カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 政治は誰のものか (3/4) | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー8/8 »

2012年8月22日 (水)

阿武隈山地の除染はしない

棄民決定!「阿武隈山地の除染はしない!」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3104M_R00C12A8CR0000/

 「必要性乏しい」とは
お前らに そんなに金はかけられない。

 早い話が できないから しない。

住宅の半径20メートルだけ。 あとは自己責任だ。

海江田前経産大臣の「発症してから 訴えろ!」そのもの。

自然濃縮は出たとこ勝負。

水はどうするんだ?

ストロンチウム調べてないだろ!

無責任政府の本性見たり!

あとは野となれ山となれ~~~~~逃げの一手。

さて 影響自治体の首長の反応がいまだに見えない・・・・。

上意下達 もろ手を挙げバンザイか?

どうする皆さん?

酷い国です。

歴史に刻まれる「第二の玉砕」命令。

知事と 市長村長の最後の「踏み絵」。

U平さん!カツ延さん!
__________________________

森林全体の除染「必要性乏しい」 環境省が方針案

環境省は1日までに、東京電力福島第1原子力発電所事故を受けた除染の進め方に関し、森林全体を対象とした除染の必要性は乏しいとする方針案を同省の有識者検討会に示した。森林からの放射性物質の流出や拡散は限定的で、森林全域の落ち葉除去や立ち木の間伐を進めると土砂の流出や、樹木の生育への悪影響につながり現実的ではないとしている。

 一方、キャンプ場や林間学校用の施設などレクリエーション目的や、キノコ生産場など作業目的で住民らが立ち入る場所は、一定の基準で除染対象とすることを検討すべきだとした。

 検討会では、同省の方針をおおむね妥当とする意見が相次いだが、「一律に除染は不要と決めず、個別の地域の意見を聞いて対応できる仕組みが必要だ」との指摘もあった。

 同省は、森林内の施設の除染を検討する基準として、除染事業で作業者の線量管理が求められる毎時2.5マイクロシーベルト(週40時間作業した場合、年5ミリシーベルトに相当)超を参考にすべきだとの考えも示した。

 今後は、除染対象施設の基準など詳細に検討を進め、8月末にも方針をまとめる。

 森林除染は環境省の除染ガイドラインで、住民の被ばく線量を下げるため、住宅地の近隣約20メートルの範囲で落ち葉や枝葉を除去する方法を示していたが、それより奥の区域の除染の扱いが課題となっていた。〔共同〕
以上は「大山こういち氏」のブログより
日本は山が多いので除染は大変だからやらないものと思われます。しかし、山の除染は大変重要なのです。山から水も流れて来ますし、下流で幾ら除染してもまたすぐに汚染されてしまいます。結局汚染された土地に住むことになります。土地・水・食糧全て汚染されますから当然ながらそこの土地に暮らす人々は全員汚染されて放射能障害の危険にさらされることになるのです。健康を害しても、政府は放射能との因果関係を認めることはしないものと思われます。上手く騙されてお仕舞いと言うことになりそうです。  以上

« 政治は誰のものか (3/4) | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー8/8 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿武隈山地の除染はしない:

« 政治は誰のものか (3/4) | トップページ | 消費税増税反対の10大理由ー8/8 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ