カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 不正選挙:疑問点は一杯ある | トップページ | 「日米同盟と原発」日米の原爆開発    (8/24) »

2013年1月 7日 (月)

第二の福島原発事故は必ず起こる!

3.11事件で大災害を起こした東電福島

第一原発は特別だったと安倍首相発言

:それなら特別な原発の運転をなぜ、

国は認めたのか

新ベンチャー革命201311日 No.703
 
タイトル:3.11事件で大災害を起こした東電福島第一原発
は特別だったと安倍首相発言:それなら特別な原発の
運転をなぜ、国は認めたのか
 
1.3.11事件時、総理だった菅氏、安倍氏の原発推進論を批判
 
 本ブログ前号(注1)にて、安倍首相の原発推進論を批判
しました。同じタイミングで、菅元総理も個人的に安倍氏を
批判しています(注2)。菅氏がここに書いていることはまさ
しくそのとおりであり、原発は国家を滅ぼす危険を秘めてい
ます。旧ソ連が91年に国家破綻しましたが、そのトリガーは
86年に起きたチェルノブイリ原発事故であることは明らかです。
 
 筆者は90年代、米国の電力規制緩和調査に従事してきま
したが、その当時、日米でもっとも乖離していたのが原発問題
でした。米国では国民の反対で原発の新設は凍結されてい
ました。米国の電力会社関係者は他の火力発電に比べて、
原発はもっともコストが高いと言っていました。一方、日本の
電力会社は国民に原発がもっともコストが安いと宣伝してい
ました。なぜ、日米でこうも食い違ったのでしょうか、それは、
菅氏のブログ(注2)どおり、また、米電力会社の試算どおり、
原発の安全確保コストが膨大なのですが、日本の電力会社
はその部分をコスト計算に入れていないのです。菅氏のい
うとおり、日本の電力会社は原発で大事故が起きたら、国家
に損害負担させるつもりなのです。
 
 それではなぜ、日本の電力会社は平気で原発の事故処理
を国に押し付けるのでしょうか、それは原発が国家の核戦略
の対象となっているからです、もちろん、国民には内緒ですが・・・。
 
2.国民はとんでもないことを平気で宣言する人物を国家の
リーダーに選んだ
 
 上記の原発事情を知ると、安倍氏が原発推進論を平気で
吐くことがいかに異様かわかります。国民はとんでもない人
物をトップに据えたのです。
 
 今回の12.16総選挙で自民党を支持した人は心底、反省
すべきです。
 
 ところで、安倍氏が、自論の原発推進論で漏らしたこと、
それは、東電福島第一(福一)の事故原発は40年前の古
い原発だから事故を起こしたのだと述べた点です。さらに
同氏は、同じ地震津波襲来を受けた東電福島第二(福二)
や東北電力女川は大災害を起こしていないと述べていま
す。福一がさも特別であったかのような言い方です。
 
 国民のみなさんは、この発言を聞いてどう感じるのでしょ
うか、被害を受けた福島の人はどう感じるのでしょうか。
 
3.大災害を起こした東電福島第一原発は特別だった、
他の原発は安全だと話す安倍首相発言は信用できるのか
 
 3.11事件の際、福一と同じ規模の地震津波襲来を受けた
福二と女川は確かに、重大災害(カタストロフィー)に至っ
ていません。
 
 それなら、国はなぜ、安全性の劣る福一の運転を認めて
いたのかが大問題となりますが、この点について、安倍氏
は答えていません。
 
 ちなみに、筆者は本件についてすでに分析しています。
福一が建設された当時(60年代末から70年代初頭)、
3.11規模の大津波襲来は考慮されていなかったと断じてい
ます(注3)。東電は福一の危険性をわかっており、建設後
30年経った2000年前後、ライセンス更新時、廃炉もしくは
大改修すべきチャンスを東電は見送った経緯があります。
 
 したがって、福一は特別だったと発言した安倍首相の話
は、不安全とわかっていて福一の安全対策を放置してきた
東電の責任問題に発展するはずですが、この点に関して、
マスコミはまったく突っ込まないのです。
 
4.絶対に壊れない構造物を地盤上につくることは不可能
 
 安倍氏は技術の進歩で3.11規模の大地震・大津波に耐え
る原発をつくれるかのような発言をしていますが、これは
技術も原発の本質も知らない文系の人間の極めて楽観的
で幼稚な発言のレベルです。
 
 最新技術の原発を含み、いかなる人工構造物であっても
、いかなる自然災害に遭遇しても壊れないものをつくること
は不可能です。本ブログ前号(注1)にて指摘したように、
原発の直下で大断層が発生したら、絶対に壊れます、な
ぜなら、原発も他の構造物同様に、地盤を基礎として立地
しているからです。宙に浮いているわけではないのです。
仮に強固なコンクリート躯体が持ちこたえても、貫通する
配管や機器類が壊れます。
 
 原発が他の危険構造物と決定的に異なるのは、放射能
漏れを起こしたら、人間が近づけないので、全く修理でき
ない点であり、放射能は漏れっぱなしとなり、広域に汚染
され続ける点にあります。
 
 その意味で、安倍氏の安全な原発はつくれるという話は
全く信用できません。
 
5.原発で警戒すべきは地震津波だけではない
 
 安倍氏は地震津波に耐える原発をつくれば安全だとい
っていますが、原発の弱点は、自然災害よりもテロ攻撃に
脆弱である点です。テロのターゲットにされたら、それを完
全に防ぐことは至難です。
 
 また、北朝鮮のミサイルが日本の原発に命中したら、
核ミサイルでなくても、福一と同様の運命となります。
 
 安倍氏のアタマの中では、原発へのテロ攻撃が想定さ
れていないようです。
 
 いかなるテロ攻撃にも安全な原発がつくれるとい言い張
るなら、その設計図を見せてほしいものです。
 
 ちなみに、今はサイバー攻撃も含めて様々なテロ攻撃
が想定されます。
 
 いずれにしても、原発に関して、無知を晒しても恥じない
人物を選んだ国民は深刻に反省して欲しい。自民を勝た
せたら、安倍氏が首相になるとわかっていたはずです。
 
注1:本ブログNo.702『原発新設容認だと?安倍首相は
原発の本質をわかっていないのではないか、それとも
単なるアメポチか201211
 
注2:菅直人“安倍首相の『新安全神話』”20121231
 
注3:東京電力福島第一原子力発電所事故にみる技
術経営(MOT)の課題、2012
/35695/1/KokusaiKeiei_43_Yamamoto2.pdf
以上は「新ベンチャー革命」より
大戦時の広島原爆投下されたときに直ちに停戦すれば、
長崎は投下されずに済んだかも知れないのに、それをしな
かったために長崎まで原爆投下されています。現在も同じ
状況です。今すぐに原発廃止すれば、おきないのに再稼
動や新たな原発作るようですと第二の福島原発事故は必
ず起きることは間違いない状況です。無責任な自民党です。
このような姿勢が福島原発事故を引き起こしたのです。
最早手のうち様がない日本民族です。          以上

« 不正選挙:疑問点は一杯ある | トップページ | 「日米同盟と原発」日米の原爆開発    (8/24) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二の福島原発事故は必ず起こる!:

« 不正選挙:疑問点は一杯ある | トップページ | 「日米同盟と原発」日米の原爆開発    (8/24) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ