カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 極秘軍事技術シリーズ(4)瞬間移動技術とタイムトラベル技術① | トップページ | 「トモダチ作戦の請求書」実は無償ではなかったのだ・仕事だ »

2012年10月 7日 (日)

マイナス金利の世界に踏み込むデンマーク(3/3)

「まるで量子物理学のようなものだ」と前出のクレッシン氏は言う。「金利はゼロまで下がってきて、政策は超緩和的だ。だが、ゼロを下回ると、銀行システムにコストを課すことになるため、ある意味では政策を引き締めることになる」

 デンマーク国立銀行の当局者は、貨幣の流通量にも目を光らせている。これまでのところ、商業銀行はまだ当座預金にマイナス金利ではなくゼロ金利を適用していることから、人々が現金を貯め込む動きは見られない。

 だが、中央銀行の高官は、CD金利が例えばマイナス1%まで低下した場合には、銀行も顧客に費用を負担させることを迫られるかもしれないと認めている。

他国の教訓にはならない?

 ペッグ制を守るというデンマークの強い姿勢を考えると、特にECBが再び利下げした場合には、今後、一段と大きくマイナス領域に踏み込む可能性も排除できない。

 だが、デンマーク経済の規模が比較的小さいことやペッグ制が存在することなどから、他国の中央銀行がデンマークの実験からどれだけ多くのことを学べるのか疑問を投げかける評論家もいる。

 「ECBは何か教訓を得られるだろうか? 私の見るところ、それはあまりに無理がある」とクレッシン氏は話している。

By Richard Milne
© The Financial Times Limited 2012. All Rights Reserved. Please do not cut and
paste FT articles and redistribute by email or post to the web.
以上は「JB PRESS」より

« 極秘軍事技術シリーズ(4)瞬間移動技術とタイムトラベル技術① | トップページ | 「トモダチ作戦の請求書」実は無償ではなかったのだ・仕事だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナス金利の世界に踏み込むデンマーク(3/3):

« 極秘軍事技術シリーズ(4)瞬間移動技術とタイムトラベル技術① | トップページ | 「トモダチ作戦の請求書」実は無償ではなかったのだ・仕事だ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ