カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島県の横暴、福島県立医大の悲劇 | トップページ | 電子レンジで一度温めた水の怖さ »

2012年11月 8日 (木)

医者の信頼性を回復して下さい

お医者さんの信頼性を回復してください(これも緊急です)

「tdyno.237-(6:35).mp3」をダウンロード

脱法行為を続ける医師が多いので、日本のお医者さんの信頼性を回復するように医師の方は力を尽くしてください。

 医師は公共の電波、情報、雑誌などを通じて「日本国民を被曝から守る法規定」について脱法行為を勧めないでください。
  医師は「医師」の免許を持っていて、診察と治療が可能ですが、法律に反して発言することは認められていません。

 医師で「法規の限度が11ミリシーベルトであるが、守らなくて良い」と認めている人がかなり多い。(本日は「公研」という権威のある雑誌に、ある医師が11ミリであることは分かっているが法規は守らなくても良いと言っていた。)
 医師がみずから医師免許を返還すれば、社会との直接的な関係がなくなるので「医学者」としての立場から自由に述べて良い。学問の自由は保障されている。

 ただ、多くの人が被曝している最中は控える。高速道路の制限速度を変えることはできるが、運転中に速度違反を教唆するのは犯罪行為である。これと同じで原発が爆発しなければ議論は許される。
 医師会は公然と医師の倫理に反する言動をくり返す医師免許の返還を求めるべきである(返還先は厚労省)。

11ミリシーベルトの法規制を変えるためには、1)原発が爆発せず、余計な被曝をしていないときであって、2)国の委員会などで議論されて改正案が提案され、3)国民の代表である大臣、あるいは議会で改訂されること、が前提である。

医師の違法発言によって、危険地域からの退避が遅れ、法規をこえる被曝をさせられている子供がいるので、医師会は医師免許返還の決定を急いで欲しい。

(平成24914日)

以上は「武田邦彦氏」ブログより

今の、医者は放射能汚染によると視られる健康被害を仲々認めようとしません。あの駄目な小宮山厚労相なので、役所から、そのようにするよう通達が出ているのかも知れません。小生も今年の健康診断時に地元八千代市の病院の担当医師に「3.11テロ」事件後の自分の健康異常を相談するもやはり否定しています。昨年3月20日頃に鼻血を出したことに付いて、関係ないとの返事です。この鼻血は、自分の娘も同じ日に出しています。地元の近所の人たちも同じように鼻血を出しているので、間違いなく放射能汚染によるものと思われます。医者は血圧が高いからそうなったとの見当違いの説明しかしません。これは医者に共通している傾向です。良心的な医者がいてもよさそうに思う次第です。 以上


 

« 福島県の横暴、福島県立医大の悲劇 | トップページ | 電子レンジで一度温めた水の怖さ »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医者の信頼性を回復して下さい:

« 福島県の横暴、福島県立医大の悲劇 | トップページ | 電子レンジで一度温めた水の怖さ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ