カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島原発4号機・プルトニウム生産炉説 | トップページ | シリコンバレーから予測する10大トレンド (2/5) »

2012年9月15日 (土)

サリドマイド薬害の独、製薬会社、50年の沈黙を経て謝罪

サリドマイド薬害の独製薬会社、50年の沈黙を経て謝罪

  • 2012年09月02日 12:27 発信地:シュトルベルク/ドイツ
  • ドイツ・シュトルベルク(Stolberg)で、ドイツの製薬会社グリュネンタール(Grunenthal)に抗議する人々(2012年9月1日撮影)。(c)AFP/HENNING KAISER
  • サリドマイド薬害の独製薬会社、50年の沈黙を経て謝罪
  • サリドマイド薬害の独製薬会社、50年の沈黙を経て謝罪

【9月2日 AFP】薬を飲んだ母親から障害のある子供が生まれる薬害を引き起こした「サリドマイド」を製造するドイツの製薬会社グリュネンタール(Grunenthal)が31日、50年の沈黙を破り、謝罪した。被害者を擁護する団体からは、痛烈な批判が巻き起こっている。

 グリュネンタールのハラルト・シュトック(Harald Stock)社長は、同社が1950年から1960年代初期に妊婦のつわり止めなどとして販売したサリドマイドの薬害被害者に向け、沈黙を続けたことに対し「大変申し訳ない」と謝罪した。 

 母親がサリドマイドを服用し、手足の欠陥などの障害と共に生まれた子どもたちは推定1万人いるとみられる。サリドマイドは1961年に販売中止となるまで約50か国で販売された。

 同社のウェブサイトに掲載されたドイツ語による文面の翻訳では、シュトック氏はすべての被害者、その母親、家族に対して、同社の「心からの後悔」と「深い同情」を示したかったと述べている。

「私たちの長い沈黙を、みなさんの運命に対し私たちの受けたショックの印として、見てほしい」と彼はスピーチで述べた。

「また約50年の間、みなさん一人一人に接触する方法をみつけられなかったという事実について謝罪します。その代わりに、私たちは沈黙を続けてしまった。大変、申し訳ありませんでした」

 シュトック社長は、グリュネンタール本社があるドイツ西部の町、シュトルベルク(Stolberg)で行われたサリドマイド被害者記念碑の除幕式で、このスピーチを行った。(c)AFP
AFPBB News トップへ

このニュースの関連情報

以上は「AFP BB news」より

それにしても50年は永いものです。どうしてもっと早く謝罪しなかったのか、何処の国にも酷い人間がいるものです。                          以上

« 福島原発4号機・プルトニウム生産炉説 | トップページ | シリコンバレーから予測する10大トレンド (2/5) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サリドマイド薬害の独、製薬会社、50年の沈黙を経て謝罪:

« 福島原発4号機・プルトニウム生産炉説 | トップページ | シリコンバレーから予測する10大トレンド (2/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ