カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

2013年1月13日 (日)

自家消費米から基準超の放射性セシウムー宮城県

放射性セシウム:自家消費米から基準超−−宮城

毎日新聞 2013年01月11日 東京朝刊

 宮城県栗原市の旧沢辺村の農家が11年と12年に収穫した自家消費用のコメから、国の新基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える130〜240ベクレルの放射性セシウムが検出され、県は10日、同市に旧沢辺村産のコメの出荷自粛を要請した。農水省によると、福島県以外のコメが新基準値を超えたのは初めて。基準値を超えたコメは流通していない。

 宮城県によると、周辺で収穫されたコメの検査も実施したが、不検出や基準値未満だった。【金森崇之】

以上は「毎日 JP」より

これらは氷山の一角で、実際には汚染された米がブレンド米として日本全国で販売されている模様です。汚染された米を販売しても何らお咎めはなく注意されるだけのようです。罰則規定がないのです。出荷自粛だけで後は別途裏で販売するだけです。産地名を変えて販売するとかいろいろ手はあるようです。これらを取り締まることをやらないのです。以上

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家消費米から基準超の放射性セシウムー宮城県:

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ