カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 銀座でパレード | トップページ | 世界はワシントンの思い上がりを生き延びる事が出来るか! »

2012年8月24日 (金)

原発事故で焼身自殺、遺族・東電を提訴ー1/3

原発事故の避難生活でうつ病

になり焼身自殺、遺族が東電を提訴

2012.06.21 Thu posted at: 15:46 JST
Kawamata

福島(CNN) 福島県川俣町の渡辺幹夫さん(62)の自宅は、東京電力福島第一原発事故による計画的避難区域の中にある。39年間連れ添った妻のはま子(当時58歳)さんは、一時帰宅中だった昨年7月、ここで焼身自殺した。

はま子さんはガソリンをかぶり、自ら火を放った。避難生活のストレスでうつ病を発症していたという。「原発事故がなかったら、こんなひどい目に遭わずにすんだ」と幹夫さんは言う。「これは東電の責任だ」

幹夫さんは今年5月、東電を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした。幹夫さんは裁判をきっかけに、東電と日本政府が原発事故は自然災害ではなく人災だということを受け入れ、避難生活を送る人々へのケアを迅速化させることを期待している。

避難している人々からは、東電の対応があまりに遅く生活の再建ができないとの声が上がっている。こうした対応の遅れが自殺のような事態を招いていると幹夫さんは言う。

東電はCNNの取材に対し、訴訟についてはコメントできないと回答した。

幹夫さんによれば、住み慣れた自宅を離れ、狭苦しいアパート暮らしを強いられるなかではま子さんは徐々にうつ病を発症した。夫婦で働いていた養鶏場も避難区域内だったため閉鎖され、2人は職を失った。はま子さんは家のローンの支払いをひどく心配し、時間をもてあましたせいもあって状態は悪化していった。

  • 以上は「CNN.CO.JP」より

東電の事故がなければ、このような悲劇は起きていない筈です。同じようなご苦労をされている方が他にも沢山いると思われます。それでも東電や当局は誰も責任を問われていません。原子力安全委員会の責任者は安全だとして許可したのです。しかし事故が起きています。大飯原発再稼働も危険が一杯な状況なのにそれには目を瞑り、一部の関係者が勝手に再稼働を決めています。今後多分また福島のような事故が起きるものと思われます。そして、起きてもまた福島原発事故同様に誰も責任を取りません。こんな馬鹿な決め方はありません。だから、同じような事故が後を絶たないのです。これも日本の司法が崩壊していて役目を放棄している結果です。                  以上

« 銀座でパレード | トップページ | 世界はワシントンの思い上がりを生き延びる事が出来るか! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故で焼身自殺、遺族・東電を提訴ー1/3:

« 銀座でパレード | トップページ | 世界はワシントンの思い上がりを生き延びる事が出来るか! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ