カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 首都直下型地震「M7クラスいつ起きても不思議ない」と研究者 | トップページ | スーダンはイランに紅海沿岸の基地建設を許可 »

2012年12月24日 (月)

3号機で4780ミリシーベルト=昨年11月より高い

  • The Wall Street Journal

3号機で4780ミリシーベルト=昨年11月より高く、福島第1―東電

  • 東京電力は28日、福島第1原発3号機原子炉建屋1階の北東エリアにロボットを投入し、放射線量を測定したところ、床表面付近で毎時最高4780ミリシーベルトに上ったと発表した。昨年11月にほぼ同じ場所の線量を計測した際は同1300ミリシーベルトだった。

 東電によると、調査は27日に実施。ロボット2台を入れ、約1時間40分にわたり、線量の測定や状況確認を行った。東電社員や協力企業の作業員計12人で調査を行い、最大の被ばく線量だった人は0.52ミリシーベルトだったという。

以上は 

[時事通信社] より

益々放射能汚染が進んでいることがわかります。野田政権の収束宣言は何だったのか国民を馬鹿にするのは許せません。これまでの自民党の原子力政策の誤りがここに現れているのです。「3.11テロ」事故が起きても尚自民党は原発推進するとは狂気の沙汰です。そしてこれを支持する国民は自業自得となります。             以上

 

« 首都直下型地震「M7クラスいつ起きても不思議ない」と研究者 | トップページ | スーダンはイランに紅海沿岸の基地建設を許可 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3号機で4780ミリシーベルト=昨年11月より高い:

« 首都直下型地震「M7クラスいつ起きても不思議ない」と研究者 | トップページ | スーダンはイランに紅海沿岸の基地建設を許可 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ