最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「暗黒の3日間」を実際にNASAの太陽観測衛星で見た日 | トップページ | 食材汚染:今、牛乳をどう考えるのか? »

2012年12月26日 (水)

勝栄二郎・前財務次官の天下り先が判明

野田政権を操ってきた勝栄二郎・前財務次官の”天下り”先が判明 ~ネット関連大手「IIJ」特別顧問に~

2012年12月06日 | Weblog

財務省の悲願であった「消費増税」を実現するべく、野田”傀儡”政権を手玉に取り、実質的に政権運営をしてきたとされる勝栄二郎の”天下り”先が判明した。

その”天下り先”は、あまり聞き慣れない名前であるが「インターネットイニシアティブ(IIJ)」なる法人向けネット関連サービス大手企業である。

勝栄二郎はそこの特別顧問という、名ばかりの”名誉職”に就くということであるが、一体、いくらの報酬を手にするのであろうか?

まったくの個人的な私見(妄想)であるが、これだけの大物官僚を引き受けたIIJは、余程スネに傷のある身なのであろう。

即ち、高い報酬の見返りとして実質的に財務省所轄の「国税局」による脱法行為の捜査を免れることがその目的ではないかということである。
(もしかしたら、既に国税による摘発を見逃してもらってきた借りがあるという話やも知れない)

そうでなければ、許認可等、何某かにおいて、余程の便宜をはかってもらうことが目的であろう。

いずれにしても、その業界ではズブの素人であり、かつ齢七十近い爺さんを何の”見返り”もなしに高い報酬まで払って引き受ける民間企業などあるはずなどないことは誰の目から見ても明らかであろう。

かくして官僚機構による民間企業への”天下り””渡り”が横行し、官僚機構と財界(経団連)の腐り切った癒着の構図が出来上がっているのである。

そして搾取されることにより、その構図を下支えしているのが我々一般市民であり、
改めて強い憤りを感じる次第である。

 

※参考1「野田政権を裏で操る”腹話術人形師”勝栄二郎の生態研究」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/cd226e5e5ce4c35ed078a8fbee98c89f

※参考2「【必読記事】 『天下人・勝栄二郎(財務省の王)はこうして伝説になった』」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/1423b81b83570450faa532412cde6539

※参考3「【必読】 野田内閣を操る”財務官僚”勝栄二郎の正体」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/0c168d084a02d0bdb13853af09909258

 

(転載開始)

◆勝・前財務次官が特別顧問に ネット関連大手のIIJ
 2012.12.5 11:34 MSN産経ニュース

 勝栄二郎氏


 
財務省の勝栄二郎前事務次官が、法人向けネット関連サービス大手、インターネットイニシアティブ(IIJ)の特別顧問に就任したことが5日、分かった。11月19日付。財務次官経験者は政府系金融機関のトップなどに就くことが多く、IT企業に再就職するのは異例だ。

勝氏は与野党に幅広い人脈を持ち、消費税増税法の成立や、東日本大震災の復興費を賄う臨時増税の実現に手腕を発揮。8月に次官を退任した。

 

◆前財務次官の勝氏、IIJ特別顧問に
 時事通信 12月5日(水)13時1分配信

財務省の勝栄二郎前事務次官(62)が、通信ネットワーク運営会社のインターネットイニシアティブ(IIJ)の特別顧問に就任したことが5日、分かった。

財務次官OBがIT企業に再就職するのは異例だが、同社は「多方面から意見を聞かせてもらえる人を求めていた」(広報)として11月19日付で招き入れた。
 
勝氏は霞が関の官僚組織だけでなく、政財界にも幅広い人脈を持つ「大物次官」と呼ばれ、消費増税法の成立などに尽力、8月に次官を退いた。

IIJの鈴木幸一社長と以前から親交があった。

(転載終了)

以上は「神風カムイ」より

国民の意思を無視して、消費税増税を強行した張本人であり、打ち首獄門相当の人物です。国家反逆罪人であります。                      以上

 

« 「暗黒の3日間」を実際にNASAの太陽観測衛星で見た日 | トップページ | 食材汚染:今、牛乳をどう考えるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝栄二郎・前財務次官の天下り先が判明:

« 「暗黒の3日間」を実際にNASAの太陽観測衛星で見た日 | トップページ | 食材汚染:今、牛乳をどう考えるのか? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ