カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 最高裁も原発村の一員であった | トップページ | 「日米同盟と原発」占領期の核を巡る主な動き (17/24) »

2013年1月16日 (水)

それでも原発再稼働の狂気の安倍政権



 

「福島の警察官、急性白血病で死亡」報道について。- 2013.01.12

 

朝日新聞デジタル:東南海地震の確率、70~80%へ引き上げ 地震本部 - 社会

 

>南海トラフ沿いで懸念されている巨大地震のうち、マグニチュード8・1前後と推定される東南海地震が今後30年間に起きる確率について、政府の地震調査委員会は11日、「70%程度」から「70~80%」に引き上げた。発生確率は長期評価に基づいて計算され、時間の経過とともに高くなる。年1回更新している。

 

 

 

 

 

70~80%って、パチンコのリーチで言えば「ほぼ当たり」ですよね・・・。

 

つまり、今後30年以内にほぼ地震が起きるといっていいんじゃないでしょうか。

 

30年後ではなく30年以内ですからね。

 

今日、明日起きたって全然おかしくないってことですよ。

 

その時、原発が動いていたら・・・。

 

そういうなかでまだ「コストが~」とかいって原発再稼動に懸命な自民党の安倍政権を見てたら、本当に恐ろしくなりますね。 

 

(Podcast)ぽぽんぷぐにゃんラジオ 2012年1月12日(土)

以上は「ぽぽんぷくにやん」より
今の日本政府では、もう一度福島原発事故が起きないと反省しないようです。どうして酷い政権を認めるのでしょうか?国民の自覚が足らないのです。以上

« 最高裁も原発村の一員であった | トップページ | 「日米同盟と原発」占領期の核を巡る主な動き (17/24) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも原発再稼働の狂気の安倍政権:

« 最高裁も原発村の一員であった | トップページ | 「日米同盟と原発」占領期の核を巡る主な動き (17/24) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ