カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 内部被曝による心不全他 | トップページ | 尖閣購入問題は、中国や台湾に対して失敗できない外交問題(5/5) »

2012年9月30日 (日)

富士山はまだ「頑張って」いるんですか?

富士山、まだ「頑張って」いるんですか? + インセプションほか

現在の富士山の圧力は前回の噴火時よりも高いと専門家が警告している 2012.09.07 Friday
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993610

本日は、日本のお話なのですが、何故か英国のサイトの記事をご紹介します。

富士山がそろそろ危ないようです。これまでも幾度となく言われて来ましたが、今回はどうなるのでしょうか?出来れば、もっと先延ばしになってくれた方が良いと思っていますが、世界中の火山活動の活発化を見ていますと富士山だけが別とはいかないようです。

周辺にお住まいの方はくれぐれもご用心を、お願いします。

Pressure in Mount Fuji is now higher than last eruption, warn experts  By Liat Clark 06 September 12
http://www.wired.co.uk/news/archive/2012-09/06/mount-fuji

現在の富士山の圧力は前回の噴火時よりも高いと専門家が警告している  記事、Liat Clark 2012年9月6日



現在の富士山のマグマ溜まりの圧力は、この4,000m近い日本の火山が最後に噴火した1707年よりも高くなっており、火山学者達は災害が間近だと考えている。

防災科学技術研究所が実施した最新の計測では、圧力は噴火の引き金となる0.1メガパスカルの16倍近い1.6メガパスカルを示したという。

藤田英輔主任研究員共同通信に話したところによると「これは小さな数字とは言えない」という。

研究者達は、東京の南西100Kmに位置する火山の大幅に遅れている噴火が何時かあると考えている。2000年と2001年には、火山の地下で群発する低周波地震が記録されたことから、噴火が近いという予測が広まった。2011年3月とそれに続く4日後のマグニチュード6.4の地震で、日本国内の緊張は高まっており、また2012年5月には琉球大学の教授が、蒸気とガスの噴火口からの放出、周辺での水の噴出、近辺の巨大な穴からの加熱した天然ガスの放出と、最終的にこの教授が警告を発する極めつけとなった、火山地下の34Kmにも及ぶ断層の発見という、幾つかの主要な要因を挙げて大噴火が3年以内に起きると警告している。断層にさらなるズレが生じた場合、山腹は完全に崩壊し、噴火の際に大量の泥と地滑りを引き起こす崩壊の原因となるだろうと専門家は示唆している。

2011年に発生した岩盤変動の局部集中は、マグマ溜まりに莫大な圧力を加える結果となった事が最新の計測結果で証明されているが、防災科学技術研究所は圧力は噴火の一要因に過ぎないとして警告の表現を弱めている。しかしながら、1707年の地震それ自体が、その後のマグマ溜まりの圧力を上昇させる結果につながる地震の原因となっている。

「2011年に発生した地震後数年内の富士山噴火の可能性があるため、今後の展開を注意深く見守る必要がある」と代表者は話している。

2004年の政府報告では、噴火による被害額は190億6,000ポンドと推定されている。しかし、新たな調査が静岡県によって行われている。調査は、さらなる地震の発生が間近であると懸念されている南海トラフに沿った東海、東南海及び南海地域における、一連の同時多発地震による潜在的ダメージに焦点を当てている。この地震の最新モデルによると、最悪の場合32万3,000人が死亡し震動が富士山噴火の引き金となるという。


333だそうです)


神奈川、山梨そして静岡など影響を受ける地域では、地方自治体間で計画向上と2013年4月の避難所準備のための会合を行い、2014年までに避難訓練実施を計画しているという





インセプション

『インセプション』(原題: Inception)は、クリストファー・ノーラン[Christopher Nolan, 1970.7.30-]監督・脚本・製作による2010年のアメリカのSFアクション映画。 (注:クリストファー・ノーランは、イギリス出身の映画監督・映画プロデューサー・脚本家)


(左端がクリストファー・ノーラン)


・・・クリストファー・ノーランが10年ほど前から構想を練っていた脚本であり、イギリス系アルゼンチン人の作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘス著「伝奇集」の短編「The Circular Ruins(円鐶の廃墟)」や「The Secret Miracle(隠れた奇跡)」から着想を得たという[9][10]。 2009年2月11日、ワーナー・ブラザーズよりノーランから本作の脚本を購入したことが発表される[11]。

同年6月19日に東京で製作が始まり、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、タンジェ、カルガリーなど世界各所で撮影が行われた[12]。

東京では、新幹線車内での撮影やヘリの空撮、都内の高層ビル(アークヒルズ[13])のヘリポートでの撮影が行われた[14]。

また、映画の中に新幹線の走行シーンが登場するが、


制作側から日本のイベント・映画製作会社に「緑あふれる田園風景を新幹線が駆け抜ける場所[15]」との依頼があり、「監督(クリストファー・ノーラン)好みの車両がすれ違うシーン[16]」を調べたうえで、静岡県富士川付近で撮影された[14]。

主要な撮影は713日より開始された[17]。








おまけ



「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々 2011年 04月 12日
http://quasimoto.exblog.jp/14593173/


ちきゅう号
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/index.html

IODP南海トラフ地震発生帯掘削計画(南海掘削)
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/Expedition/NantroSEIZE/

現在のちきゅう
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html

御存知、現在は青森~道南(つまり六ヶ所村)準備中

ODP第337次航海 下北八戸沖石炭層生命圏掘削


これも重要ページ

商用電源周波数の境界線と分割統治について考える&新幹線 2012/6/8(金) 午前 4:33 (インセプションなどの映画と富士についての論考)
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/archive/2012/6/8

地球が静止する日


(これも仕組まれていることです)


9月8日 8時45分に中米の火山が噴火した 2012/9/9(日) 午後 4:28
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/63950731.html

ノウイング










これは何だろう
以上は「さてはてメモ帳」より
「9.11テロ」「ロンドンテロ」「3.11テロ」等の権力犯罪を引き起こした悪魔の連中の手口は、自然災害を装った攻撃を仕掛けてきます。それを利用して莫大な利益を得ようとするのです。「3.11テロ」では140~150兆円の資金を日本より強奪しています。虎の子の資金を取られて、金庫が空っぽとなり、野田内閣は待ったなしの消費税増税を強行しています。金庫が空っぽになった理由を国民に素直に説明するのが国会議員の義務です。嘘はだめです。                                      以上

« 内部被曝による心不全他 | トップページ | 尖閣購入問題は、中国や台湾に対して失敗できない外交問題(5/5) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山はまだ「頑張って」いるんですか?:

« 内部被曝による心不全他 | トップページ | 尖閣購入問題は、中国や台湾に対して失敗できない外交問題(5/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ