カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリア紛争の全面的軍事化 | トップページ | 世界終末狂想曲:カタストロフへの恐れと期待 »

2012年12月20日 (木)

3号機原子炉からウランが飛んできた

3号機原子炉から、ウランが飛んできた!!!

線量グラフ
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/senryo_2011_3.pdf


3月15日に放射能が来て、16日は4号機か、2号機か知らんが来ていた。

そして21日にも大量に来ていた。

15.16日に来た奴はその後線量が下がっていったが、21日頃のは下がらない。

雨が降ったかどうかの違いということになっているらしいが、それを考察したブログが去年からあった。


2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発


3号機吹き上げ
http://photo.tepco.co.jp/date/2011/201103-j/110321-01j.html


示し合わせたかのように東電の写真掲載が、21日になっているのは何かのお知らせか。

この雲がウランプルトニウムを含んでいた。

それが関東に来た。


表1 大気浮遊塵中の放射性物質(PDF形式:609KB)


確かに東京にも来た。

そしてこの頃あった事件が、

黄色い粉(花粉)の正体【顕微鏡写真】+追記
引用
スギ花粉と光る物質


どうにもあれが気になっていたが、


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか 封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか
(2012/07/26)
クリス・バズビー

商品詳細を見る

引用

ウラン微粒子


同じじゃないか!!!

黄色い花粉にウランが引っ付いてきていた。

これで、すべてがつながった。


謎は、解けた。



だからこの人は叫び続けていたのだ。


木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」
引用
「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」


*ありゃ、最近のは載っていないぞ、もう「時間ですよ」だろうか。

« シリア紛争の全面的軍事化 | トップページ | 世界終末狂想曲:カタストロフへの恐れと期待 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3号機原子炉からウランが飛んできた:

« シリア紛争の全面的軍事化 | トップページ | 世界終末狂想曲:カタストロフへの恐れと期待 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ