カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 止まらない2号機の温度上昇 | トップページ | 事故直後に大量放出された放射能物質、ヨウ素131の被曝の実態 »

2013年2月 4日 (月)

関東周囲は地震に注意、岐阜のラドン濃度再度上昇中

関東周囲は地震に注意!岐阜のラドン濃度再度上昇!関東を中心に全国的に小規模地震が相次いで発生!

NEW !
テーマ:
先日から関東を中心に日本各地で小規模な有感地震が相次いで観測されています。地震の規模事態は小さいのですが、全国各地で発生しているということは、各地のプレートで非常に圧力が高まっている可能性が高いと考えられ、1週間以内に中規模以上の地震が発生する可能性が考えられます。



☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ


☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?LANG=ja

正しい情報を探すブログ


今月に入ってから発生した地震を見てみると、石川県加賀地方、伊豆大島近海、千葉県北西部の3ヶ所で発生した地震が私は非常に気になります。
石川県は当ブログでは2ヶ月ほど前から「地震の前兆がある」と紹介した場所で、今も現在進行形でマグニチュード6以上の強い前兆を観測中です。
伊豆大島近海はフィリピン海プレートと太平洋プレートのぶつかり合っている地点のひとつで、昔から地震活動が活発な場所です。
最近では1978年(昭和53年)1月14日午後0時24分に伊豆大島近海でマグニチュード7の大地震が発生しています。

千葉県北西部も過去に何度か強い地震が観測されている場所で、位置的に太平洋プレートの圧力を強く受けていると考えられます。北海道南部や東北太平洋側でも多数の地震が観測されていることから、太平洋プレート全体が強く動いていると言えるでしょう。

各種データを見てみると、関東で一番強い数値を観測していますね。また、沖縄なども少し高い数値を観測しており、西日本もマグニチュード5程度の地震に注意したほうが良いでしょう。

以下、各種データの紹介。


☆麒麟地震研究所‏@kirinjisinken
URL https://twitter.com/kirinjisinken

引用:
観測機2フルレンジ999999のデータです。ここ数日間の反応は12月のM7.3と同じパターンの反応なので東日本で地震が発生しています。国際地震予知研究会の地域別予測ではM6クラスの予測が在りますがまだ発生していません。 #jishin pic.twitter.com/SvaK0iF2
正しい情報を探すブログ
:引用終了


☆NASA世界電子数情報
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

正しい情報を探すブログ


☆全国の電子数
URL http://wdc.nict.go.jp/IONO/TEC-MAP/latest-span24H-interval05M-HR.html

正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ


☆HAARP電離層データ
URL http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

正しい情報を探すブログ
正しい情報を探すブログ


☆地球磁場リアルタイムデータ
URL http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

正しい情報を探すブログ


☆気象庁海水温データ
URL http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/dbindex.html

正しい情報を探すブログ


☆行徳地震予知データ 千葉香取観測点
URL http://earthq.system-canvas.com/index.html

正しい情報を探すブログ


先日、「ラドン濃度が収束か?」とお伝えいたしましたが、本日にラドン濃度が再度上昇を始めたのを観測したため、収束は取り消しとなります。
とりあえず、巨大地震の発生に関しては、まだ先の話になりそうです。


☆岐阜県神岡町のラドン濃度
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/place.cgi?key=kam&type=adc&nday=1&nweek=1&period=long&nmonth=6&ysel=2012&msel=08&dsel=07&yselm=2013&mselm=01&spanm=d

正しい情報を探すブログ


NASAの電子数データを見ると、太平洋のど真ん中で非常に強い数値を観測しています。また、日本でも太平洋側で高い数値を観測しており、両方の数値を合わせてみると太平洋プレート沿いで強い地震が発生する可能性が予測されます。

気象庁の海水温データでもずっと高い温度を東日本東部沖で観測しているので、こちらも太平洋プレート沿いでの地震を観測していると言えます。

各種データをまとめると、関東周囲を中心とした東日本で数日以内に強い地震が発生する可能性があると予測されます。
ただし、HAARPデータや磁場データの変動が小さいため、規模はマグニチュード4.8~5.8程度となるでしょう。

以下は最新の地震予測情報です。


◎地震予測情報
*発生日時:2月2日~2月8日
*発生場所:茨城、千葉、埼玉、群馬、小笠原諸島、伊豆諸島、沖縄周囲
*地震規模:マグニチュード4.8~5.8
【注意:予測なので実際に発生する地震は、予測よりも規模、場所などが上下する可能性があります。また、地震は単体ではなく、複数回発生する可能性もあるのでご注意ください。】
:地震予測作成時刻2013年2月2日11時18分

●地震注意推奨です。

●地震注意→地震警戒 (地震の予測レベル) 
注意は地震発生確率が約70%くらいの時に使用しています。
警戒は地震発生確率が約90%以上の時に使用します。


◎大地震予測
地震規模:マグニチュード7±0.5
震源場所:東日本太平洋側(三陸沖の可能性が高い)
発生時期:1月19日から2月19日
【1月19日時点での予測なので、場合によっては変更する可能性もあります。】

今までの地震予測結果については以下の過去記事にてまとめてあります。

☆今までの地震予測実績!5月~11月の地震予測情報とその結果まとめ! URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11393788714.html


上記でも書きましたが、各種データに差があるので地震警戒を呼びかけるほどの状態ではありませんが、地震の前兆を複数観測しているので、地震に対する備えだけはしっかりとしておきましょう。
また、東京の本日の気温は20℃近い温度となっていることも気になりますね。東日本大震災もそうでしたが、季節の変わり目や気温の変化時というのは、気圧の変化などからプレートへの圧力が変化し、地震を誘発させる要因となります。
ですので、関東周囲は念の為に普段以上に地震に注意してください。


☆天気予報
URL http://weather.yahoo.co.jp/weather/

正しい情報を探すブログ


☆2011.3.11 ウェザーニュースSOLiVE24 地震発生直前→地震発生後の様子


地震対策関連の過去記事です。備えの参考にしてください。

☆過去記事:大災害に備えてのお米の長期備蓄方法!ネルパック、脱酸素剤の利用
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11322446231.html


☆過去記事:私のしている災害対策用備蓄品の詳細と紹介
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11253827274.html


☆過去記事:大地震が発生したときの対処法。机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるもの
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11194278543.html
以上は「正しい情報を探すブログ」より
今すぐではありませんが、次の大地震に向けて、じわじわ近づいて来ている状況にあると思われる前兆が出てきています。備えが必要です。           以上

« 止まらない2号機の温度上昇 | トップページ | 事故直後に大量放出された放射能物質、ヨウ素131の被曝の実態 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東周囲は地震に注意、岐阜のラドン濃度再度上昇中:

« 止まらない2号機の温度上昇 | トップページ | 事故直後に大量放出された放射能物質、ヨウ素131の被曝の実態 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ