カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(7/8) | トップページ | 乳酸菌の威力 »

2012年10月24日 (水)

ヒヤリ、ハット、事例、過去最多に、放射能汚染被曝の影響も!

ニュース詳細

ヒヤリ・ハット事例 過去最多に
9月3日 5時25分

K10047266411_1209030525_1209030537_

K10047266411_1209030526_1209030537.mp4

医師や看護師などが、重大な医療事故につながるおそれを感じたいわゆる「ヒヤリ・ハット」の事例が、去年1年間に全国の主な医療機関で62万件余りに上り、これまでで最も多くなったことが分かりました。

ヒヤリ・ハットは、医師や看護師、薬剤師などが一歩間違えれば重大な医療事故につながるおそれを感じ、「ヒヤリ」としたり「ハッ」としたりした事例です。
医療事故などを分析している日本医療機能評価機構によりますと、去年1年間に全国456の医療機関から報告されたヒヤリ・ハットの事例は62万7000件余りで、前の年よりも6万7000件増え、過去最多になりました。
このうち最も多かった事例は、薬の処方や投与に関するもので、全体の3分の1に当たる20万8000件でした。
処方する薬の量を間違えたり、名前が似た別の薬を処方したりしたケースが多く、重大な事故につながったと考えられるケースもおよそ600件あったということです。
入院患者の日常生活を巡る事例では、転倒が最も多く、食事を配り間違えアレルギーを起こしそうになったケースもあったということです。
日本医療機能評価機構は「医療機関で、ヒヤリ・ハットを事故防止につなげる意識が定着し、件数が増えたとみられる。ほかの病院での事例も参考に重大な医療事故を防いで欲しい」と話しています。

以上は「NHK web」より

こんなニュースが見えない被曝を反映していると思う 被曝と言えばガン白血病と思ってる人が多いが、実は99%が、ありふれた物忘れ、うっかりミス、鼻血、下痢、風邪、歯槽膿漏、水虫、不整脈のような心臓異常などとして現れる 橋本病の症状を参照、tokaiamaより、小生もこれらの症状を既に経験しています。「3.11テロ」事件直後に先ず、鼻血を出す、その後は、歯痛、水虫、高血圧、うっかりミス、抜け毛、皮膚炎、疲れ易い等です。これで大分寿命が縮んだ様です。政府の人口削減政策に寄与させられた模様です。以上

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(7/8) | トップページ | 乳酸菌の威力 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒヤリ、ハット、事例、過去最多に、放射能汚染被曝の影響も!:

« 平家滅亡の経済学、通貨に秘めた清盛の野望(7/8) | トップページ | 乳酸菌の威力 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ