カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« さいたま市見沼区の汚染状況 | トップページ | 今年は何が起きる、北半球における「沿岸部の海面上昇」について »

2013年1月30日 (水)

日揮関係者2人取り調べ、50人以上の米国人とフランス人は事前に避難していたのはどうして

日揮関係者2人を取り調べ!犯人に情報提供か?50人以上の米国人とフランス人が避難をしていた!?

NEW !
テーマ:
アルジェリアガス施設人質事件の続報です。一部からは「ガス施設内部に犯人の協力者が居たのでは?」という声がありましたが、もしかすると、その協力者とは日揮の関係者なのかもしれません。報道記事によると、日揮の関係者2人が犯人に情報を提供した容疑で取り調べを受けているとのことです。


☆日揮関係者2人を取り調べ=犯人に情報提供容疑―アルジェリア人質事件
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130122-00000011-jij-m_est

引用:
時事通信 1月22日(火)2時32分配信

 【カイロ時事】アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた人質事件で、アルジェリア治安当局者は21日、時事通信に対し、プラント建設大手「日揮」のアルジェリア人関係者2人について、犯行グループのイスラム武装組織に情報を提供していた疑いで、取り調べていることを明らかにした。
 地元紙シュルークも同様の内容を報じており、容疑者2人は、施設の調理場で働くアルジェリア人労働者。ほかに英石油大手BPの4人とアルジェリア国営石油・天然ガス企業ソナトラックの5人の計11人を取り調べている。
 日揮関係者が犯人側に情報を提供していたことが事実なら、周到に準備された計画的犯行の裏付けとなる。ただ、日揮の遠藤毅広報・IR部長は「(同社に内通者がいたとは)全く認識していない。日揮のコックが聴取されていると表現されていたが、下請け会社のコックだ」と否定した。 
:引用終了


また、ウォールストリート・ジャーナルによると、このアルジェリア人質事件が発生する3日前に、ガス施設で働いていた50人以上のアメリカ人とフランス人が現場を離れていたと報道されています。


☆ウオールストリート・ジャーナル アルジェリア米軍対応
URLhttp://online.wsj.com/article/SB10001424127887323468604578245310036330882.html



同時多発テロの時もそうでしたが、ほんとうに重要な人間というのは何故か、このような事件が発生する前に避難していることが多いですね。
やはり、当ブログで前に述べたとおり、今回のアルジェリア人質事件は自作自演なのかもしれません。


☆ビンラディンはCIA工作員。CIAが犯行声明を出していた
URL http://2chinfo.blog88.fc2.com/blog-entry-321.html 

引用:
ブレジンスキーと、ビンラディンの2ショット写真です。
正しい情報を探すブログ

オバマ政権の外交政策最高顧問ブレジンスキーとビンラディン。
ビンラディンCIA工作員のコードネームは"ティム・オサマ" 1979年撮影

アルカイダが犯行声明を出したんだけど出所は、毎度おなじみの米情報機関が運営するインテルセンター。
ちなみにイスラエル情報機関(シオニスト)が運営するMEMRI(日本語版)もたまに"アルカイダ(モサド)"の犯行声明を出す。
実は"アルカイダの犯行声明"は、これらの機関を経由してマスゴミに配信されているのw  出典:阿修羅2009年12月29日より
:引用終了


☆ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った



アルカイダと米国の繋がり、首謀者と秘密情報局の関係、堅牢なガス施設の陥落、日本人を多く殺した謎など、アルジェリア人質事件の不審点を挙げるとキリがありません。
各種情報を見ていると、アメリカが日本などを動かすために、アルカイダを使ってこの事件を引き起こしたように感じます。



☆真実は闇の中・・・政府は必ずウソをつく?


赤い楯  ロスチャイルドの謎1 (集英社文庫)


続「9.11」の謎―「アルカイダ」は米国がつくった幻だった!

イルミナティ 世界を強奪したカルト


イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔


タヴィストック洗脳研究所


ロックフェラーの完全支配 ジオポリティックス(石油・戦争)編 (超知ライブラリー)

戦争の経済学


9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪 (5次元文庫)


「9.11」の謎―世界はだまされた!?


ロスチャイルドの密謀


世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ (講談社現代新書)

同じテーマの最新記事
 

以上は「正しい情報を探すブログ」より

事件の3日前に、米国人とフランス人50人以上が避難していたとのことですが、これは事前に事件を予想していたから出来ることです。「9。11テロ」事件時でも、米国の有名会社の社員は貿易センタービルより事前に避難してて難を逃れています。これも事前に知らされていたのです。「3.11テロ」時でも事件を事前に知り、東電株式を膨大に空売りしています。数兆円の利益を出しています。従って、検察がこの株取引きを調査すれば犯人の手がかりがつかめるのです。しかし日本の検察は意図的に一切調査しません。検察もぐるなのです。以上

« さいたま市見沼区の汚染状況 | トップページ | 今年は何が起きる、北半球における「沿岸部の海面上昇」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さいたま市見沼区の汚染状況 | トップページ | 今年は何が起きる、北半球における「沿岸部の海面上昇」について »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ