カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 北朝鮮拉致被害者帰国劇カードが再浮上:次期総選挙利用か | トップページ | シリアを含むアラブ7ヶ国侵攻は、2001年に計画されていた »

2012年9月 7日 (金)

NPOがビジネスの視点を持つ意味(1/4)

NPOは、民間企業以上にガバナンスを重視せよ。
非営利団体が「ビジネスの視点」を持つ意味

Img_19ffd2b58de1b18760455cedd7d7608

 前回は、ハイブリッド・バリューチェーンのような、途上国におけるNPOと企業のコラボレーションや、大学、NPO、政府を絡めた様々な形での連携が、途上国の問題解決にイノベーションをもたらしていることについて書いた。

 今回は、NPOがこのような様々な立場の人たちとの連携を可能にするためには、多様なセクターに対応でき、バランスの良いグローバルなガバナンス体制を築いていくことが大事だということについて書いてみたい。

NPO経営陣は、
ビジネスの共通言語で語れるか?

 NPOが企業と連携をする場合、当然のことながら、パートナー企業のスタッフと話を進めながら具体的な連携のモデルを模索していくが、その過程で、財務状況を含めたNPOの経営状態や、理事会、経営陣の構成など、マネジメントに関する質問がよく出てくる。

 また、世の中にソーシャル・ビジネスのコンセプトが浸透していくなかで、長い間非営利の活動を支えてきた財団からも、ビジネスモデルについてのデータの提出を求めてくることが多くなっている。どこから収入を得て、どこにお金を使い、どういう効果を狙っているのかという、ビジネスでは基本的なポイントが非営利の団体にも求められるようになっているのだ。

 その結果、NPOの経営陣も“ビジネスの共通言語”で会話できることが必要になってくる。

Img_6dfef53f94339308a8a2953b7e2143e


日本においても、コペルニクは企業を対象に年に数回セミナーを実施。
企業とのコラボレーションを常に模索している。
Photo:©Kopernik

 また、NPOの最も重要なミッションである社会的問題の解決についても、定量的に計測し、その効果を伝えていくことがますます大切になっている。これまでは定性的な説明だけでよかったのが、いまでは数字で変化を表す必要が高くなっている。つまり、この資金を使うことでどのような社会変化が起こるのかを、現場の活動ストーリーだけでなく、プロジェクト全体から見てどうなのか、そして、費用対効果は高いのかをきちんと示さなければならない。

 さらには、何が他の団体と違うのかといった比較優位の観点も必要になっている。特に欧米の財団と話す時には、このような戦略的思考が非常に重要となる。

 一方で、途上国の問題を解決するには、様々な立場の人たちを巻き込んでいく必要があり、これを一国だけに限ることは意味がない。日本だけではなく、欧米、アジア、アフリカ、中南米といったグローバルな視点から、人材、資金、技術といった様々なリソースを有効活用できるかが問われている。

以上は「DIAMOND ONLINE」より

人間社会における企業の存在はどのようなものかと考えた時に、それは人間社会に必要だからと言えると思います。従って世の中の役に立たぬ企業は不要である訳です。このような視点で見ると随分といらない組織があるように見えます。現在の企業は儲からないと破産してしまいますが、しかし、儲からなくても社会に必要な組織はあります。現在はこの儲からない部分にNPOが存在しているようです。今の金融危機も元はと言えば儲けを最優先した企業活動の結果でもある訳です。この資本主義の欠点が出てきている訳です。福島原発事故もその結果から発生したものです。全責任を起こした企業に負担させねば企業倫理が崩れます。その後その組織が必要であれば、国が対応すれば良いのです。以上

« 北朝鮮拉致被害者帰国劇カードが再浮上:次期総選挙利用か | トップページ | シリアを含むアラブ7ヶ国侵攻は、2001年に計画されていた »

平成の「船中八策」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPOがビジネスの視点を持つ意味(1/4):

« 北朝鮮拉致被害者帰国劇カードが再浮上:次期総選挙利用か | トップページ | シリアを含むアラブ7ヶ国侵攻は、2001年に計画されていた »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ