カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 平家滅亡の経済学、宋銭普及の鍵をにぎる「ドル化」他(4/8) | トップページ | マイナス金利の世界に踏む込むデンマーク(1/3) »

2012年10月 5日 (金)

極秘軍事技術シリーズ(2)マインドコントロール①

極秘軍事技術シリーズ(2)

マインドコントロール(1)

モンタック基地に於いて、つずけられた実験は、正式にフィニクスII 計画と呼ばれました。

425Mhz ~450Mhz対の領域で人間に影響があるのは、フィニクスI計画 の時にすでに分かってにましたので 40年代から50年代にかけて用いられた、古い基地のレーダー塔は、反射板の大きさといい、付いている発信機類といい、丁度都合がよっかたのです。
其れでパルス波長の入/切の速度、周波数、など、ありとあらゆる考えられる限りのいろいろな組み合わせを施設にいる軍人に内緒で、黙って、発信したりしました。ほとんど何ギガワットという大出力でです。
近距離でそんなことをするものですから、中には、火傷したり、生命の危機に落としやられる人も出て来ましたが、そんなことには、お構えなしに実験は、どんどん進められていきました。
其れで軍人の気分が変わったり、犯罪率を上げてみたり、イライラさせてみたり、町の中に住んでいる一般市民にも影響を与える実験をしていました。

また、ある変調の組み合わせ次第では、自家用車の電気系統に働きかけてまったく作動しない様にすることが発見されました。

いろいろと試みられた後、発信周波数を、非常に短い時間で切り替えていくやり方が一番人間に影響が与えやすいという事を発見しました。そうこうしているうちに好奇心旺盛の計画研究員に新しい、素晴しいおもちゃがあるという噂が入いってきました。

それは、一種の椅子で、センサーがついており、人間の思考を読み取ることが出来ると言った装置で、50年代に秘密裏にITT社で使われたものです、もともとシリウスA(シリウスも連星でAとBがあります)星人が持ってきた物のようです。その後、地球人に合わせて改良されていました。(この特別な椅子は、映画『トータルリコール』に出て来る物とよく似ているそうです)

設定は、以下の通りです、ピラミッド型に配置された3組のもともとニコラテスラのデザインだったものを応用したホルメツコイルを、XYZ軸に対応する、想念エネルギー場の変動及び、電磁背景マトリクスに伴なう時間要素を、検出するように配置し、3個の特殊シリウス型クリスタル受信機に依って電流/電圧の変化に直し、D/A(アナログ/デジタル変換機)コンバーターを、通した後、6チャンネルのデジタル信号にして、クレーワン、コンプピューターにつなぎます。この設定を正しくデルタT型トランスミッション施設にいれることによって信号のフィードバックを無くすまで実験は、何年もつずけられました。

完成すると、色々な現象テストをする事が出来ました。この椅子に座る人が或る物質のことを思って想念を集中すると、何も無いところにその物が出現するといったものです、また他人に神経を集中すると椅子に座っていた人が思っている事をやらせることができました。

すると、だんだん実験の目的が必ずしもよいことに使われるとは、限らないことが研究者の間でわかって来たのです。

人間の思考を遠隔操作することとか、他人の思っていることの別の人の頭に、または、記憶に入れることとか、催眠術が及ぼすよりもっと下の、人間の潜在意識より下の意識レベル(何層にもなっているのが発見されました)に、影響を及ぼす方法を、探す方向に研究進められでいきました。

(続ずく)
以上は「mituboshiのブログ」より

« 平家滅亡の経済学、宋銭普及の鍵をにぎる「ドル化」他(4/8) | トップページ | マイナス金利の世界に踏む込むデンマーク(1/3) »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極秘軍事技術シリーズ(2)マインドコントロール①:

« 平家滅亡の経済学、宋銭普及の鍵をにぎる「ドル化」他(4/8) | トップページ | マイナス金利の世界に踏む込むデンマーク(1/3) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ