カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 橋下徹と日本維新の会、その② | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(7)瞬間移動とタイムトラベル技術④ »

2012年10月10日 (水)

平家滅亡の経済学、末法思想(1/8)

日本史ミステリー・銭をつぶせば救われる!? 宋銭普及の謎も、平安後期の「末法思想」がすべての始まりだった

    •  ここまで2回の記事で追ってきた"宋銭普及の謎"。

 既にお気づきになった方もいるかもしれませんが、解くべき謎は1つではないのです。

 1つ目の謎は「宋銭が日本で普及した理由」。

 そして、これと表裏をなす2つ目の謎---それは、そもそもの問題である「宋銭が導入されたきっかけ」はなんだったのか? です。

1つ目の謎の答えは・・・

 「宋銭が普及した理由」については、これまでに

(1)宋銭は当時、国際通貨であったこと
(2)生産力向上・商業発達で、貨幣代わりの絹・米では支障が生じてきたこと
(3)過去に和同開珎などの貨幣の歴史があったこと

 の3説にふれ、それぞれが「宋銭が普及した理由」の決め手にはならない、と結論づけてきました。

 しかし、決して全否定したわけではありません。視点を少し変えてみれば、この3説すべてが普及理由を考えるヒントにもなるのです。

 たとえば、当時の人は"銭"を貨幣と認識していなかった、「国際的に使える銭だから」というのは広まる理由にはならない。しかし、なんらかの理由で"銭"としてではなく"モノ"として宋銭を欲しがる人々がいて、どんどん流通していったのではないか・・・。

 また、ひとたび通貨として信認されれば、その利便性・価値の安定・貯蓄性から普及の勢いは止まることを知らなかったと思われます。

 そして、200年前に廃れた国産貨幣と違って、宋銭が上質な銅でつくられていたことが普及に一役買った可能性もあります。

以上は「現代ビジネス」より

« 橋下徹と日本維新の会、その② | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(7)瞬間移動とタイムトラベル技術④ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家滅亡の経済学、末法思想(1/8):

« 橋下徹と日本維新の会、その② | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(7)瞬間移動とタイムトラベル技術④ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ