最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2012年衆議院選挙・不正選挙疑惑まとめ | トップページ | 人事でない、新潟がれき焼却自治体、地図と場所から見える懸念 »

2013年2月11日 (月)

文科省から放射線量が2割り低くなる様指示された

文科省から放射線量が2割低くなる様 ”数値改竄” を要請された…線量計600台の受注契約を解除された業者社長の訴え
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/632.html

投稿者 小沢内閣待望論 日時 2013 年 1 月 30 日 12:05:34: 4sIKljvd9SgGs

http://atmc-tokyo.com/radiation/17082/
福島 【文科省から放射線量が2割低くなる様 ”数値改竄” を要請された…線量計600台の受注契約を解除された業者社長の訴え】
Posted Date: 2011, 12/10, 0:05
~ ”この業者は測定器設置の事業を落札した≪アルファ通信≫…11月中旬、測定器の「欠陥」や「納期遅延」を理由に文科省から契約を解除されたが… ≪関連記事はこちら≫ ” ~
≪全文はこちら≫
「文科省が放射線測定器の数値“改ざん”を求めてきた」――。福島の小学校に放射線測定器の設置を進めてきた業者が怒りの告発だ。この業者は、測定器設置 の事業を落札した「アルファ通信」(東京)。11月中旬、測定器の「欠陥」や「納期遅延」を理由に文科省から契約を解除されたのだが、豊田勝則社長 (66)は「解除された真相は全く違う」と反論するのだ。

文科省は現在、福島県内の学校、公園などの放射線量を測り、結果をホームページで公開する事業を進めている。測定器は2700台の設置を予定し、このうち600台を落札したのが「アルファ通信」だった。豊田社長がこう言う。
「文科省は、契約を解除したのは『測定数値が4割低いなど誤差が大きい』『技術仕様に沿っていない』と説明していますが、とんでもない。納品したのは米軍 でも使われている測定器です。性能に問題はありません。それに文科省も入札時の技術審査で認めたからこそ、契約したはずです」

確かにその通りだ。「アルファ通信」は10月上旬、県など行政関係者が見守る中で「福島第一小学校」への公開設置も行っている。測定器が「欠陥」なら、文科省はもっと早く指摘できた。
「納期遅延」も原因は文科省にあるという。
「600台中、130台の納品が遅れたのは事実です。しかし、それは文科省がムリな仕様変更を迫ったからです。測定器は測った放射線量の数値をそのまま表 示するわけではなく、機器に内蔵されたソフトで計算して表示します。文科省はそのソフトに『補正』を求めてきた。米国製の測定器は、他の測定器と比べて数 値が高く表示される。これを嫌がったのでしょう。文科省は表示される数値を2割程度、低くするように言ってきました。2割も補正するなんて、数値改ざんで す。案の定、測定器メーカーに相談すると、『世界仕様なのになぜ、日本基準にする必要があるのか』と断られました。そうこうしている間に納品が遅れたので す」(豊田社長)

これが本当なら驚きだ。文科省に事実確認すると、こう答えた。
「第三者機関の放射線計測協会で検査したところ、誤差が大きかった。(ソフトに)数値の補正を求めたかどうかはともかく、仕様書にのっとっていないと判断して解除しました」(原子力安全課)
放射線測定器の性能をめぐるバトルで設置が大幅に遅れるのは確実。福島県民もタマったもんじゃないだろう。

http://gendai.net/articles/view/syakai/134129

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 

コメント
 
01. synonome 2013年1月31日 06:11:53 : 3YmDhtvUPLduY : BWdkxiYKUo
まったくあきれた仕業ですね。国会で事実を追求し、文科省を糾弾せよ。

02. 2013年1月31日 12:49:41 : hOlEebSCRA
さぁ!
どの大手新聞が追求するでしょうか?
購読数減少に歯止めがかかるかも?

03. Haguregumo 2013年2月01日 10:32:09 : PiKXIf2DjqrLQ : 9LN5ddru8g
スマホに放射線量の数値が送られるように設定しているが、
数値の提供先が文科省になっていたので数値そのものが
怪しいと思っていたら案の定、数値にまで手を加えてたとは・・
まったく何でもありだな、誰の指示で数値操作してるの?
第三者機関の放射線測協会?何それ文科省の天下り先か?
大概にしろよこのカス‼

 


04. 2013年2月01日 13:59:38 : ZrMDpsyito
小沢さんでは検察が調書捏造、原発では文科省がデータ捏造か。
この国の官僚は腐っている。
全員、辞表提出しろ(怒)

05. 2013年2月01日 14:34:21 : dPFPvjzh2M
というか、測定器すら満足に開発ができていないような放射能物質を扱う人間の傲慢さが恐ろしい。

06. 2013年2月01日 19:10:18 : ILiTPGkN7Y
ひどい話だ。
早速、周辺の知人に拡散します。

07. 2013年2月02日 01:05:31 : pDuR0joKhA
そうですね。
戦後、小沢さんに言わせれば維新来、ひょっとすると中世の律令以来からかも、
組織がどうやらどうしようもなく疲弊しきってしまってるようですね。
それにしても人間もついでにそこまで腐るもんなんでしょうか。
腐っても鯛、人間ですよね、心ある人はどんな一隅にもいるはずで、
それがどんなに堅く均一で万全な一枚岩のもののように見えても、
環境や世代、時代に不適切なものになれば、必ずわれる。
ごくあたりまえのふつうの人ならば、そんなところにいるのが、
そんなことにばかな時間をつかって、そんなふうに生きるのが、
絶えられなくなるはずで、
だからたぶんどんな小さなことでもとりあげて声を上げてあげることが、
中にいる同じような人々にとってもむしろ助けになるんだという気持ちで、
すこしでも変だと思ったら、正統な、時には科学的な納得が得られるまで、
これも、不当逮捕も、審査会も、捏造も、原発も、怪しい選挙も、あれもそれも、
それがもう限界、臨界、妥協点になるまで話題にする、またできるのが、
人みなひとりひとりが特派員、とでもいえる現代ですね。

08. 2013年2月02日 04:02:04 : jdXuV8LzLc
SPEEDIの情報を外務省を通じ米軍には提供し、国民には提供しませんでしたよね?

09. nnnnhls 2013年2月02日 08:17:09 : tZ38gMRCXhh.Y : ra9Z8awsW2
福島沖の魚について
1kgあたり100ベクレルの放射線限界値の40%超えだと、ドイツの新聞で報道されています。

 

Japan isst verstrahlten Fisch
Der Fang aus dem Meer in der Nähe Fukushimas ist radioaktiv belastet. Die Japaner glauben, dass der Staat stark belastete Ware aus dem Verkehr zieht.von Felix Lill
TOKIO taz | Auf dem Tsukijimarkt im Zentrum von Tokio scheint alles beim Alten zu sein. Am frühen Morgen geht der Thunfisch an den Höchstbietenden, später werden noch Seetang, Kaviar und Kugelfisch verkauft.
Auch die Besitzer von Sushirestaurants in Japan – dem Land mit dem größten Fischmarkt der Welt – freuen sich. Die Köche rufen beinahe im Sekundentakt laut durch den Laden, um eintretende Kunden zu begrüßen. Ein Stückchen Seeaal geht für umgerechnet fast fünf Euro weg, zwei Häppchen Tunfisch kosten zwei Euro. Das sind normale Preise, und die Läden sind voll.
Dabei hatte Japan erst Ende Oktober wieder eine Hiobsbotschaft erreicht. Eine Studie in der wissenschaftlichen Fachzeitschrift Science untersuchte die radioaktive Belastung von Fischen aus der Gegend um das havarierte Atomkraftwerk Fukushima. 40 Prozent überschritten noch fast zwei Jahre nach dem Reaktorunglück den radioaktiven Grenzwert von 100 Becquerel pro Kilogramm Fanggewicht.
Bei Menschen kann das Element Cäsium Schäden am Muskelgewebe und den Nieren anrichten. Überraschend an der Studie war vor allem, dass die Strahlung derart lange anhält. Das spricht dafür, dass die Fische noch immer neuer Strahlung ausgesetzt sind. Sogar vor Kaliforniens Küste wurden schwach radioaktiv belastete Fische gefunden. Erst vor einigen Tagen machte auch in Japan wieder ein verstrahlter Fisch Schlagzeilen.
Einbruch auf ein Zehntel
Die Folgen des Tsunamis und der Atomkatastrophe im März 2011 hatten das Vertrauen der Verbraucher tief erschüttert. Auch viele ausländische Händler stoppten Bestellungen. Ergebnis: 2011 brach der Umsatz der Fischer aus der Region Fukushima von elf Milliarden Euro im Jahr 2010 auf nur noch ein gutes Zehntel ein.
Doch die neue Studie hat nicht zu einem weiteren Einbruch der Nachfrage geführt. Die meisten Japaner glauben an die strengen Kontrollen der Behörden. Im vergangenen Frühjahr hat Japans Ministerium für Fischerei die Grenzwerte, ab denen Fische nicht mehr als essbar zugelassen werden, deutlich verschärft. Der Fang der meisten Fischsorten vor Fukushima bleibt ohnehin verboten.
Im Juni 2012 wurden auf lokalen Märkten erstmals wieder Tintenfisch und Seeschnecken verkauft, wenn auch zu deutlich geringeren Preisen. Aktuelle Statistiken über den Fischverbrauch liegen noch nicht vor.
Das sind doch nur Gerüchte
In den Sushirestaurants merkt man nichts von einem Vertrauensverlust. „Ich mag weiterhin Fisch“, sagt Rika Tsunoda störrisch. Als Studentin gehört die Japanerin eigentlich einer Bevölkerungsgruppe an, die sehr genau auf ihre Nahrung achtet. Auf die Frage, ob sie Angst um ihre Gesundheit habe, antwortet Tsunoda: „Direkt nach dem Erdbeben war ich beunruhigt, wie viele andere auch. Aber ich glaube, vieles von dem, was man liest, sind Gerüchte.“
„Es ist wichtig, dass wieder ein Bewusstsein dafür einkehrt, dass sogar das Fischangebot aus Fukushima sauber ist“, sagt Masashi Nishimura von der Vereinigung Japanischer Fischer. Zuletzt betonte auch die Regierung wiederholt, dass kein Fisch, der die gesetzlich erlaubten Strahlenwerte überschreitet, in den Verkauf gehe.
Die Konsumenten scheinen davon mehr und mehr überzeugt. Anfang des Jahres wurde bei der morgendlichen Tunfischauktion auf dem Tsukijimarkt in Tokio sogar ein neuer Rekordwert erzielt: Für einen 269 Kilogramm schweren Fisch blätterte ein Restaurantbesitzer umgerechnet gut 490.000 Euro hin.


10. 2013年2月02日 12:24:32 : FgXxNyzKTA
ゴミクズキチガイ官僚全員
有害原発の燃料にして
殺処分しちまえwwwww

11. 2013年2月02日 12:44:15 : g1yQq7eXOz
よく、こ言う意見を言う人がいるが
「公務員にもいい人はいる、新聞社にもジャーナリスト魂を持った人はいる」
この意見は大間違い
それぞれ、1人もイナイが正解
万引き集団にしない奴が一人でもいたら、他の者は不安だ、いつタレこまれるか
集団は必ず同質化を求める
あなたは暴力団員にもいい人はいるに同意する?
元愛媛県警仙波敏郎氏いわく、裏金作りに(公文書偽造、窃盗)加担しない警察官は全国30万人警察官、ほぼ0人と言われる

12. 2013年2月02日 15:25:04 : mp6fw9MOwA
検察・裁判所がタッグを組んで小沢追い落としを明らかに違法な方法で実行に移した日本では正義がどこかへ行ってしまった。
国民が既得権益者の不正を知っているのなら、放射線量を改竄しても、原発は安全だと印象付ける事の方が都合が良いと考えれば数値改竄に抵抗感が無いと言う事だ。
色々行っている不正も、小沢さん失脚まで、原発事故の記憶が薄くなるまでとの暫定処置と思って着手したのだろうが、選挙を操る事まで手を広げた為に歯止めが利かなくなり、違法行為の証拠はこれから次々と出てくるだろう。
少なくとも検察・裁判所の不正をただし関係者を処分するまでは正常な道には戻れないだろう。
既得権益者は、大相撲の八百長との粛清で初期の検察・裁判所の不正を誤魔化そうとし、現時点では柔道界の暴力の粛清で逃げようと企んでいるように感じるが、現状の検察・裁判所への粛清無しには物事は前には進まない。

以上は「阿修羅」より

日本政府と同時に官僚どもはもうどうにもならぬぐらい腐敗していて総入れ替えが必要です。国民の健康を守るどころかその逆です。このような不良官僚どもをどうして首にできないのか、政治家が主導しないからこうなるのです。以上

« 2012年衆議院選挙・不正選挙疑惑まとめ | トップページ | 人事でない、新潟がれき焼却自治体、地図と場所から見える懸念 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文科省から放射線量が2割り低くなる様指示された:

« 2012年衆議院選挙・不正選挙疑惑まとめ | トップページ | 人事でない、新潟がれき焼却自治体、地図と場所から見える懸念 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ