カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 麻生太郎スポンサー逮捕、りそなから40億円搾取 | トップページ | 「広域処理」の発想はどう生まれたのか?松本龍環境相「私が指示しました」 »

2013年2月 7日 (木)

インドで「凶暴化したゾウ」たちによる攻撃が増えている

インドで「凶暴化したゾウ」たちによる攻撃事件の数が増えている




新年にはインド南部で 32頭の象の群が畑と人間を破壊


最近、インドで暴れ馬ならぬ「暴れ象」による被害が相次いでいるのだそうで、多くの記事を目にしますし、また、 YouTube などにもアップされています。

下の映像は、最近、インドの西ベンガル地方で起きた「ゾウの襲撃事件」の際に、ゾウに襲われた村で撮影された映像の一部です。





映像を見てもわかりますが、非常に攻撃的な様子がわかります。上の映像は、インドのニュースからのもので、村の人たちのインタビューなども収められたフル映像は、こちらにあります。


今回ご紹介する記事は、上の映像とはまた違う事件で、インドのカルナータカ コラール・ゴールド・フィールズという地方で起きた「象の集団による襲撃」に関しての記事です。

カルナータカ コラール・ゴールド・フィールズは、下の地図の「A」のあたりです。

ele-map.jpg



最近は、インドだけではなく「野生動物が人のいる場所に出てきて、人間を襲う」という事件は、世界のいろいろな地域で大変多いです。

メキシコでは、最近、「頻繁に野犬に人が襲われて死亡している」という米国のメディアのニュースがありました。


th.jpeg

▲ メキシコの野犬。襲った上に「人間を食べてしまう」ケースが相次いでいるとか。



動物の襲撃のニュースは、日本でも、クマやサルなど結構、報道されているように思いますが、象の場合、破壊力がものすごいので、そのあたりに迫力がある部分があります。

ではここからそのニュースです。





Jumbos go on rampage near KGF

Deccan Herald (インド) 2013.01.03

カルナータカ・コラール付近でゾウの群れが大暴れ


ele.jpeg


カルナータカコラール・ゴールド・フィールズに近いタミル・ナードゥ地区で、32頭の象の大群が、人々を襲撃するという事件が起きた。襲撃を受けた村では男性が1人骨折した。

人的被害より大きかったのは農作物の被害で、農場が数多く象たちに破壊されてしまった。

現在、この象の集団の動向をチェックしており、今後どのように行動するかを判断するとしている。



以上は「地球の記録」より
今年はインドも過去に例無い程に寒冷化が酷いためにゾウなどの動物が荒れていることが考えられます。普通ではない寒さが襲っている証拠です。      以上

« 麻生太郎スポンサー逮捕、りそなから40億円搾取 | トップページ | 「広域処理」の発想はどう生まれたのか?松本龍環境相「私が指示しました」 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドで「凶暴化したゾウ」たちによる攻撃が増えている:

« 麻生太郎スポンサー逮捕、りそなから40億円搾取 | トップページ | 「広域処理」の発想はどう生まれたのか?松本龍環境相「私が指示しました」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ