カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 民主党落選議員182名実名リスト | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(11)瞬間移動とタイムトラベル技術⑧ »

2012年10月14日 (日)

平家滅亡の経済学、末法思想(5/8)

 その謎の答えこそ、「宋銭」です。

 宋銭は、銅製の貨幣です。そして、宋銭が大量に輸入されたことは、日本側の記録にも宋側の記録にも残っています。

 経筒や仏具をつくるためにどうしても銅が欲しかった寺社勢力は、宋銭を"銅の原材料"として輸入したのではないか、と考えられるのです。

 お金を材料に使うなんて信じられない・・・と現代人なら思うのでしょうが、前回お話したとおり、国産貨幣が廃れて久しい当時は貨幣に対する信頼が失われていました。

 そのため宋銭を経筒などの仏具に代えることに対して、なんら躊躇はなかったと思われます。

『経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書』
著者:山田 真哉
⇒本を購入する(AMAZON)

 一方、宋では、貴重な資源の国外流出を防ぐため、銅は禁輸品目でした。ちょうどこの頃には、雲南や広東にあった銅の鉱床も枯渇し始めています。1158年には、銅銭を鋳造するために銅製品の接収を命じるほど、銅が足りなくなっています (*2)。

 もちろん、宋銭も禁輸品目になっています。宋銭が流出しやすい西方の国境付近の地域(四川など)では、住民の銅銭使用を禁止し、かわりに素材価値の低い"鉄銭"を使わせていたぐらいです。

 しかし逆に、海に面した地域では銅銭は禁止されておらず、庶民の間にも流通していたので、そこから集めて国外に持ち出すのは難しいことではありませんでした。

 それに目をつけた寺社勢力は、「銅製の経筒がほしい!」という高僧や貴族たちの要請に応じて、宋銭の輸入を始めたのです。

なぜ"銅"が一番人気だったのか?

 これまでの説明で、みなさんの頭の中には「経筒=銅」というイメージができあがってしまったかもしれません。

(*2)それでも銅不足と銅銭の海外流出が止まらなかったので、交子(こうし)や会子(かいし)といった世界で最初の紙幣が使われることになります。
以上は「現代ビジネス」より

« 民主党落選議員182名実名リスト | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(11)瞬間移動とタイムトラベル技術⑧ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家滅亡の経済学、末法思想(5/8):

« 民主党落選議員182名実名リスト | トップページ | 極秘軍事技術シリーズ(11)瞬間移動とタイムトラベル技術⑧ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ