士は、英紙の取材に対して「

腫瘍が成長するのに必要な期間を考慮すると長期間で影響

がでている結果には信憑性がある。また携帯電話を近づける

側頭部の方に腫瘍が発生していることにも信憑性がある」と

答えている。

 今年中には世界13カ国のデータが集約され、最終結果が

出る予定になっている。

◇携帯電話は21世紀のタバコだ
 このような10年以上での脳腫瘍リスク上昇について、携帯

電話の電磁波の世界的権威であり、英政府のモバイル通信

健康調査プログラムの議長を務めるラウリー・チャルリス教授は、

英紙の記事の中で「携帯電話は21世紀のタバコとなりうるか

?」と質問され「絶対なる」と答えた。

 「携帯電話以外の多くの発ガン要因を調べた調査

でも、その影響は10年以上経って現れる。10年間は

何もないが、その後劇的に増加し始めるのだ。長崎

や広島の原爆の影響でも、10年以内では影響は見

られなかった。アスベストも同じだ」

 「専門家による疫学調査の結果、10年以上で影響

の可能性が示唆する結果がでたことは無視できな

い。研究を続けるべきだ」

Tinyreportsimg_g1171709955656

図2 潜伏期間内の調査

では発病を発見できない

というイメージ(著者作成)

 脳腫瘍のようなまれにしか発生しない病

気(脳腫瘍全体で年間1万人に1人と言われている)の場合、疑われる要因との関連を調べるのは容易ではない。また携帯電話が原因だったとしても、脳腫瘍が発症するまでに

10年以上かかる場合、それ以前にいくら調査をしても

脳腫瘍の増加

は確認できない。(図2)

 チャルリス博士は、携帯電話をすでに使っている

20万人を対象にした新たな研究を計画中だ。5年以上

にわたり、脳腫瘍だけでなく、アルツハイマー病やパー

キンソン病など脳神経の増加も調べる予定。イギリス政

府と、資金提供の最終的な交渉段階に入っているのだという。

◇スウェーデン、ドイツでは政府が電磁波低減を勧告
 今回の調査結果を受けて、スウェーデン政府の放射線

防護庁(SSI)は1月31日に声明を発表。携帯電話が脳腫

瘍の原因となる可能性が強まったとして、携帯電話の使

用に気をつけるように注意を呼びかけた。具体的には通

話に際してイアホンマイクを使い携帯電話本体を体から

離すこと、通話状態の良い場所で使うこと(携帯電話か

ら発信される電波が自動的に弱くなるので)などを薦めて

いる。

 またドイツ政府の放射線防護連邦局(BfR)は、2月5日

に同様に、通話中に浴びる電磁波をできるだけ減らすよ

うにすること、また電磁波の影響の少ない機種を選ぶこ

となどを勧告する声明を出した。

◇日本の疫学調査は、8年・・・そしてシロ
 日本もWHOのプロジェクトには参加しているので、同様

の調査が実施されている。現在、聴神経鞘腫瘍という脳腫

瘍についての結果が 論文として発表されている。

 以前myenwsjapanでも紹介した、総務省の生体電磁環

境研究推進委員会のメンバーである東京女子医科大の

山口直人教授や首都大学東京の多氣昌生教授たちが、

総務省の研究費を使って行なったものだ。

 東京近郊に住む患者97名と健康な人330名を対象にし

た調査で、結論はケータイによる影響は確認できなかっ

た。長期間の使用の影響については、10年以上の使用

者が患者グループで1人、健康な人のグループで8人し

かいなかったので、10年以上の影響を比べることはでき

なかった。そこで8年以上の使用者と非使用者を比べた

が、病気の発症率に差は見られなかった。

 つまり、日本の研究結果だけでは、10年以上の使用

でリスクが上がるかどうかは何も判断できないということだ。

 日本で携帯電話が爆発的に普及したのが1994年以降

なので、10年以上の使用者がまだ少ないことは仕方な

いのかもしれない。論文の中でも「今後の研究は、10年

以上の長期使用者に焦点を当てるべきだ」と述べられている。

◇ドコモ、au、ソフトバンクの安全宣言とは
 その一方で、日本では1月25日に、 産経新聞が、日本

のケータイ事業者3社による安全性の検証試験の結果

を報じた。それぞれの会社のホームページで報告をし

ているが、内容は同じなので、代表してソフトバンクの 

報告書をここに紹介しよう。

 2002年11月から3社共同で進めていた実験で、人間の

細胞に電磁波をあてて、ガンの原因となるDNAの切断を

はじめとするさまざまな細胞や遺伝子に異常が起こらな

いか調べたというものだ。

 その結果、国の基準値の10倍の電波をあてても、細胞

での影響は確認されなかったという。「携帯電話基地局

からの電波の安全性について改めて検証できたといえ

ます」「電波が細胞構造や機能に影響を与えてがん化す

るかもしれないとの主張を否定する科学的証拠の一つに

なるものです」と結論付けた。

 その後2月10日の産経新聞では、 「携帯・PHS各社、

新戦略を模索 最後の空白地帯で攻勢」という記事が報

道された。飽和状態にある携帯電話市場の最後の空白

地帯として、子どもと老人向けへの攻勢をかけるという。

 もし10年以上の使用にリスクがあるとしたら、子ども

が一番被害を受けることになるが、本当に大丈夫なの

だろうか?

◇企業による研究はどこまで信用できるか?
 単純に考えて、ケータイの会社が資金を出しておこな

った研究で「シロでした」と報告されて、そのまま信用す

る人はどれくらいいるのだろうか?もしクロという結果が

出た場合、その結果は公表されるのだろうか?

 研究費のスポンサーによって研究結果に影響が出る

という指摘がある。

 もっともこの問題が懸念されてきたのが、製薬会社に

よる新薬の開発に関するものだ。医薬品産業がスポン

サーの研究の場合、公的機関の研究と比べてその医薬

品に好意的な結果になる確率は4倍になるという 研究がある。

 またタバコ産業から研究費を受領している研究者が、

受動喫煙が無害だという結論を出す確率は、利害関係

の無い研究と比べると実に88倍.....この続きの文章、お

よび全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

以上は「my news japan」より

小生の知人も永くケータイを使用していた方が、脳腫瘍

でなくなっています。耳の後ろに腫瘍ができたようです。

なるべく使わないようにしないとリスクが高まりそうです。 以上 

« アメリカの本当の失業率は15%以上 | トップページ | 世界の流れに取り残される日本ー(5/7) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク:

« アメリカの本当の失業率は15%以上 | トップページ | 世界の流れに取り残される日本ー(5/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ