カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 平家滅亡の経済学、末法思想(5/8) | トップページ | T・P・Pは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 »

2012年10月14日 (日)

極秘軍事技術シリーズ(11)瞬間移動とタイムトラベル技術⑧

瞬間移動技術とタイムトラベル技術 (8)

極秘軍事技術シリーズ(11)

瞬間移動技術とタイムトラベル技術 (8)

未来へのタイムトラベル
軍の施設で週3回(科学史、宇宙人情報、一般に知られていない本当の古代史など、その他CIA訓練で、小刀の使い方をはじめ、空手、合気道なのどの護身術、スパイのやり方等も含む。)1970年より長時間にわたって訓練を受けましたが、その教科課程のなかの一つに例のモンタックチェアー(極秘軍事技術シリーズ1-3を参照してください)
に座って自分の人生で未来に何をするのかを知る練習がありました

モンタックチェアーに座ると、将来の自分になることができます。
そしてそれを心の眼で見る事ができるのです。プロジェクト計画で一緒だった友人が今日は誰になったの?とき彼に聞いた時に、今日は、シアトルに住む弁護士だったヨ、と言った事を覚えているそうです。
(かれは、現に今 それから40年ほど経ってシアトルに住む弁護士です)

それから、クロノバイザーと言う装置があります。
もともとイタリアのカトリック教会の科学者で神父のペレギリーノ マリア エミエティという人が、グレゴリア聖歌の和音構成を研究しているときに、発見した効果で、過去あるいは未来の映像と音声を受信することが出来る物です。

その装置は平面画像でいわゆる2-Dですが、米軍は、それを元に3-Dの立体画像と音声が受信できる装置を開発しました、その効果場に立っていると、画像に写っている人と会話を交わしたりする事ができます。
この装置は、ニュージャージーに3箇所、そのひとつは、モリスタウンにあり、未来へのタイムトラベルの調査はもっぱらここでおこなわれました。
もうひとつの新しい機械は、ナッテリーのITT 防衛施設通信研究所にありました。アンディ君は、チタニウム皮膜に覆われたスーツに身を包み、クリスタルで出来ているヘルメットをかぶって約75cmほどの高さの台の上に立ちます。(それでも顔に火傷をしたそうです)
調査は、2013年にワシントンD.C.有る、最高裁判所がどうなっているがを調査する事です。

そこで水しぶきを感じたという事です。どうやら最高裁判所は、水面下に有る様なのです。それもかなり下の方で深さ30m位は有るようです。
以上は「mituboshi のブログ」より
(クロノバイザーから得られる画像は、タイムラインのひとつに過ぎず、未来が本当にその通りに、なるかどうかは、確率的にしか判らないそうです。

また近年なってその技術が噂されている所謂、ルッキング グラス技術というものがありますが、それから得られる画像も、確率的なもので、見る人によって将来の映像が違うそうです。また、ここで説明が必要なのは、なぜ大人では、なくてわざわざ子供がそういった危険な思いをしてまでこういったことのしなければならにかです。その理由は、いかにこうした装置を調整して、設定しても、大人がそこに立つと、その当時の技術では、
心臓の鼓動または、息ずかいなどが、効果場に影響して、装置が作動しなくなってしまうからなのです。)

冷や汗をたっぷりかいたアンディ君は、汗でだくだくになった足をブーツから抜きますと、後ろで見ていたと思っていた、お父さんがいないので、すぐにお父さんを探しにいきます。
(つづく)
以上は「mituboshi のブログ」より

« 平家滅亡の経済学、末法思想(5/8) | トップページ | T・P・Pは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極秘軍事技術シリーズ(11)瞬間移動とタイムトラベル技術⑧:

« 平家滅亡の経済学、末法思想(5/8) | トップページ | T・P・Pは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ