カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 人間の声がガン細胞を崩壊させる不思議 | トップページ | 資本主義・共産主義を超えて新たな社会へ (1) »

2013年2月21日 (木)

太陽のコロナの横を通過したのは彗星?

2013年02月12日


太陽のコロナの横を通過したものは彗星? それとも他の何か?

sun-2013-01.jpg



太陽の周辺の「いろいろなこと」は、私自身もいろいろと考えながら生きてきた数年ですけれど、先日、面白い動画が YouTube にアップされていました。

上の写真のように、太陽の横を何かが「一瞬」通過する光景が写っているものです。

sun-ob-02.jpg


オリジナルの動画は、


Giant Strange Object Passing Through the Corona of the Sun


にありますが、英語の解説と、あと物々しい音楽が大音量で入っているので、とりあえず無音にして、その部分だけをピックアップしたのが下の動画です。




オリジナルの動画では、下のように色を消したりしても分析してますが、いわゆる「ガス」などのたぐいではないということはわかります。

sun-not-gas.jpg


もっとも考えられるのは「彗星」ですが、ただ、彗星にしては登場と消滅があまりにも一瞬で、そこは奇妙に思います。


ちなみに、この動画は Helioviewer.org という、太陽の動画を提供しているサイトからのものですが、太陽の状態を知るにはとてもいいサイトですので、ご覧下さるといいかと思います。


helios-01.jpg


上のような表紙のサイトで、太陽の表示の大きさは拡大縮小できます。

左にあるこの場所

heli-02.png


に見たい日付けと時間を入れ、「Time-step」というところで「どのくらいの時間の間隔での変化を見るか」を選びます。

helios-03.png


英語は下の単位です。


Sec → 秒単位
Mins → 分単位
Hours → 時間の単位
Day → 1日の単位
Week → 週単位
1Years → 年間の単位



そういえば、今回のことで、この Helioviewer.org で太陽の画像を見ていましたら、同じ2013年2月03日に、下のような写真がありました。

sun-line.jpg


時間は 06:11:37 です。

太陽の中心から放射を描かない「直線」は太陽由来のものとは考えにくいですので、これも何か通過したか、太陽に突っ込んだか、というようなもののようには見えますが、ひとつひとつの大きさが地球より大きいくらいのものとなってしまいますので、「何か」というのを考えるのは難しいことではあります。

太陽の周辺は最近また非常に騒がしくなっていますので、そのあたりも、またメモしたいと思っています。
以上は「宇宙の中の地球と太陽系」より
これは多分彗星と思われます。太陽の熱で蒸発したものと思われます。それだけ近くを通過したものです。                                 以上

« 人間の声がガン細胞を崩壊させる不思議 | トップページ | 資本主義・共産主義を超えて新たな社会へ (1) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽のコロナの横を通過したのは彗星?:

« 人間の声がガン細胞を崩壊させる不思議 | トップページ | 資本主義・共産主義を超えて新たな社会へ (1) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ