カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカの新国防長官に最適なチャック・ヘーゲル | トップページ | 2013年のアルマゲドンは何を意味するか »

2013年1月10日 (木)

福島除染の欺瞞

山から放射性物質 線量再上昇… 除染 復興描けず

(2012年12月23日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

3年で1兆円、住民疑問視

20121225151624670_2f5ebe99ca781209c

 東京電力の福島第1原発事故で放出された放射性セシウムなどの除染のため、3年間で1兆円を超える公費が投入される。だが放射線量が高い地域では、効果に疑問の声も根強く、事業は遅れ気味だ。除染によって住民が元通り暮らせるという将来像を示さぬまま、巨額事業を推し進めようとする国などに対し、住民の不信感は消えない。(東京社会部・小嶋麻友美)

【関連記事】除染 「チェルノブイリでもそうだった」 長年取材のスイス人女性指摘

 全村避難をしている福島県飯舘村の前田地区で区長を務める長谷川健一さん(59)が疑問を口にする。「家の周りをいくら除染しても、山を除染しなければ放射性物質が流れ込んでくる」

 国が直轄で除染を行う飯舘村では、本年度の除染対象の4地区で事業を発注済み。一方、10月に、住民が帰還する見込み時期は、地域ごとに2014〜17年春とすることで村と政府が合意した。しかし、村の2地区では住民の同意が得られず、除染作業にまだ着手できていない。

 除染の効果も不透明だ。山に近い福島市東部では、3月に除染で毎時1.8マイクロシーベルトまで下がったのが、10月には7.8マイクロシーベルトに再上昇した例もある。

 飯舘村は森林が7割以上を占める。除染を行う森林は当面、住宅や農地から20メートルほどの隣接部分だけ。長谷川さんは「ほとんどの民家は山のすそにある」と指摘する。

 国の除染計画では、来年度末までに被ばく線量が年間20ミリシーベルトを超える地域を「20ミリシーベルト以下」に下げることを除染の目標としている。だが、国際放射線防護委員会(ICRP)が、健康に影響が出ないように考慮し、一般市民の平常時の基準としている年間1ミリシーベルトの被ばく線量と隔たりがある。長谷川さんは「20ミリシーベルトに下がっても若い人や孫の世代は帰ってこない」と話す。

 高齢の住民には早期帰村を望む人も多いが、「除染をして、子どもが外で遊べるぐらい線量が下がらなければ意味がない。だが、国も県もどこまで下げるつもりかを示さない。お金を投入し、形だけ除染して『帰村しなさい』と押しつけられるのでは」と懸念する。

 国の除染事業 福島第1原発から20キロ以内と、事故後1年間の積算の被ばく線量が20ミリシーベルトを超える福島県内の11市町村では、国が直轄で除染を行う。公共施設などの先行除染を経て今年7月以降、楢葉町、飯舘村など4市町村で住宅や農地などの本格除染が始まった。被ばく線量が年間1ミリシーベルトの地域を含む汚染状況重点調査地域の101市町村では、国の財政支援を受け市町村が除染を行う。

同じジャンルの最新ニュース
iPSで虚偽の発表 森口氏の共著者を処分 (2012年12月29日)
「トモダチ作戦で被ばく」 米兵 東電に94億円請求 (2012年12月28日)
ドクターヘリ 北陸3県での検討前向き (2012年12月28日)
ベランダ喫煙で慰謝料   下階の男性に支払い命令  名古屋地裁  (2012年12月28日)
浜松市 医療4団体に奨励賞 (2012年12月28日)

以上は「中日新聞」より

現在の除染はほんの一部のみ除染しているので、時間がたてば元に戻るだけです。山や。林など全て除染しなければ意味がありません。そして何よりも福島原発がいまだ収束しておらず、相変わらず放射能を飛散させているので、根本的な解決になっていません。一度メルトダウンした原子炉を解決した事例は人類の歴史にまだありません。何れ解決されずに徐々に人々が健康を害してなくなることになるものと思われます。今の日本政府には解決の目処がありません。ただ形式的にやっているだけです。汚染地域に住まわせ見殺しにするだけです。酷いことです。                      以上

« アメリカの新国防長官に最適なチャック・ヘーゲル | トップページ | 2013年のアルマゲドンは何を意味するか »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島除染の欺瞞:

« アメリカの新国防長官に最適なチャック・ヘーゲル | トップページ | 2013年のアルマゲドンは何を意味するか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ