カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 貧困大国アメリカのようにならないために、政治を監視しよう | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー4/8 »

2012年8月18日 (土)

横浜市内の雨水調整池8カ所で高放射線量を測定

市内の雨水調整池8カ所で除去目安超える放射線量を測定/横浜

カナロコ 8月8日(水)23時30分配信

 横浜市は8日、市内の住宅地に降った雨水があふれないよう一時貯留する「雨水調整池」206施設のうち、8施設から市の除去対応などの目安である毎時0・23マイクロシーベルト(地表1メートル)を超える放射線量が測定されたと発表した。

 各施設は常に施錠されており、市民は立ち入れない。施設周辺の放射線量は目安値内だったという。

 市道路局によると、調整池にたまった水を河川などに流す際、土や草が詰まっていないかどうか定期的に確認している。原発事故後初めての清掃を前に、作業員の安全を確保するため、5月末から7月末にかけて調整池のたい積物の放射線量を測定した。

 同局が管理する218施設のうち、作業予定の206施設を調べた結果、泉区西が岡1丁目の施設内が毎時0・37マイクロシーベルト(地表1メートル)の最高値を記録するなど8施設16カ所で目安値を超えた。

 市は排水づまりの恐れがない6施設の清掃活動は中止し、定期的な観測を続ける。残る2施設は土砂などを取り除き、土のう袋に入れ、施設内で保管するという。

最終更新:8月8日(水)23時30分

以上は「神奈川新聞」より

関東も既に避難したほうが良いほどに汚染は進んでいます。従って、この測定は当然の結果です。今も福島原発から放射能灰が飛散され続けているのです。野田内閣は止めようとはしていません。税金増税ばかり熱心です。その上軍備増強を図っています。以上

« 貧困大国アメリカのようにならないために、政治を監視しよう | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー4/8 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市内の雨水調整池8カ所で高放射線量を測定:

« 貧困大国アメリカのようにならないために、政治を監視しよう | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー4/8 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ