カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 今年起きる「天の川銀河中心での大規模な衝突」は何をもたらすか | トップページ | 序3:市民運動という騙し、民主主義という騙し(4) »

2013年2月24日 (日)

箱根山の地震活動が活発、1ヶ月で1,300回の揺れ

箱根山の地震活動が活発!1カ月で1300回の振動を観測!プレートの圧力が高まっている可能性!

NEW !
テーマ:
先週に「箱根山で強い地震を観測」とお伝えしましたが、箱根山での地震活動について調べてみたところ、この付近では先月から継続して地震活動を観測していることが判明しましたのでご紹介します。
以下は防災科学技術研究所が公表している地震の観測地図です。これを見るとわかりますが、箱根山の場所ではしばらく前から複数の地震活動を観測しています。


☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?LANG=ja

正しい情報を探すブログ
*過去30日間の地震地図。赤丸で囲んだ場所が箱根山。


☆箱根山
URL http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4WQIB_jaJP521JP522&um=1&ie=UTF-8&q=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E5%B1%B1&fb=1&gl=jp&hq=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E5%B1%B1&hnear=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E5%B1%B1&cid=0,0,16976839540024187973&sa=X&ei=8lYYUcLDA82kkwWK6IG4Dg&ved=0CKEBEPwSMAc

正しい情報を探すブログ


箱根山は有史以来の噴火記録は残っていませんので、富士山とは比べ物にならないほど膨大なエネルギーを溜め込んでいると推測されます。
ですので、巷では富士山のほうが騒がれていますが、実際の被害で言えば箱根山の方がずっと危険性が上ということなのです。
ただ、破壊力がある分、噴火の周期も遅いので、そう簡単には噴火しないと考えられています。


☆1カ月で地震1300回に「山上がり」箱根山噴火カウントダウン
URL http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130216-00000004-a_aaac

引用:
温泉地として有名な箱根の山が不気味な動きだ。先月中旬から地震活動が活発化し、噴火寸前に見られる「山上がり」(山体膨張)も観測されている。神奈川県温泉地学研究所によると、1月15日~2月14日に起きた地震の総数は1300回以上。今月10日には、箱根のロープウエー駅で震度5の揺れが起き、ネット上でも騒ぎになった。

「1月中旬から周辺地震の数が増え始め、その後は増えたり落ち着いたりを繰り返している状況です。10日にはM2.3の大規模地震が起こっています。群発地震の増加は火山活動中の変化の可能性が高く、熱水や火山性ガスなどの流体の蓄積が原因と考えられます」(同研究所担当者)

 火山周辺では、01年、06年、08~09年にも膨張が見られている。その上、噴気異常も起きていて、「いよいよカウントダウンか」という声が聞こえるのだ。

 箱根山が最後に噴火したのは、約3000年前。このときに大涌谷や芦ノ湖ができたとされている。

 長い間休んでいた分、噴火時のパワーは大変なものになりそうだ。地殻変動解析を専門とする元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏がこう言う。
「箱根山は富士山噴火の時より大規模な噴火を起こしています。このときは山の原形がなくなるほど崩れた。威力が強いのです」
:引用終了


地震活動の状況などから、箱根山での噴火はまだ先であると予想されます。もちろん、突発的な火山ガスの噴出程度ならばあるかもしれませんが、現時点の状況では大規模な噴火にまではならないと私は思います。

それよりも、日本全体のプレート活動との関係が非常に気になりますね。箱根山の位置と日本のプレート地図を比較してみるとわかりますが、箱根山というのは各プレートのエネルギーが集中している場所にあるのです。


☆気象庁世界のプレート
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ


なので、箱根山で地震が相次いで発生しているということは、太平洋プレート、フィリピン海プレート、北米プレート、ユーラシアプレートの4つが強く押し込んでいる可能性があるということなのです。

プレートが強く押し込んでいるということは歪が増加して、新たな巨大地震が発生する可能性が上昇します。当ブログでは何度も書いていますが、麒麟地震研究所やラドン濃度では東日本大震災に匹敵する巨大地震の前兆を観測しています。


☆麒麟地震研究所‏@kirinjisinken
URL https://twitter.com/kirinjisinken 

引用:
観測機1フルレンジ99999のデータです。振り切っています。ここ半年間では最大クラスの長時間継続反応です。巨大地震の継続反応の一つだとしてもこの反応の影響で大きな地震が発生する可能性があります。警戒が必要です。 #jishin pic.twitter.com/EcVrdRnn
正しい情報を探すブログ
:引用終了


☆ラドン濃度計測情報
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/index.html

岐阜県飛騨市神岡 「割石温泉」
↓2月3日~2月9日
正しい情報を探すブログ


どうにも、この箱根山での地震活動増加は、いずれ来るであろう巨大地震の兆候のように私には感じられます。各種データから、関東東部沖から伊豆諸島周囲のラインで巨大地震が発生する可能性が高いと考えられますが、まだ、発生時期に関しては断言できるよう状態ではありません。


↓大地震が発生する可能性がある場所。
正しい情報を探すブログ


今後も各種情報には要注意しておきましょう。

以上は「正しい情報を探すブログ」より
これは、箱根山周辺か富士山の噴火がいよいよ近いと思われます。この揺れの回数は尋常ではありません。小生も所用があり熱海の湯河原に今年の1月に宿泊したことがありましたが、夜中に地下から突き上げるような衝撃音が1時間に一回程度ありました。やはり地下で何か動いていることを実感したことがあります。地元の人は充分注意が必要です。以上

« 今年起きる「天の川銀河中心での大規模な衝突」は何をもたらすか | トップページ | 序3:市民運動という騙し、民主主義という騙し(4) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根山の地震活動が活発、1ヶ月で1,300回の揺れ:

« 今年起きる「天の川銀河中心での大規模な衝突」は何をもたらすか | トップページ | 序3:市民運動という騙し、民主主義という騙し(4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ