カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

2013年1月13日 (日)

オーストラリア:記録的暑さの中で山火事が猛威


山火事に立ち向かうオーストラリアの消防士


◆1月9日

 オーストラリアでは今は夏であるが、夏につきものの山火事が今年も大変な猛威を振るっているようだ。これからは全世界的にカミ、つまり火と水の猛威が心配されるようだが、山火事もその一つであろう。これが「記録的な猛暑」のため、火に油の格好になって延焼を食い止めることが出来ないようである。オーストラリア全体の平均気温が空前の40度以上を記録したようなのだ。

 これからは、このような「天変地異」が激しさを増していくということは夙に指摘してきた。今年1月1日の伊勢白山道ブログ記事では、「カミ(火水・神)・火と水の祓い、が発生し始めると感じます」という指摘がある。火は火山活動も当然であるが、この山火事というのもそのカテゴリーに入るであろう。

 地上に住まわせてもらっているだけでも感謝すべきなのに、感謝を忘れて闘争に明け暮れる人類に目を覚まさせるために、神の祓いが激しさを増す、と言うことである。それが本当にそうであるかないかは、これからの世界を見ていけば分かるかもしれない。伊勢氏は「今までは存在がアヤフヤだった存在(神・精霊・宇宙人・・・・)、居るのかいないのかがハッキリしなかった存在が、誰の目にも明らかに存在の片鱗を現し始める年だと感じます」と指摘しているのだから、時間と共に見えてくるものがあるだろう。ただし2013年はまだまだ準備の年である。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●オーストラリア:記録的暑さの中で山火事が猛威
http://worldnews.nbcnews.com/_news/2013/01/08/16407282-australias-hottest-day-on-record-hampers-wildfire-fight?lite
【1月8日 NBC News staff and wire reports】

 オーストラリア南西部全体で猛威を振るう山火事に対して消防隊員が決死的な消火活動を行っている。当局は国立公園から撤退させ記録的な極度の暑さと強風のため地域によっては壊滅的な被害が予想されると警告した。

 「我々は記録的で最悪な山火事に対処している」と南ウェールズ地区消防局長のシェーン・フィッツィモンは語った。「これ以上ひどいのはない。壊滅的な状態にある。これらの地域から出来るだけ早く去ることが最も安全な方法だ」と語った。

 壊滅的脅威レベルは最高度に深刻なレベルである。

 消防隊員はオーストラリア東海岸で8日、多少でも気温が下がることを期待している。海岸沿いのいくつかの町では劇的に気温が下がったことで火事の延焼を緩めるかもしれないからだ。7日はオーストラリアで最高気温が記録されたが、大陸平均で華氏104.6度(40.3℃)だったとオーストラリアの7ニュースネットワークが報じた。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、かつて無いほどの暑さのため気象予報士たちは気象画面上に新しい色の深紫とピンクを加えねばならなくなった、と報じた。

 死者は報告されていないが、タスマニアの職員たちは先週ホバート市の東にある小さな町のドゥナレイを襲った山火事のため行方不明となった100人の住民の安否を確認しようとしている。この火事で90軒の住宅が破壊された。8日、警察は破壊された住宅の初期の点検では遺体は確認できていないと発表した。 


■オーストラリアは壊滅的な日々を過ごしている
 
 山火事は4日以来南部タスマニア全体で5万エーカーの森林と農場を焼失させた。ニュー・サウス・ウェールズではこの山火事は6万4000エーカーを焼き尽くした。このニュー・サウス・ウェールズでは130以上の山火事が延焼を続けているが、今のところ危険にさらされている住居はキャンベラの南にあるクーマ町近郊にある数十軒ほどだ。クーマ・モナロのディーン・リンチ州市長は、住民の何人かは近くのニミタベル町に避難した、と語った。

 強風によって消火活動に支障が出ている。場所によっては毎時60マイルの突風が記録されたところもある。  


■タスマニアの山火事
 
 いくつかの火事は放火犯によるものと、7ニュースが報じた。8日シドニー西部で、火事を起こしたとして3人が起訴されたと7ニュースが報じた。

 いくつかの場所では華氏113度以上を記録したため全国の森林地帯と国立公園は閉鎖され火の使用が全面的に禁止された。

 一人のボランティア消防士が7日、シドニー南西140マイルにあるグンダルー村で消火作業中に手と顔に深刻な火傷を負った。彼は治療のためシドニーの病院に搬送された。フィッツィモンスは彼の症状は8日快方に向かっていると語った。


■その他のニュース
 
 オーストラリアでは夏に山火事が起きることはよくあることだ。2009年2月、ヴィクトリア州で数百ヵ所で山火事が発生し、173人の死者を出し、2000軒以上の住宅を破壊したことがあった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア:記録的暑さの中で山火事が猛威:

« デマ報道、ウソ公約に続いて、イカサマ選挙 | トップページ | 「日米同盟と原発」第二回「封印された核の恐怖」(4)近づく冷戦の足音(14/24) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ