カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米連銀・FRBの犯罪行為とは! | トップページ | 3人に1人どころではない、約半数の子供に異常がある »

2012年10月29日 (月)

シリアで殺害された山本美香さんのパートナーが語る(2/2)

シリアで死亡したジャーナリスト山本美香さん パートナーが当時を振り返る

2012.09.06 Thu posted at 16:31 JST

佐藤さんは、1人の男が緑色のヘルメットをかぶっているのが目に入った瞬間、シリア政府軍の兵士だと思ったというが、確かめるすべはなかった。佐藤さんが体を反転させて走りだすや、銃声に続いて自動小銃の掃射音が聞こえてきた。佐藤さんは「自分に当たると思った」と振り返る。山本さんと離ればなれになったのはその時だったという。

1時間後、佐藤さんは山本さんの無事を信じて行方を探していた。山本さんが死んだとは全く思わなかったという。

反体制側の兵士に山本さんはどこかと尋ねると、「病院にいるから自分で行って会ってこい」と兵士にいわれたという。病院の1階のロビーに、ストレッチャーに乗せられて布で包まれた遺体があった。その時、佐藤さんには、それが山本さんだと分かったという。

佐藤さんは外国人ジャーナリストゆえに山本さんが狙われたと考えている。佐藤さんによれば、武装した男たちの1人はこう叫んだという。「あそこにいるぞ。日本人だ」。だが、山本さんが死の直前まで撮影していたビデオからは、何を言っているのかはっきりと聞き取るのは困難だ。

佐藤さんはこのビデオについて、「ビデオの中で彼女は生きている」と語る。佐藤さんには、これをどう扱えばいいのか分からないと話す。

佐藤さんは東京のシリア大使館に対し、銃撃事件の真相究明を求める要望書を提出した。だが回答が得られるかどうかは望み薄だと言う。

「美香は私の仕事上の、そして個人的にも人生のもっとも大切な一部分だった。彼女は私の右腕であり、左腕であり、すべてだった。彼女がいなくなり、どうしたらいいか分からない」と佐藤さんは語った。

以上は「cnn.co.jp」より

« 米連銀・FRBの犯罪行為とは! | トップページ | 3人に1人どころではない、約半数の子供に異常がある »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアで殺害された山本美香さんのパートナーが語る(2/2):

« 米連銀・FRBの犯罪行為とは! | トップページ | 3人に1人どころではない、約半数の子供に異常がある »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ