カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 中部地方でも放射能の影響があり | トップページ | 原子力規制委員長・田中俊一氏とはどんな人物か(3/4) »

2012年9月24日 (月)

福島県角田市にて「ツバメの尾羽の不均一な個体を複数確認」そして高濃度のセシウム検出

宮城県角田市にて『ツバメの尾羽の

不均一な個体を複数確認され、巣

から高濃度のセシウムが検出された』と話題


すでに3月に、環境省の調査でツバメの巣がとんでもなく汚染されてると発表がありましたので、ツバメがヤバイ!とは皆さん分かってらっしゃるかもしれませんが、
ツバメの巣140万ベクレル 離れれば「影響なし」 

日本野鳥の会ツバメさんがTwitterで、宮城県角田市にて
『ツバメの尾羽の不均一な個体を複数確認され、巣から高濃度のセシウムが検出された』とツイートし、やはり!と話題になっていますので紹介。

宮城県角田市
宮城県角田市


>ツバメの尾羽の不均一な個体を複数確認しました

チェルノブイリの高度汚染地域に生息するツバメと全く一緒だね!
ココの下部見て福島県内のチョウの羽や目に異常。「放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれている」 とネイチャー誌に発表され話題


こんなこともあったよね(関係あるかは不明ですが)
今年もまた、飯田市の浄水場・汚泥処理施設でツバメが大量死


遺伝子を何者かが破壊し、確実に、生態系を破壊しつつあるね。


もちろん個体による被影響度は異なるんだろうけど、
動物に影響が出て、人間に影響が出ないというのは、人間の思い上がり。
じゃない!?


hosono 『じゃあ、とりあえず福島県民のゲノム調査しようか』

福島県民を対象に「全ゲノム解析調査」に着手すると細野環境相が発表

違う、違う!そうじゃ、そうじゃな~い

違う、そうじゃない


 
 

以上は「日々雑感」より

ツバメの異常はやがて人間に影響して来ます。今でも、大丈夫だ、大丈夫だと国民を騙している連中は、現実に健康を害したらどういう責任を取るつもりなのか説明してもらいたいものです。唯ではすまないことを言っておきたいと思います。そのときには天罰が下るでしょう。                                         以上

« 中部地方でも放射能の影響があり | トップページ | 原子力規制委員長・田中俊一氏とはどんな人物か(3/4) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中部地方でも放射能の影響があり | トップページ | 原子力規制委員長・田中俊一氏とはどんな人物か(3/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ