カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国・イエローストーンの現状(3/3) | トップページ | イラン核問題に関する新しい対話の可能性 »

2012年11月14日 (水)

9月11日より2014年に向かって全世界は騒然となっていく


反日デモ隊が警官隊と衝突

◆9月17日

 日本政府の尖閣諸島購入のニュースで沸き起こった反日デモが中国各地で大暴れしているようだが、実はこの時期、全世界で以下のように各種の理由によるとはいえ、デモによる抗議運動が行われていた。

 以下の記事で見れば、抗議デモの内容は、日本の尖閣諸島国有化に反対するデモ、反プーチンのデモ、ヨーロッパ諸国の緊縮財政に反対するデモ、そしてイスラム教を冒涜する映画を製作したアメリカに抗議するデモ、と分けられる。探せばまだほかにもあるかもしれない。

 全世界が騒然としてきた・・・と言えそうだ。この件についていつも引用する伊勢白山道は「2014年に向けて、今年の9月11日から始まったと感じます」と言っている。この日は駐リビヤ米大使が殺害された日である。またこの日は9・11同時多発テロの起きた日でもある。

 この重要なメッセージである伊勢白山道の9月ブログ内容を全文引用して掲載する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●反プーチンのデモ隊がその強さを示した
http://www.reuters.com/article/2012/09/16/us-russia-protest-idUSBRE88E06R20120916?feedType=RSS&feedName=topNews&rpc=71
9月16日




●反緊縮策デモ隊がスペインとポルトガルで抗議デモ
http://www.newser.com/article/da1a75ko2/large-anti-austerity-demonstrations-take-shape-in-spain-and-portugal.html
9月15日

●反米デモ隊がカイロのアメリカ大使館近くで警官隊と衝突し一人死亡
9月14日

●デモ隊がドイツ大使館に殺到
http://www.bloomberg.com/news/2012-09-14/german-embassy-in-khartoum-under-attack-foreign-minister-says.html
9月15日

●反米デモ隊がチュニジアの米大使館に殺到し火の手があがる
http://www.huffingtonpost.com/2012/09/14/tunisia-embassy-protest-b_n_1884283.html
9月14日


火の手が上がる米大使館付近

●イスラエルでもムスリムの抗議デモ発生
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4281556,00.html
9月15日


騎馬警官が出動したエルサレム


●ロンドンの反米デモ隊は米国旗を焼き捨てる
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jvnn_NQDYccDCNlVlcx7zZR3dIjw?docId=CNG.7f23ea5f543b6342902a442e1feea6f4.801
9月14日


アメリカ国旗を焼くデモ隊


■変わる時は一瞬です 伊勢ー白山 道  2012-09-14
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20120914

 「9月11日」にアメリカのリビア大使が殺害されたのを皮切りに、アジアも含めて世界中で同時多発的に暴力事件が起こり始めています。
 昨日から中国では、一般の日本人に対しての暴力が起こり始めています。ほんとうに一部の人間だけが起こしていると思いたいです。
 これから「18日」の満州事変に関する怨恨の日に向けて、更なる日本人と関係施設への暴力が起こらないことを祈念しております。今はまだ男性に対しての暴力ですが、これが女性や子供にも及ばないように注意が必要です

 2008年のタイで起こりました選挙をめぐる反政府運動では、激しいデモや空港の占拠により交通機関の停止が簡単に起こりました。
 日本人の常識での治安感は、海外ではまったく通用しませんから、海外に居られる日本人は早めに何事も自己判断することが大事だと感じます。
 公的な機関からの注意とは、実害が発生してからでないと発表できない弱さと遅さがあります。

 ユーロの経済問題は、これから世界各国の共通問題となり、原油の高騰を巻き込みながら色んな物への不安定を起こさないかと懸念しています
 2014年に向けて、今年の9月11日から始まったと感じます
 こうなりますと、北欧のような小さな国ほど有利に安定し、大きな国ほど大変に成るのが宿命だと感じます。

 日本も海外拡大の時代は終わったと早めに自己判断し、「国内で生産して」内需と日本からの輸出に生きる企業が有利に成って行くと思います海外に投資した莫大な施設資産は、治安問題で簡単に放棄しなければ生けなくなる可能性を忘れては生けません。海外生産で激安コストにする計画は、非常なハイリスクに変化するでしょう

 戦後の経済計画では視野に入れなくて良かった、戦争と治安問題が第一に来る時代の始まりですから、今までの常識ではもうダメだと思います。
 やはり国家や企業の代表者の判断が、国民や社員の生命と財産を左右することに成るでしょう。

 
 日本は、閉じこもれば非常に強い結束力を発揮して、騒々しい海外とは一線を画す国に成れると思います。
 今からが、日本人の良心と忍耐力が試される時代だと思います。
 これで上手く生活できれば、理想とされる国家のモデルを海外に提示出来るでしょう。

 世界が変わり始める時は、ほんとうに一瞬に事が起こり始めると、今週に入ってから感じています。
 だから、改善するのも一瞬で起こると信じて頑張りましょう。

 2012年9月14日 10時46分頃 震源地 新島・神津島近海   (http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/)
 嫌な場所でも微震が発生していますから、今日も防災意識を持ちましょう。

 生かして頂いて ありがとう御座位ます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
「9.11テロ」「ロンドンテロ」「3.11テロ」の権力犯罪は、ある目的を持って行われています。世界統一政府の樹立です。その過程で世界の人口を70億から5~10億人程度に減らす目的もあるようです。当然白人を残す事が優先されます。このような酷い事が許される事が信じられません。                             以上

« 米国・イエローストーンの現状(3/3) | トップページ | イラン核問題に関する新しい対話の可能性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日より2014年に向かって全世界は騒然となっていく:

« 米国・イエローストーンの現状(3/3) | トップページ | イラン核問題に関する新しい対話の可能性 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ