カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地磁気減少で寒冷化? | トップページ | シリア沖で海軍演習を行うロシア »

2013年1月25日 (金)

悪者にされるイスラエル

★悪者にされるイスラエル
━━━━━━━━━━━━━

 パレスチナのガザで1月4日、パレスチナ最大の政治組織であるファタハが
創立48周年の記念式典を開き、ガザでの政治集会として史上最大級の50万
人近い人々が集まった(ガザの人口は160万人)。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/at-gaza-rally-fatah-sends-hamas-a-message-of-palestinian-reconciliation.premium-1.492094
At Gaza rally, Fatah sends Hamas a message of Palestinian reconciliation

 パレスチナ政界は、世俗派(元左翼)で米国の傀儡色があるファタハと、イ
スラム主義で反米のハマスに分裂している。軍隊式の組織であるハマスの集会
は整然としており、武装した隊列が行進する。対照的に、リベラル左翼組織あ
がりのファタハの集会は雑然としており、今回のガザ集会も混乱して死者が出
て、予定していた演説はほとんど行われなかった。ファタハの集会がガザで開
かれたこと自体が画期的なのだから、混乱は当然だ。

 2007年の選挙でハマスが勝ったのにファタハが敗北を認めず、パレスチ
ナ自治政府の権力を握り続け、ハマスが反乱を起こしてガザの統治権を乗っ取
って以来、西岸はファタハ、ガザはハマスが統治して分裂してきた。今回、フ
ァタハが6年ぶりにガザで集会を開き、そこにはハマスの幹部も参加した。フ
ァタハの幹部は07年の分裂以来、ガザから追い出されていたが、今回の集会
を機にガザに戻ってくる。ファタハとハマスが和解した感じだ。そう報じられ
ないのは、当事者たちが和解したという発表をしていないからだ。発表しない
のは意図的なものだろう。

http://www.haaretz.com/news/middle-east/palestinian-authority-officially-changes-name-to-state-of-palestine.premium-1.492065
Palestinian Authority officially changes name to 'State of Palestine'

 ファタハが握るパレスチナ自治政府は、昨年11月末に国連総会で「国連未
加盟国家」の承認を得た。1月4日には「パレスチナ自治政府」が「パレスチ
ナ政府」に正式に名称変更し、国連も変更を承認した。

http://www.timesofisrael.com/after-upgrading-status-un-officially-switches-from-palestine-to-state-of-palestine/
After upgrading status, UN officially switches from `Palestine' to `State of Palestine'

 これによりパレスチナは、パレスチナ人の土地を奪って入植地を建設したり、
軍を使ってパレスチナ人の行動の自由を奪っているイスラエルを、戦争犯罪
や人権侵害の被告として国際刑事裁判所に提訴できるようになった。

http://fromthetrenchesworldreport.com/palestinians-may-take-israel-to-icc-over-child-detentions/29373/
Palestinians may take Israel to ICC over child detentions

 隣国エジプトがムスリム同胞団のモルシー政権になったことによって、パレ
スチナ人は強い後ろ盾を得た。ファタハはもともとエジプトで作られた(早期
からの指導者アラファトはカイロ大学の学生だった)。ムスリム同胞団はハマ
スと同根の組織だ。

http://www.chron.com/news/world/article/Egypt-transfers-tons-of-building-materials-to-Gaza-4153969.php
Egypt transfers tons of building materials to Gaza

 エジプトでは、モルシーを攻撃してイスラエルが喜ぶエジプトの混乱を招く
だけの勢力に堕したリベラル派による反政府デモや、親イスラエルの勢力が多
い国際金融界が裏にいると思われるエジプトからの資金逃避による為替急落な
ど、モルシー政権を壊そうとする方向の動きが相次いだが、モルシーはそれを
乗り越えて新憲法の制定や、ムバラク時代の残党が残る司法界の入れ替えを進
めている。エジプトの権力機構の最重要組織である軍は、すでにモルシーに従
順だ。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2253525/Egypt-fears-run-banks-imposes-limit-people-withdraw.html
Egypt fears run on its banks as it imposes limit on amount people can withdraw

http://www.foreignaffairs.com/articles/138623/joshua-stacher/why-the-generals-back-morsi
Why the Generals Back Morsi

 中東政治のこれまでの「常識」はスンニ派とシーア派が永久に対立する図式
だったが、モルシーのエジプトはそれも乗り越え、自分たちがスンニ派イスラ
ム主義の中心勢力であるにもかかわらず、レバノンのシーア派武装組織ヒズボ
ラを賞賛し、ときおり侵攻してくるイスラエルに応戦して負けていないヒズボ
ラの活動を正当防衛だと評価した。

http://www.timesofisrael.com/egypts-envoy-to-lebanon-cairo-will-work-with-hezbollah-a-real-political-and-military-force/
Egypt's envoy to Lebanon: Cairo will work with Hezbollah, `a real political and military force'

 実のところ、スンニ派とシーア派の対立構造は、中東を支配してきた英仏米
による分割支配の結果であり、米欧の中東専門家(ユダヤ人が多い)の多くは、
スンニとシーアの対立を完全にイスラム側の問題であるかのように描くことで、
分割支配の定着に一役買ってきた。同胞団のエジプトは、このような構図を
打破する動きを開始している。南隣のスンニ派のハマスや同胞団・エジプトと、
北隣のシーア派のヒズボラ・イランの関係が敵対から協調に変わることは、
イスラエルにとって大きな脅威だ。

http://tanakanews.com/070201SADDAM.htm
扇動されるスンニとシーアの対立

 このようにパレスチナとイスラエルの関係は、急速に、パレスチナが有利、
イスラエルが不利になっている。イスラエルでは1月22日に総選挙が行われ
る予定で、現職のネタニヤフ首相の右派連立勢力が圧勝しそうだが、選挙が終
わるまで、パレスチナ側は自分たちの状況をあいまいにしておく戦略だろう。

▼「戦争犯罪」の受益者から犯罪者に落とされるイスラエル

 イスラエルは昨秋来、オバマの米国から邪険にされる傾向を強めている。イ
スラエル政府はオバマを嫌うあまり、昨年11月の米大統領選挙でロムニーを
支持してしまい、オバマとの関係がますます悪化した。

http://tanakanews.com/121119gaza.php
オバマ再選を受けたイスラエルのガザ侵攻

 2期目に入るオバマは、共和党の元上院議員であるチャック・ヘーゲルを国
防長官に指名したが、ヘーゲルは米国の戦略がイスラエルに牛耳られ、戦争ば
かりやっている状態を止めようとしている。そのため、米国のイスラエル右派
系勢力はヘーゲルの就任に反対してきたが、オバマが動じずヘーゲルを指名し
たため、米議会内のヘーゲルへの反対が弱まり始めている。ヘーゲルが国防長
官に就任したら、米政界で無敗だったイスラエルと在米イスラエル右派勢力に
とって、画期的な敗北だ。

http://online.wsj.com/article/SB10001424127887323482504578227460640679272.html
A Hagel Education

 オバマの米国がイスラエルを切り離そうとする動きを見て、英国やEUもイ
スラエルへの非難を強めている。昨年末、英国政府は、イスラエルがヨルダン
川西岸の東エルサレム地域で入植地を急拡大していることを「戦争犯罪(ジュ
ネーブ条約違反)だ」と非難した。パレスチナが国家として認定された以上、
イスラエルが西岸のパレスチナの領土で入植地を拡大し、パレスチナ人を武力
で威嚇し、逮捕したり殺傷したりすることが、侵略戦争行為にあたる傾向が強
まった。米国が覇権を持ち、イスラエルが米政界を牛耳っている従来、米覇権
にぶら下がっている英国はイスラエルを黙認してきたが、米イスラエル関係の
不可逆的な悪化を受け、機敏な外交力で国益を稼ぐ英国が、イスラエルに対す
る態度を変えた。

http://www.timesofisrael.com/hinting-at-war-crimes-charges-uk-minister-attacks-israel-for-east-jerusalem-construction-plans/
Hinting at war crimes charges, UK minister attacks Israel for East Jerusalem construction plans

 英国がイスラエルを戦争犯罪の加害者扱いしたのは初めてだ。戦争犯罪の構
図はもともと、第二次大戦で英国が仇敵のドイツに恒久的に「悪」のレッテル
を貼るために創設した考え方で、その後、ソ連やサダム・フセインなど、英米
にとって都合が悪い勢力に難癖をつけて「戦争犯罪」のレッテルを貼ってきた。
ナチスドイツの「ホロコースト」の「被害者」であるイスラエルは、ドイツを
脅して金を取り続け、これまで「戦争犯罪」の構図の中の勝者・受益者だった。

http://tanakanews.com/f1220holocaust.htm
ホロコーストをめぐる戦い

「戦争犯罪」を政治利用する策略の発明者・首謀者である英国が、イスラエル
を「戦犯」扱いしたことは、国際社会がイスラエルを従来の「善」から「悪」
へと突き落としつつある流れを象徴している。EU(独仏)も中露も、パレス
チナ国家創建を支持し、入植地を拡大するイスラエルを批判している。国連安
保理で拒否権を連発してイスラエルを支持し続けるのは米国だけなので、2期
目のオバマ政権が、イスラエル全面支持から少し後退し、安保理での反対(拒
否権発動)を棄権に変えるだけで、さまざまなイスラエル非難決議が可決され
始め、イスラエルに対する戦犯国扱いが強まる。アラブ諸国など、発展途上国
は大賛成だ。

http://tanakanews.com/121112israel.htm
ユダヤロビーの敗北

http://tanakanews.com/090113Gaza.htm
ガザ戦争で逆転する善悪

 もともと英国はイスラエル(シオニスト運動)に手を焼いていた。伝統的に
英国の中枢にはロスチャイルド家など、キリスト教に改宗した勢力を含むユダ
ヤ人・ユダヤ系が多くおり、英国の覇権はユダヤ人資本家のネットワークに助
けられて成立した歴史もある(だから、覇権が英から米に移った後も、覇権運
営はニューヨークのユダヤ系資本家が主導している。彼らは覇権移動の画策者
でもある)。

http://tanakanews.com/080829hegemon.htm
覇権の起源(2)ユダヤ・ネットワーク

 19世紀から盛んになったシオニスト(ユダヤ人国家建設)運動は、ユダヤ
人社会の内部における、英国中枢に入り込む資本家(宮廷ユダヤ人)に対する、
活動家たちによる殴り込みだった(活動家の黒幕に資本家がいたとすれば、
資本家内部の闘いだ)。資本家たちはユダヤ人であることを隠してこっそり英
国や覇権の運営を続けたかったが、シオニストはすべてのユダヤ人がカムアウ
トして(名乗り出て)、ユダヤ人国家(イスラエル)の建設に協力することを
求めた。バルフォア宣言は、彼らの暗闘の妥結点の一つだった。それ以来、現
在に至るまで、米英イスラエルの全域で、ユダヤ社会は常にシオニスト活動家
に攪乱され続けている。(ネオコンや西岸入植者のように、意図的にシオニズ
ムを推進しすぎて逆に破壊する勢力も目立つ)。

http://tanakanews.com/f0622israel.htm
イスラエルとロスチャイルドの百年戦争

 シオニズムの台頭により、英国が宮廷ユダヤ人の助けを借りて作り、第二次
大戦後に中心が英から米に移った覇権システムが、シオニスト活動家に乗っ取
られることになった。英国中枢の人々は内心、シオニストを嫌っているはずだ。
英国は以前からパレスチナ国家の創設に熱心だったが、ここにきてイスラエル
非難を強めている。

http://tanakanews.com/091004hegemony.php
多極化の本質を考える

 国際社会がイスラエルを非難する最大の点は、イスラエル当局が西岸で入植
地を拡大していることだ。イスラエルの政界と行政機構内に入り込んだ特に強
硬なシオニスト右派が、国際社会の非難の強まりを無視して入植地拡大に拍車
をかけている。国際非難が強まってイスラエルが孤立し、イスラエル周辺のア
ラブ諸国が団結して軍事的脅威が強まるほど、イスラエルの世論は和平から遠
ざかり、シオニスト右派に有利になる。

http://tanakanews.com/f0705israel.htm
世界を揺るがすイスラエル入植者

 ネタニヤフ首相の政党リクードより、少数派だった極右諸政党の人気の方が
高く、ネタニヤフは極右との連立を強化せざるを得ない。パレスチナ和平を提
唱する中道左派への支持は少なく、イスラエルは民主的に自滅に向かっている。
世界が多極化して中国の台頭と米国の衰退が続くのに、日本の世論が中国敵視
と対米従属強化という自滅的な方向に進んでいるのと、イスラエルの現状は
似ている。

http://www.haaretz.com/news/national/likud-heads-call-to-omit-netanyahu-s-two-state-declaration-in-party-platform.premium-1.489731
Likud heads call to omit Netanyahu's two-state declaration in party platform

 イスラエルの外交官たちの間では、母国が急速に孤立している状況に対する
危機感が強まっている。イスラエル政府が先日、世界カ国に駐在する150人
の外交官を本国に集めて戦略会議を開き、外交官らの懸念を代表するかたちで
国連大使(Ron Prosor)が「世界からの非難を逆なでするかたちで、イスラエ
ル政府が(最悪の)今のタイミングで東エルサレムのE1入植地の拡大を決め
た理由を教えてほしい(それを世界に説明したいので)」と質問し、外交官ら
の喝采を受けた後、政権の安全保障議長(Yaakov Amidror)は「君たちは(政
治家が決めたことに従う)事務員にすぎない。政府の方針に従いたくないなら、
外交官を辞めるか、政治家に転身すべきだ」と言い放った。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/defend-government-policy-or-resign-israels-ambassadors-are-told-8434692.html
Defend government policy or resign, Israel's ambassadors are told

 実際、ネタニヤフ政権は昨年末、駐米大使を更迭し、交代させている。イス
ラエル各界と在外ユダヤ人社会で、イスラエルが自滅的に孤立を強めているこ
とに対する懸念が拡大しているが、誰もネタニヤフ政権を方向転換させられな
い。1月22日の選挙でネタニヤフが勝つと、極右政策が民意の支持を得るこ
とになり、この傾向がいっそう強まる。

http://forward.com/articles/168446/report-ron-dermer-to-become-israel-s-ambassador/
Israeli Ambassador to U.S. Resigns

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4324315,00.html
Yadlin: Israel losing international support

▼イスラエルに併合される方がパレスチナに有利

 パレスチナ政府のアッバース大統領は、1月22日の選挙後もネタニヤフが
パレスチナ国家建設に向けた和平交渉を開始しないなら、パレスチナ政府を解
散してイスラエルに併合させると表明している。これは一見、自滅的な表明だ
が、実はイスラエルに対する強烈な脅しになっている。

http://www.albawaba.com/news/abbas-israel-459803
Abbas threatens to hand over the West Bank to Israel

 パレスチナ政府の統計局によると、イスラエルと西岸とガザの合計人口は現
在、ユダヤ人が600万人でパレスチナ人(アラブ人)が580万人だが、パ
レスチナ人の方が出生率が高いため、2020年にはユダヤ人690万人、パ
レスチナ人720万人と逆転する。パレスチナ政府が解散し、イスラエルが西
岸とガザを併合せざるを得なくなると、政府を民主的に決めた場合、ユダヤ人
でなくパレスチナ人の政府ができて、イスラエルは民主的に国家消滅し、パレ
スチナ国家になってしまう。

http://www.israelhayom.com/site/newsletter_article.php?id=6931
Palestinians say they will outnumber Israeli Jews by 2020

 イスラエルは従来「中東で唯一の民主主義国」を自称してきた。西岸とガザ
を併合してなお「ユダヤ人国家」を貫こうとすれば、パレスチナ人に選挙権を
与えないアパルトヘイト的な「ユダヤ人独裁」に陥り、世界から非難され、経
済制裁される。イスラエル政界の中道左派の指導者であるツィピィ・リブニは、
この危険性を指摘し、イスラエルにとってパレスチナ国家の建設が不可欠だと
言っている。彼女は全く正しい。

http://www.haaretz.com/news/national/livni-in-order-to-safeguard-israel-as-a-jewish-state-we-must-divide-it-1.492706
Livni: In order to safeguard Israel as a Jewish state we must divide it

 ところがイスラエルの極右諸政党は、パレスチナ国家の創設構想を破棄し、
西岸とガザを併合すべきだと、しだいに強く主張するようになっている。1月
22日の選挙後の連立政権に入りそうな3つの極右政党のうち2つが、西岸の
併合を党の方針として掲げている。この事実は、イスラエルのシオニスト右派
(主導者の中に米国からの移民が多い)が、イスラエルを支持するふりをして
潰そうとしている、米国のネオコンと同根の隠れ多極主義的な勢力であること
を示している。

http://uruknet.com/?p=m94113
Serious talk in Israel about annexing Palestine

 米国では、イスラエルを批判的に報じるアラブの衛星テレビであるアルジャ
ジーラが、アル・ゴア元副大統領が所有していたテレビ局「カレントテレビ」
を買収し、米国でアルジャジーラの英語放送が開始されようとしている。アル
ジャジーラの英語放送は、アラビア語放送よりも反イスラエル色が弱いが、そ
れでもCNNなどプロパガンダ色が強い米国の放送局よりも、イスラエルに関
して中立的(つまり批判的)に報じている。米国におけるイスラエル支持は弱
まる方向だ。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/u-s-jewish-leaders-express-concern-about-impending-al-jazeera-incursion-into-millions-of-american-homes.premium-1.491978
U.S. Jewish leaders express 'concern' about impending Al Jazeera incursion into millions of American homes

 イスラエルはイランに核兵器開発の濡れ衣をかけ、米国にイラン侵攻させよ
うとしてきたが、2期目のオバマ政権は、イランと和解する交渉を開始するか
もしれない。ヘーゲルが国防長官になると、この方向性が強まる。米国がイラ
ンへの濡れ衣を解くと、イスラエルを敵視するイランが国際社会で認められる
傾向が増し、イスラエルにとって不利になる。国連のIAEAでは、オバマ政
権の世界非核化の構想の一部として「中東非核化」の計画が進んでいるが、今
の中東で核兵器を持っている唯一の国はイスラエルであり、中東非核化とはイ
スラエルに核廃絶する話だ。イスラエルは、核廃絶に応じれば抑止力が低下し、
核廃絶を拒否すれば北朝鮮と並ぶ「悪」になる。

http://tanakanews.com/100604israel.php
北朝鮮と並ばされるイスラエル

 イスラエルをめぐる転換は、シリアにも影響を与えている。パレスチナが国
際刑事裁判所でイスラエルの戦争犯罪を提訴しようとするのを見て、シリアの
アサド政権は、シリアの反政府勢力(アルカイダ系)に武器を渡して内戦を激
化させている米国などを戦争犯罪で提訴しようとしている。この動きはシリア
内戦における善悪を逆転させかねない。

http://mycatbirdseat.com/2013/01/35963-will-syria-go-on-the-offensive-at-the-hague/
Will Syria Go on the Offensive at The Hague?

 イランも、自国に核兵器開発の濡れ衣をかけて侵攻しようとしてきた米イス
ラエルを国際刑事裁判所に提訴するかもしれない。これらの揺れ動きが起きて
いる間に、中国は、イラクの巨大油田の利権を得ている。米国のエクソンモー
ビルなどは、イラクから追い出されている。中東では、大きな転換が起きている。

http://www.blacklistednews.com/Chinese_Oil_Companies_Apparent_Victors_in_Post-Saddam_Iraq/23352/0/38/38/Y/M.html
Chinese Oil Companies Apparent Victors in Post-Saddam Iraq
以上は「田中 宇氏」ブログより

今の世界は大きく転換しようとしています。遂にイスラエルが悪者側になろうとしています。窮鼠猫を噛むではないですが、イスラエルが突然核兵器を使用する恐れがあります。上手くイスラエルが静かになれば良いのですが前途多難であります。    以上

« 地磁気減少で寒冷化? | トップページ | シリア沖で海軍演習を行うロシア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪者にされるイスラエル:

« 地磁気減少で寒冷化? | トップページ | シリア沖で海軍演習を行うロシア »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ