カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「日米同盟と原発」「封印された核の恐怖」(3)20万人以上の「実験」(13/24) | トップページ | 東京の子供たちの7割に異常 »

2013年1月13日 (日)

火星の水たまり

2012年12月15日


キュリオシティが撮影したほぼ間違いない「火星の水たまり」

mars-05.jpg



そこに見える「水面」の存在


あまりいろいろと書くこともないと思いますので NASA が公開しているキュリオシティが最近撮影した下の火星の地表写真をご覧下さい。

http://www.nasa.gov/images/content/713220main_pia16550_Shaler-Mastcam-whitebalanced_full.jpg

全景は下のようなものですが、写真そのものはかなり巨大なもので、画像も鮮明です。

713220main_pia16550.jpg


この写真の下のほうは以下のような光景となっています。



water-01.jpg



water-02.jpg



water-03.jpg



まあ、要するに「水」のようです。

それほど多くは見えないこのくらいの水が存在している理由としては、

・雨が降る
・地下水などの存在
・機能している川がある


などなのでしょうか。

いずれにしても、上の写真からは、「水」あるいは「それに類したもの」がそこに写っているということに関して、ちょっと否定しようがない風景ですので、NASA がどのように発表してくれるのかを楽しみにしたいと思っています。
以上は「地球の記録」より
やはり、火星に水があったようです。将来人類の移住も可能性が出てきたようです。以上

« 「日米同盟と原発」「封印された核の恐怖」(3)20万人以上の「実験」(13/24) | トップページ | 東京の子供たちの7割に異常 »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火星の水たまり:

« 「日米同盟と原発」「封印された核の恐怖」(3)20万人以上の「実験」(13/24) | トップページ | 東京の子供たちの7割に異常 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ