カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 極秘軍事技術シリーズ、電磁波 | トップページ | ダウン症を克服したイギリス社会 »

2012年10月 3日 (水)

福島県、医師流出止まらず

福島県 医師流出止まらず

NEW !
テーマ:
原発事故の影響による県内の医師数減少に歯止めがかかっていない。

2024人いた病院の常勤医は8月現在で79人減少し、特に県中

地域では医師の流出が深刻化している
。救急医療への影響も懸念され

県外に流出した医師やその家族に対する安心確保策が急務となっている。

県内の医療関係者が参加して23日に開かれた県地域医療対策協議会で

県が明らかにした。県の調査によると、8月1日時点で県内の病院に

勤務する常勤医数は1945人で、原発事故前の2024人から79人減った

原発事故前と比較した減少数は、昨年8月時点が46人の減少

昨年12月時点が71人の減少と拡大。今年4月は64人減と

改善の兆しが見えたが、8月にはさらに15人が減少した。

地域別にみると、減少数が最も多いのは相双地区の46人だが、大半が

避難区域で休止中の病院に勤務していた双葉郡の医師。相馬

やいわきの医師数はほぼ震災前まで回復したという。

一方、県中地域では31人の減少と医師不足が深刻化している

この日の協議会では「診療科によっては今にも崩壊しそうな病院が

ある」などの訴えが相次いだ。

県は昨年度、被災した医療関係者を雇用する病院への人件費補助などに

3億1千万円を支出。県内病院への就職に結びつけるドクターバンク事業で

4人が就業するなど対策に懸命だが、震災前の水準に届いていない。

県病院協会の前原和平会長は「医師の家族の安心につながる対策や

復興への意欲を持つ医学生の育成に取り組むことが重要」と話した

ソース
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000001208250004

当たり前の現象ですね。

放射線管理区域以上の汚染度なのですから。

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216

最近の画像つき記事[ 画像一覧へ ]

以上は「まっちゃんのブログ」より

医者も人の子、死ぬのは嫌です。放射能が危険なことは良く知る立場ですから、当然なことです。年だから、もう死んでも良い人が、希望して、福島県の医師として、頑張れると良いのですが、そのような奇特な医師を求めているようです。患者と共に人生を送れる人が良いのです。                                  以上        

« 極秘軍事技術シリーズ、電磁波 | トップページ | ダウン症を克服したイギリス社会 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県、医師流出止まらず:

« 極秘軍事技術シリーズ、電磁波 | トップページ | ダウン症を克服したイギリス社会 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ