カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(6/8) | トップページ | 食糧危機、干し上がる世界の穀倉地帯 »

2012年10月23日 (火)

「犠牲になるのは未来の世代」国際医師団が勧告

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 08/29/2012 - 08:43

ノーベル平和賞を授賞した国際的な医師などの組織IPPNW(核戦争防止国際医師会議)は29日、東京・永田町の衆議院会館で記者会見を開き、東京電力福島第一原発事故の政府の対応が不十分であると勧告を行った。
 
勧告の内容は、子どもや子どもを出産できる年齢の女性の年間被ばく線量が、1ミリシーベルト以上と予想される時は、移住の住居・雇用・教育などの面で補償が行われるべきとの点や、原発作業員の生涯にわたる放射線被ばく登録管理制度の早期確立など。
 
IPPNWは、24日から26日まで、広島で開催された第20回核戦争防止国際医師会議に出席、27日には東京で福島の原発事故と人々の健康というテーマで国際シンポジウムを開催、28日には、福島県川内村の水田、仮設住宅などを訪問、福島県立医科大学の教授などと意見交換を行った。
 
IPPNWの共同代表ティルマン・ラフ氏は、日本政府や政府のために働いている専門家に対して、「年間100ミリシーベルト以下の被ばく線量が安全であるという科学的な根拠はありません」と批判した。福島県川内村の仮設住宅で暮らす人びとを訪問したというインド医師連盟の事務総長アラン・ミトラ氏は、「地域の除染は必要だが、日本政府は被ばくの危険性を少なく評価している」と話した。
科学者のパトリス・サットン氏は、今回の視察で、原子力が人の遺伝子を崩壊させるだけでなく、家族や地域のつながりを破壊してしまっていると感じたという。「土壌は汚染され、何世代にもわたり健全な食べ物をつくれない、ツケを払うのは未来の世代だ」と話し、日本政府が原子力エネルギーの選択を続けるのは間違っていると訴えた。
 


【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

以上は「our planet -TV」より

今では、日本政府の対応が無責任すぎるので国際的に批判されています。しかし日本政府は聞く耳を持たないようです。それどころか、国民の関心を海外に向けようとして「竹島」「尖閣」などに騒動を引き起こしている有様です。誠に酷い連中です。国民の命など守る意識などないのです。権力と金が中心です。                 以上                               

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(6/8) | トップページ | 食糧危機、干し上がる世界の穀倉地帯 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「犠牲になるのは未来の世代」国際医師団が勧告:

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(6/8) | トップページ | 食糧危機、干し上がる世界の穀倉地帯 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ