カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 南相馬市の男性、体内放射性セシウム量が25万ベクレル | トップページ | ヒッグス粒子発見:すぐには役に立たぬが金を出す意義(3/4) »

2012年9月 4日 (火)

アメリカ・西ナイル熱で死者急増中

アメリカ(西ナイル熱死者急増)

米疾病対策センター(CDC)は29日、蚊がウイルスを媒介する西ナイル熱の感染者がこの一週間で40%増えて
1590人になったと発表し、死者も25人増えて66人になったと発表しています。

感染者が出ていない州は、ほんの数州と言われており、特にテキサス州、ミシガン州、ミネソタ州で拡大していると
されており、一部の州では非常事態宣言が出されています。

全米で高温が続いており、普段は乾燥地でもあり、蚊を見ないロスアンジェルスでも部屋に蚊が入ってきており、高温が蚊の活動を活発化させているのかも知れません。

潜伏期間も長いため、日本人が蚊に刺され、帰国後発症しましても、西ナイル熱という判断ができず、治療が遅れ、死に至ることもありますので、今回の騒動が終わるまでア日本人は米国には近づかないことをお勧めします。

ハワイも今は感染者はいませんが貨物船や航空機で本土から蚊が運ばれることもあり得、安心はできません。

以上は「NEVADA」より
航空機などから蚊が侵入する恐れもあります。日本も連日猛暑が続いていますので環境的には、ウイルスの蚊が繁殖する可能性があります。身の回りの蚊の退治が大事です。以上

« 南相馬市の男性、体内放射性セシウム量が25万ベクレル | トップページ | ヒッグス粒子発見:すぐには役に立たぬが金を出す意義(3/4) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ・西ナイル熱で死者急増中:

« 南相馬市の男性、体内放射性セシウム量が25万ベクレル | トップページ | ヒッグス粒子発見:すぐには役に立たぬが金を出す意義(3/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ