カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 平家滅亡の経済学、清盛痛恨のミスは「季節風」(1/7) | トップページ | 原発ゼロで電気代は2倍は大嘘 »

2012年11月12日 (月)

米国・イエローストーンの現状は(1/3)

地底に眠る超巨大火山「スーパーボルケーノ」、地球を脅かす可能性

2012.08.31 Fri posted at 15:42 JST

ワイオミング州イエローストーン国立公園(CNN) 訪れる人を圧倒せずにはおかない米イエローストーン国立公園。間欠泉が空中高く吹き上がり、地熱で温められた温泉は別世界のような青緑色を放つ。周囲にそびえる山々は野生生物の宝庫でもある。

しかしこの美しい国立公園の地底には、米国土の広範に甚大な被害をもたらし、地球全体を変えてしまうほどの威力を秘めた超巨大火山「スーパーボルケーノ」が眠る。

人類はまだ、その噴火の規模を体験したことはない。イエローストーンのスーパーボルケーノが最初に噴火したのは210万年前。その規模は、1980年に57人の死者を出した米セントヘレンズ火山噴火の少なくとも2万5000倍だったとされる。さらに130万年前と64万年前にも別の2つのスーパーボルケーノが超巨大噴火を起こした。

スーパーボルケーノは普通の火山のように円錐形の山の山頂に噴火口があるのではなく、前回の巨大噴火で地面が吹き飛ばされてできたカルデラと呼ばれる広大な窪地で形成されている。ユタ大学イエローストーン火山観測所のボブ・スミス所長は、活火山が集中する地形を表現する言葉としては、スーパーボルケーノよりも「ホットスポット」と呼ぶ方がふさわしいと解説する。

以上は「cnn.co.jp」より

イエローストーンはその前兆現象より、いつ噴火しても不思議でない状況と言われてきています。日本の富士山、北朝鮮の白頭山の噴火が近いといわれていますし、これらの山が噴火すれば、イエローストーンも噴火の可能性が高くなりそうです。何れにせよ、2015年までにはいずれかの山が噴火するものと思われます。            以上

« 平家滅亡の経済学、清盛痛恨のミスは「季節風」(1/7) | トップページ | 原発ゼロで電気代は2倍は大嘘 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国・イエローストーンの現状は(1/3):

« 平家滅亡の経済学、清盛痛恨のミスは「季節風」(1/7) | トップページ | 原発ゼロで電気代は2倍は大嘘 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ