カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中強行可決した | トップページ | 中国は日本のアジア派との交流を強化すべき(2/2) »

2012年9月 3日 (月)

平家滅亡の経済学、日宋貿易の真相(2/6)

Img_e659df7301186541a0cd039224178b1

戦争・革命・内乱など貿易相手国自体に発生するリスクです。

 貿易相手国が政情不安だと、輸出したとしても取引先に渡らない可能性があり、輸入しようとしても止められる可能性があります。

 日宋貿易の相手国である「南宋」は、当時の中国の王朝で、漢民族国家でした。

 もともと中国全土を支配していた「宋(北宋)」が、北方の異民族国家「金」に押し出される形で南に逃げて建国したため、南宋と呼ばれるのです。

 平清盛の父・忠盛が九州で日宋貿易に関わり始めるのが1133年ですが、南宋ではその後の1142年に金との間で「紹興の和議」が成立し戦いが収束、政局も安定します。

 また、1161年には再び侵攻してきた金に対し「采石機の戦い」で勝利し、翌年には後に名君と呼ばれる「孝宗」が皇帝に即位、南宋の全盛期が訪れます。

 つまり、貿易相手国のカントリーリスクは、当時としては小さいほうでした。(*1)

 次に「2.信用リスク」

 取引先の信用度にかかるリスクです。

 貿易の場合、相手先は遠くにいて頻繁に顔を合わすことができません。そんな相手先の資金力や誠実性を把握しきれない点がリスクとなります。

 この点について、日本と宋の間ではどうだったか?

(*1)むしろ、当時でいえば1156年に保元の乱、1159年には平治の乱と内乱の絶えなかった日本のほうが、カントリーリスクが高かったのかもしれません。
以上は「現代ビジネス」より

« ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中強行可決した | トップページ | 中国は日本のアジア派との交流を強化すべき(2/2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家滅亡の経済学、日宋貿易の真相(2/6):

« ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中強行可決した | トップページ | 中国は日本のアジア派との交流を強化すべき(2/2) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ