最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 4号機建屋の地盤は確かに不等沈下している | トップページ | 平家滅亡の経済学、清盛と税金問題(4/6) »

2012年12月17日 (月)

ロシアで大寒波、氷点下53度

ロシアで大寒波 氷点下53度
12月13日 17時54分

K10041682411_1212132340_1212140028_

K10041682411_1212132340_1212140028.mp4

ロシアのシベリアから極東にかけての広い範囲に寒波が襲来し、一部の地域で氷点下50度を下回る厳しい寒さとなっていて、学校の休校や交通機関への影響が広がっています。

ロシアのシベリアと極東は、今週に入って強い寒波に見舞われ、極東のオイミャコンで氷点下53度を下回ったほか、シベリア最大の都市ノボシビルスクでも氷点下43度を記録するなど、例年のこの時期に比べて10度以上低い厳しい寒さが続いています。
このため、各地で学校の休校が相次いだり、水道管が凍って破裂したりするなど市民生活に影響が及んでいます。
また、モスクワからの航空便が、13日朝、ノボシビルスクの空港への着陸を見合わせたほか、シベリアの6つの都市で長距離バスが燃料の凍結のおそれで、運行を取りやめるなど交通機関への影響も広がっています。
この記録的な寒波は、少なくとも今月下旬まで続くものとみられ、ロシア非常事態省は、寒波の間はできるだけ外出を控え、車で移動するときも2台以上の車列を組んで移動するよう注意を呼びかけています。

以上は「NHK news web」より

今年の日本の冬は寒いようですから、健康管理が大事です。  以上

« 4号機建屋の地盤は確かに不等沈下している | トップページ | 平家滅亡の経済学、清盛と税金問題(4/6) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアで大寒波、氷点下53度:

« 4号機建屋の地盤は確かに不等沈下している | トップページ | 平家滅亡の経済学、清盛と税金問題(4/6) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ