カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 9.11はモサドの仕業:アメリカ元海兵隊員 | トップページ | 平家滅亡の経済学、「平信長」は清盛の後継者?(2/5) »

2012年11月30日 (金)

「脱原発」で「オリーブの木構想」実現へ期待大!

「脱原発」を掲げる正真正銘の”第三極”小沢・嘉田連合が発足 ~「オリーブの木構想」がいよいよ現実に~

2012年11月28日 | Weblog

嘉田・滋賀県知事が「脱原発」を掲げた新党「日本未来の党」の結成を表明し、これに小沢一郎「国民の生活が第一」が合流することとなった。

一部で報じられているように、水面下で動き、綿密に準備を進めてこの絵を描いたのは間違いなく小沢代表であろう。

先日のエントリー「【衆院選】 新聞・TVの報じる「民VS自公VS第三極」”三つ巴の構図”に異議あり!」にてコメントしたように、今回の選挙の”真の構図”は「民自公連合+石原極右勢力 VS 小沢一郎ら中道左派連合」である。

即ち、これまで新聞・TVが報じ続けてきた「民VS自公VS第三極=石原・橋下新党」なる”三つ巴の構図”などデタラメだということである。

民主党は問題外としても、下野して3年、何の反省もみられず「原発推進」を公言し「軍国主義」の香りすらする自民党もイマイチ気乗りせず、ましてや橋下徹・維新の会に至ってはその変調ぶりにすっかり興ざめ感が漂う中、「どの党に投票してよいかわからない」という無党派層の方も、これで構図的にはハッキリと見えてきたのではなかろうか?

先のエントリーでもコメントしたとおり、「オリーブの木」戦略はイタリア・プローディ政権(1996)が誕生した際、その原動力となった中道・左派連合の名称であるが、小沢一郎代表は民主党を離党した7月時点で既に同戦略を掲げて”草の根”的に動き、今回、嘉田知事を擁立して「脱原発」を掲げた新党「日本未来の党」結成に繋げたのである。

新聞・テレビ報道ではあまり報じられていないようであるが、同党の後見人の中に京セラの稲盛和夫の名前があることも、他陣営からすれば影響が大きいことであろう。

実際、これまで小沢の「お」の字も口にしなかった自民党・安倍や維新・橋下らが、相次いでこの新党「日本未来の党」に噛み付く発言をしていることからみれば、連中が「小沢・嘉田連合」(+稲盛和夫)をかなり意識・敵視していることは自明であろう。

また、これまで小沢・生活党を”黙殺”してきたマスゴミ連中が、今回、こぞってこの「小沢・嘉田連合」について報じているのも、稲盛和夫の影響力が大なり小なり影響していることであろう。


兎にも角にも、晴れて無罪が確定し足枷の取れた小沢一郎代表が事実上牽引する新党「日本未来の党」について、本ブログでは今後もその動向に注視していく所存である。

(転載開始)

◆滋賀知事、脱原発新党の結成表明 小沢氏が合流方針
 2012年11月27日 19時08分 東京新聞


衆院選に向けた新党「日本未来の党」の設立を目指すと表明した滋賀県の嘉田由紀子知事(右)と飯田哲也氏=27日午後、大津市

滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は27日、大津市で記者会見し、衆院選に向け脱原発を掲げた新党「日本未来の党」の結成を表明した。国民の生活が第一(小沢一郎代表)に連携を呼び掛けた。

生活は常任幹事会を開き合流する方針を確認した。

生活のほか「みどりの風」「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(脱原発)も合流を視野に入れている。

未来の党には著名人も賛同しており、社会的な反原発の動きにつなげたい考えだ。

脱原発の河村たかし共同代表(名古屋市長)は27日、未来の党への合流に前向きな考えを示した。

生活などは日本維新に対抗する「第三極」勢力として衆院選で躍進を目指す。

(共同)

◆小沢・嘉田連合 脱原発で100人超え
 2012年11月27日 ゲンダイネット

○野合の維新を上回る





正真正銘の第三極が発足する。滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が「脱原発」を旗印とする新党結成を27日午後にも表明。新党名は「日本未来の党」になる見通しだ。小沢一郎の「国民の生活が第一」や「みどりの風」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」も合流を検討している。共闘が実現すれば、維新の会を凌駕する一大勢力になるのは間違いない。

新党の党首となる嘉田知事はまだ全国的な知名度はないが、市民運動家の間では広く知られている。06年に「もったいない」のキャッチフレーズで新幹線新駅とダム建設に反対し初当選した。原発問題では、橋下徹大阪市長のように大仰な構想をブチ上げたわけではない。地道に「卒原発」を訴え続け、大飯原発3、4号機の再稼働問題について、政府に慎重な判断を求めてきた。そんなぶれない姿勢が歌手の加藤登紀子や音楽家の坂本龍一の共感を呼んでいる。
 
生活やみどりとの連携は、橋下と石原慎太郎前都知事の維新みたいな選挙目的の“野合”とは違う。至極当然の流れだ。

「維新と大きく異なるのは、脱原発の政策が一致していること。そして、場当たり的に離合集散しているわけではないということです。新党構想は3カ月ほど前から、生活の小沢一郎代表や脱原発の亀井静香幹事長が水面下で調整を続けてきました。それが結実したのです。小沢や亀井らベテランが裏方に回って汗をかいている点も、維新とは対照的です」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

<第2会派に躍り出る可能性>

問題は嘉田新党が選挙までに機能するか。「なんらかの連携、協力は模索したいが、即合流までは考えていない」(みどりの谷岡郁子共同代表)という慎重意見もある。比例代表名簿の統一などが検討されているが、難航しないのか。

「最大の問題は選挙区の調整でしょう。でも、小沢一郎は社民党、新党大地、みんなの党と個別にはほぼ調整を終えている。あとはみどりや脱原発との調整があるくらい。テクニカル的にはそれほど難しい話ではありません」(選挙事情通)
 
野田は論外だし、安倍や維新のウルトラ右翼もコアな支持層に訴えているだけ。暮らしに密着した問題を争点に掲げる「脱原発グループ」の威力はバツグンだ。政治評論家の伊藤達美氏は「女性を中心に票を伸ばすでしょう。社民、共産も加えれば50~60議席に届く」と見る。前出の鈴木哲夫氏は「みんなの党が新党に合流すれば、維新はもちろん、民主を抜き、自民に次ぐ第2会派に躍り出る可能性を秘めている」と指摘した。100議席を超えるポテンシャルを秘めているのだ。
 
小沢のオリーブの木構想がいよいよ現実になりつつある。

(転載終了)

以上は「神風カムイ」より

来月の総選挙では、これでやっと投票できる政党ができることになりました。ありがたい事です。自民も民主も公明もダメで日本維新など持っての他だったので、「日本未来の党」の脱原発が今は何より一番大事です。日本の道はこれしかありません。  以上

« 9.11はモサドの仕業:アメリカ元海兵隊員 | トップページ | 平家滅亡の経済学、「平信長」は清盛の後継者?(2/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「脱原発」で「オリーブの木構想」実現へ期待大!:

« 9.11はモサドの仕業:アメリカ元海兵隊員 | トップページ | 平家滅亡の経済学、「平信長」は清盛の後継者?(2/5) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ