カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 太陽に突然現れて急速に拡大した「巨大な亀裂」 | トップページ | NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった »

2012年8月12日 (日)

「消費者」を「創り手」に変える時代ー2/5

「ものづくり」は人間本来の

根本的欲求。「消費者」を

「創り手」に変える
オープンソース・ハードウェア

の時代が到来した
――米Make誌ファウンダー兼発行人
デール・ダハティ氏インタビュー

 ご存知の通り、ソフトウェアの世界では、少人数がたった1、2年で会社を立ち上げ、上場するといったことが普通に行われています。そういったことが、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアという物理的な世界でも可能になってきたのです。少人数が、安価で、ハードウェアのプロトタイプを作ったり、少量多品種に対応したりといったことが、簡単にできる時代になってきたのです。その時代の始まりを象徴するのが、まさにMakerムーブメントです。

――このムーブメントは、より大きなビジネスにつながる可能性はありますか。

 ある一つのものに対して、異なる考え方や異なる視点でアプローチすることによって、異なる結論を導き出すことができます。それゆえ、Makerムーブメントには、多くのビジネスチャンスがあり、実際、ビジネスにつながっているという話を聞いています。ビジネスパーソンにとって、大いに参考になる話はたくさん転がっていると思いますよ。

 例えば、今日のランチで一緒だった久保田さん(多摩美術大学の久保田晃弘教授)が腕にしていた「iPod nano」を腕時計にできるアクセサリーは面白かったですね。彼はそれをkickstarterで購入したそうです。作ったモノを製品化するために、一般ユーザーから資金を募ることができるクラウドファンディングのサイトですね。

 大きな時計メーカーはたくさんありますし、それぞれの会社に商品開発部門があり、何ヵ月も何年間もかけて、新商品に関するアイデアを練り、ボツになる企画やアイデアも少なくありません。一方、iPod nanoを腕時計にできるアクセサリーを開発したのは、時計メーカーでも時計アクセサリー専門のメーカーでもありません。大きな組織には、専門知識や納期、企業のブランド価値から逸脱する商品は開発できないといったさまざまなしがらみがあります。そういうもののないところで、自由で斬新なアイデアが出てくるという例でしょう。

ものづくりは人間の本能的欲求

――これまでソフトウェアの世界で実現されていたことが、今、ハードウェアでも実現できるようになったのはなぜでしょうか。

 まず、1点目は、ハードウェアの世界でも、オープンソース化が始まったということです。その具体的なきっかけが、2005年にイタリアの企業から「Arduino(アルドゥイーノ)」という電子基板が発売されたことでした。これはオープンソース・ハードウェアで、すでに何万人もの人がこの基板を使って、標準的な部品やモジュールを作っています。さらにそれを、別の人が色々なものを組み合わせて独自のものを作るといった動きが広がっています。

以上は「DIAMOND ONLINE」より

« 太陽に突然現れて急速に拡大した「巨大な亀裂」 | トップページ | NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「消費者」を「創り手」に変える時代ー2/5:

« 太陽に突然現れて急速に拡大した「巨大な亀裂」 | トップページ | NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ