カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« NASAが隠していたUFO | トップページ | 「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか »

2012年11月 3日 (土)

アーニー・ガンダーセン記者会見「福島原発解体には100年かかる」

アーニー・ガンダーセン記者会見「福島原発解体には100年かかる」


テーマ:
福島第一原発の事故直後に、メルトダウンの可能性などを指摘してきた

アメリカの原子力専門家、アーニー・ガンダーセン氏の記者会見が

9月5日、自由報道協会で開かれた。

「3号機、4号機の爆発は何だったのか?」という質問に対して氏は

「原因は未だに誰もわからないというのが本当のところだろう。

ただ、3号機の爆発は、私がこれまで見たものとはまったく違っていた。

1950年代のアメリカが似たような爆発を起こす実験(核実験)をしていた」

と答えている。そして、「何で爆発したのかわかっていないのに再稼働

している」と日本政府と東電を非難。


また、「日米で収束に関する対応の違いはあるのか?」という問いには

「収束への対応に違いがあるとは思わない。しかし、チェルノブイリ事故が

いつ起ったかはみんな知っているが、いつ収束したかは知られていない。

それは福島原発事故も同じだろう」と発言。

チェルノブイリ事故はまだ収束しておらず、福島原発事故もいつ収束するのか

まだ目処もたたないというのが氏の考え方なのだろう。

というのも、「福島第一原発を解体するのに100年かかるという予想を認めざるを

得ない」という。
解体を30年でやるということは技術的にできるかもしれないが

解体することによって、周辺が被曝してしまう可能性があるというのだ。

セシウムの半減期は30年。30年たって半分になり、60年たって4分の1になる。

90年で8分の1。解体時には人の作業が必要なので、安全のためには

セシウムの影響が少なくなるまで待ったほうがいい。

今後、100年かけて日本人は福島第一原発の解体に取り組んでいかなければいけないのだ。
 

今後は「福島第一原発を東京電力から切り離し、海外の専門家を含めて

プロジェクトチームを立ち上げることが必要。

日本人が政府を説得できることを期待している」とした。

情報が乏しく、具体的に何が行なわれているかなかなか情報が伝わって

こない福島第一原発事故の処理状況。誰も何もわからない中で

私たちは今、暮らしている。

ソース
http://news-log.jp/archives/3580



Video streaming by Ustream

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216

ペタしてね
最近の画像つき記事[ 画像一覧へ ]

以上は「まっちゃんのブログ」より

これから、100年掛かるとはなんと気の永いことでしょう。3世代も後のことです。原発事故は絶対起こしてはならない事故なのです。起こしても誰も責任がない日本と言う国は全くこの地球に住む資格がない民族です。このままでは、また必ず事故を起こすことになるでしょう。誠に困った国です。放射能汚染で地球が住めない惑星になってしまいます。以上

« NASAが隠していたUFO | トップページ | 「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« NASAが隠していたUFO | トップページ | 「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ