カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった | トップページ | 「あじさい革命」を無視する非人間・野田義彦 »

2012年8月12日 (日)

茨城つくばのストロンチウム、チエルノブイリの3倍超

茨城つくばのストロンチウム チェルノブイリの3倍超! (日刊ゲンダイ) 

http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/568.html

投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 13 日 01:49:58: igsppGRN/E9PQ

 

紙面【総合】つくばのストロンチウム チェルノブイリ事故時の3倍超。 気象研、昨年3月に検出。7月12日付 東京新聞朝刊

茨城つくばのストロンチウム チェルノブイリの3倍超!
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6336.html
2012/7/12 日刊ゲンダイ

福島原発事故が起きた昨年3月、茨城県つくば市に降り注いだ放射線ストロンチウムの濃度が、チェルノブイリ事故直後の3倍を超える数値だったことが分かった。

同市の気象庁気象研究所が敷地内で雨水やちりなどの降下物を採取。半減期29年のストロンチウムが1平方メートルあたり4・4ベクレル検出された。気象研のセシウム濃度については、チェルノブイリの約180倍だったことが分かっている。

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 

コメント
 
01. 2012年7月13日 01:57:32 : Mg3tQasmvA
骨肉種や心臓発作による死亡の結果がでてるのか

02. 2012年7月13日 04:55:41 : txKoq6KBVw
茨城ってがれき焼却もしているのでは。

03. 2012年7月13日 05:21:20 : mOmOh4pOog

この事実よりも、殆んどの人が無防備、無関心であった80年代前半までの数値の方が恐ろしい。


04. 2012年7月13日 05:31:19 : SuQ0hENY4U
なんだ、じゃあ、たいしたことないんだね。

05. 2012年7月13日 05:55:06 : fyQeJtuZcb
使い古されたレトリックだ
チェルノブイリ事故時にチェルノブイリで計った値の3倍超ではなく、
チェルノブイリ事故時に気象庁気象研究所の敷地内で計った値の3倍超
当たり前だ

06. 2012年7月13日 06:02:23 : LDQDHX8GhQ
セシウムは180倍だと!
おそろしい……!

07. 2012年7月13日 07:03:24 : Z4pLSmq182
まず関東の人間がストロンチウム89で被曝したと言うことは間違いない。

これは半減期50日だから、現在ほとんど検出されなくなっている、と言っているの
だろう。

しかし、被曝の影響はのちのちになって出てくる、ということを忘れてはならない。

ストロンチウム90は、4.4ベクレル/平方メートルでこれは半減期が長いから
ほとんど変わりなく残っているだろう。これが食品を通じて体内に入れば一生体の
中にとどまって骨髄ガンなどの原因になるそうだ。
セシウムと異なって、一度体内に入ると出て行くことはない。


08. 2012年7月13日 07:05:13 : ZbEkMfgIXY
みなさん、ぜひ
岩波現代文庫「チェルノブイリの祈り」を手に取り
読んでみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A%E2%80%95%E2%80%95%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81/dp/4006032250
いま、わたしたちがおかれている現実は
ウクライナやベラルーシのチェルノブイリ事故後のそれと
同じです。
あちらでもみなさん、政府や医療従事者、学者への
不信は同じで、日本人が線量計で計測していると知るやいなや
教えてくれ、こちらの報道は信用できないから、といわれたり
していたのです。
被曝線量に応じて、静かに人がいなくなっていく、
静かに病室へきえてしまう、
静かにすべてが進行するのです。

09. 2012年7月13日 10:55:58 : nck0NFA1So
1年前…。
へー。ほー。ふーん。
水菜食べなくて良かった。

以上は「阿修羅より

当時の菅政権や今の野田政権が真相を徹底的に隠蔽していますので、仲々真実が見えて来ませんが、実態はこのように大変な放射能汚染があるのです。従って数年後には、大変な健康被害が出てくることは火を見るより明らかであります。その頃には、今の責任者たちはそのポストにはいませんので、海外等に高飛びしているものと思われます。全く無責任な連中であります。これらの無責任な連中を擁護しているマスコミ連中も同じ悪魔のグループです。許せません。断罪が必要です。               以上

« NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった | トップページ | 「あじさい革命」を無視する非人間・野田義彦 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城つくばのストロンチウム、チエルノブイリの3倍超:

« NASAが2010年に大々的に発表した「新しい生命は」間違いであった | トップページ | 「あじさい革命」を無視する非人間・野田義彦 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ