カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イランは敵と対戦する備えをしている | トップページ | 首都圏、放射線汚染MAP・最新版 »

2012年8月11日 (土)

日本再生の処方箋は、アイスランドの「無血革命」に学ぶ

日本再生の処方箋は「脱国際金融資本」 ~アイスランドにおける「無血革命」に学ぶ~

2012年07月09日 | Weblog



昨今、世間では「世界的な経済危機」が叫ばれ、日本も長きに渡る不況により、経済の停滞・雇用悪化・格差社会化・年金制度の崩壊・自殺者の増加等々、挙げればキリがないぐらいに暗い話ばかりである。

このような状況で昨年3月に東日本大震災とフクシマ原発事故に見舞われ、本来、このような有事にこそ国民生活を立て直すべく最大限のリーダーシップを発揮すべき政治(政府)が機能不全に陥り、あろうことか「TPP参加」「消費税増税」「原発再稼動」といった”売国政策””金権政治”を尚も推し進める始末である。

これではもはや日本を再生することなど無理だとして絶望感に苛(さいな)まれるのも無理もないことである。

毎日にように本ブログにて”対米従属売国奴”たる政治家・官僚・マスゴミ・経団連企業らの”愚行””悪行”を叩いている小生も、正直、「根本的な打開策は何か?」と問われたら即座に誰もが納得するような的確な答えを持ち合わせている訳ではなく、どうしたらよいのかを日々模索しているのが実情である。

そんな中で、日本が再生するための1つの処方箋とも言えるのが、「脱国際金融資本」の道ではなかろうかというのが個人的見解である。

具体的に言うと、世界の通貨発行権を牛耳り、金融・エネルギー・食糧といったあらゆる産業を私物化している国際金融資本(ユダ金)による「カネによる支配体制からの脱却」を実行することである。

「そんなことができるはずはない」

「脱国際金融資本」「カネによる支配体制からの脱却」と頭では判ったとしても、”言うは易し行うは難し”と感じることであろう。

そんな時に是非とも注目したいのが、アイスランドにおける「無血革命」により、実際にアイスランドの市民が「脱国際金融資本」を実現したという事実である。

詳細は以下の動画をご覧いただくと共に、小生の師匠であり同志たる橘匠(たちばな たくみ)氏が自身の主宰する「真相ジャパン」にてコメントしている内容を確認いただければと思うが、アイスランドの市民は国家破綻時に政府・銀行が背負った35億ユーロの返済を拒絶したのである。

国家が破綻した際、「国家が金融機関を救済し、国債や税金という形で結果としてそのツケをすべて国民が負担する」というやり方が一般常識とされてきたが、何とアイスランド市民はこの国家・銀行の債務の負担を国民投票にて拒否したのである。

即ち、国際金融資本(ユダ金)によるいつもの手口である「国家破綻⇒経済占領」という汚いやり口を拒絶したということである。

国際金融資本(ユダ金)にしてみれば、これまでに世界各国を掌中に納める際に何度も使ってきた手口を否定され、さぞ面食らったことであろう。

同テーマについては小生もまだまだ勉強不足ゆえ、今回はこの辺にしておくが、未来へのキーワードの1つとしての「脱国際金融資本」について引き続き情報収集し、思考を深めていきたいと思う次第である。

 

 

(転載開始)

◆未来へのキーワードはアイスランド その2 後編
 
                   橘 匠

【真相ジャパン】第100号より
 http://blog.livedoor.jp/takutaku2946/archives/51829903.html

~前略~

無血革命を成功させてしまう、アイスランド的な生き方こそ、今の日本人に最も大切なものではないいだろうか。この最も大切なことは、真面目で責任感がある元々の日本人が、昔は 最も得意とし、長年大切にしてきたことだ。
 
アイスランドの無血革命を 時系列で要約すると、以下の如くなる。
 
2008年
中央銀行を国有化。貨幣クローナが無価値になり、株式市場は停止。国家は破産した。
 
2009年
国会前で、国民が抗議行動。内閣総辞職で、総選挙。ひどい経済状況。この時、提案されていたのは、国家の負債として、35億ユーロをイギリスとオランダに、月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことであった。
 
2010年
国民が抗議デモで、国民投票を要求。2010年1月、大統領は、提案を拒否し、国民集会を宣言した。
 
3月、国民投票により、支払い拒否が93%で可決。この間、政府は、この危機を招いた責任者たちに対する捜査を行い、多くの企業役員や銀行家が逮捕された。
 
インターポールが、犯罪に関与したグループに、国外退去を命じた。この危機を通じて、憲法改正を行うための国民議会が選出された。522人の立候補者から、無所属の25人の市民が選ばれた。候補者の資格は、成人で、30人のサポートを得ていること。
 
25人の市民は、新憲法の草稿を、国会に提出した。この普通の住民からなる25人は、オンラインで、何百人もの他の住民の助けを借りて、その書類をまとめた。
 
2011年
2月から、憲法集会がスタートした。全国の多様な集会が推薦するマグナカルタを提示。これは、現在の国会と次の正式選挙を通じて承認されなければならない。
 
2012年
グリムソン大統領が5選=選挙戦中に出産の女性候補及ばず―アイスランド
 

時事通信 7月1日(日)17時16分配信
 
【レイキャビクAFP=時事】2008年のリーマン・ショック後、未曽有の金融危機に見舞われたアイスランドで6月30日、大統領選の投票が行われ、即日開票の結果、オラフル・グリムソン現大統領(69)が5選を確実にした。対立候補の女性テレビ記者ソーラ・アルノルスドッティル氏(37)は同日深夜、敗北を認めた。
 
大学教授から政界に転じ、財務相を務めたグリムソン氏の大統領初当選は1996年。08年の危機後、破綻金融機関の後始末で、英国やオランダの預金者にアイスランドが税金を使って補償する法案に対し、2度にわたって拒否権を発動。大衆の喝采を浴びた。
 

○まとめ
 
大衆をコントロールする方法は『他に方法が無い』、『我々は他にやり様がないのだ』と信じさせることだ。
J、オーウェル
 

そのやり方は、あらかじめ社会工学的に用意されている出来事、及び反応が起こる様に仕組む事である。2008年に金融崩壊があった時、政府は、唯一つしか無い方法として、その金融崩壊のあった金融機関を助けるというものであった。それを忠実に聞いていたら・・・背筋がぞくっとする。
 
◎つまり、知らないから、あらかじめ社会工学的に用意されたほうに行き、その善意が、結果的に地獄を招く。
 
◎様々な困難を乗り越え、自らの理想国家を建国し守ってきた祖先や国に誇りを持って、つねに勉強し 自然、伝統、文化を優先し、磐石な国家感や哲学を大切にし目先のことに囚われない。
 
◎そして知識を知恵に変えて《新たな三本目の道》を探す。
 
◎必ず、責任民間銀行には責任を取ってもらい、責任が あるところは必ず潰す。(無理に残すと再び終わらない地獄が始まる)
 
◎銀行家=マフィアと見て、銀行家に付き合わない。
 
◎そして、銀行がおかしい、ということになれば・・・・・
 
◎住宅ローンも免除され、緊縮財政にNO!をつきつける。
 
◎素行が悪い不良売国政治家や頭が悪く国民を幸せにする能力がない者は辞職させ場合によっては投獄する。
 
◎国民想いの立派な政治家は、みんなで応援し後押しする。
 
◎これが民衆の言い分で一歩も引かない。
 
      (了)

(転載終了)

ジャンル:
ウェブログ

以上は「神風カムイ」ブログより

失敗したところは、一旦完全に倒産させることが重要です。原発事故を起こした東電は当然破産させるべきなのに、中途半端で残しているのは、良くない例です。だから、事故を招くことになるのです。事故を起こしたら破産ということにしておけば、安易な再稼働などできるわけがないのです。事故を起こしても東電のように救ってくれるから、中途半端で再稼働となるのです。これは政治が毅然とした態度をとる必要があるのに哲学のない野田政権があやふやな態度で政策をとるから、駄目になるのです。要は政治のリーダーシップがないのです。総理の器ではない人物がその座に居ることが問題です。諸悪の根源です。以上

« イランは敵と対戦する備えをしている | トップページ | 首都圏、放射線汚染MAP・最新版 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本再生の処方箋は、アイスランドの「無血革命」に学ぶ:

« イランは敵と対戦する備えをしている | トップページ | 首都圏、放射線汚染MAP・最新版 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ